ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 5月20日  迷妄の本流。
  中州から生還した先日の昼下がり。
f0084561_11325556.jpg

  車に戻り休憩していると一件の連絡が入っていた事に気付く。何時もの人気地点に行っているyou氏からの通知だった。聞けば再び目的の魚を仕留め、現在の混雑状況も然程ではないとの報告によって迷いながらも気が付けば下流の現地に向かっている。
  晴天に恵まれた広大な河川敷。長閑な集落から一般道に入り、再び土手沿いの道路を辿って車を走らせると苦もなく到着。確かに、この時減流れに向き合っている釣人は比較的少なく、ルアー釣り二人、餌釣り三人程度だったが、これは毎度の傾向で暫くすると再び釣人が集結するのは必至、これにも係わらず、この地に依存している自分も情けないのではあったが、今回、丁度減水していた事もあり試したい事があった。
f0084561_11343186.jpg

  これまでは大き目のチューブフライを使っての略底釣りだった。これは昨年唯一、怪しき魚信を得るに至った方法ではあったものの、今年では如何せん何の成果もなく、全てにおいて疑心暗鬼に陥ると何事にも迷いを伴っている。
  こうして、嘗て遥か上流の地域で山女魚を狙っていた頃に使っていた6番から10番のウェットフライを使ってみたらどうだろうとも考え始め、この準備を整えていると、すぐさま釣り人が増え始めてしまい下流寄りの流れが遅い箇所しか空きがなくなってしまった。
  秒速にして精々3~4cm程度の微かな流れ。こんな箇所はライズでも無い限り釣れた記憶が無い。これが放流の盛んな山間部ならまだしも、こんな平野部のだだっ広い本流で狙う遡上鱒では一層釣れる気がせず、久し振りに取り出していた12.5fに新しいラインの感覚を確かめる程度で今回は直ぐに断念した。
f0084561_11355488.jpg

  一体何をやっているのか。何事においても全て無駄、結果何事も後手に廻っている様でもある。この後は再び別の道具仕立てを用意していると今度は水深が浅く人気の少ない上流側しか場所が残っておらず、これまで滅多に出番のなかった大型ストリーマーを引き回したりもしたが、確信は益々薄らいで行く。
f0084561_11363215.jpg

  今回、迷いによって、限られた貴重な一日を自ら無駄に消し去っていた様に思えてならなかった。
 
[PR]
by hisuycast | 2008-05-20 12:00 |   釣   記
<<  5月23日  明暗の山上湖。  5月17日  生還の本流。 >>