人気ブログランキング |
ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 11月11日   埋もれた威力。
     
  この所のシングルハンド・ロッドを使った右バックハンドの練習によって “ 廻し振り ” と共に 上腕を振り下ろした後の低い地点から前腕で突く “ 下段突き ” を組み合わせた複雑怪奇な全体の動きとしては概ねの制御は整いつつあり、その他の数々ある注意点の何れかは集中力が途切れると忽ち欠落しても、その数投後には意識的な修正が可能になり始めた一方、腕を撓らせる感覚に関しては膠着した状態で大した進歩も見られず、この秘訣は手首の操作にあると解っていても、元々腱鞘炎気味の右手首はドライフライの時代から硬く閉じる長年の習慣が邪魔をし、左の様な柔軟で滑らかな動作を達成出来ない。

f0084561_14123654.jpg


  ここから、自らの頭を整理するべく、ここに注意事項を記載すると、先ずスィープも低くし、この際に疎かになる傾向が強い操作がフォウル。
  また、ロッドの持ち側の脇を閉めて肩(鎖骨)を上げたジャミラの姿勢も容易に忘れる為、十分に注意する必要がある。
  そして、スィープの終盤では手首の意識によって加速させた後に急停止させ、ここから厄介な廻し振りの操作は恐らくアンダーハンド・キャスト等の “ ドリフト ” と呼ばれる動きに該当し、アンダーハンド・キャストではロッドティップを僅かに寝かせヘッドを後方へ延ばすが、この方法ではロッドを身体の 芯 となる頭上まで移動させた後に振り下ろす動きが 廻し振り となり、この時に腕を撓らせる感覚の操作が求められ、上腕と前腕が順次動き、最終的には手首が一瞬遅らせてロッドを突き出すと取り敢えず概ねは成功でトルク十分の飛行ループは出せる反面、ロッドの軌道は上下左右と大きく乱れてしまう。

  しかしながら、これらをフォアハンドに応用させたキャストが今後どの様な姿へと変わるのか・・・と想像による創造は今の段階から既に楽しんでいる面もあり、これまで封印していた手首を活用した威力も実際、凄かった・・・。(笑)




by hisuycast | 2011-11-11 14:19 |   修   行 ( 片腕 )
<<  11月13日   尖った奴。  11月8日   反転式の真相。 >>