ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 9月8日  重力加速を齎す微少回転。
   
  先日の練習によってシングルハンド・ロッドを使った右のバックハンドは左のキャスト動作へと一歩は近付いたものの、未だ納得が出来ない点は上昇させた肩を落とす際の上腕の操作にあり、左では肘がドスン!と身体に突き当たった反動を利用し滑らかに腕を突き出すと言った動きであるのに対し、右では相変わらず肘を突き立てる動きを引き出せず、無理に行なうも精々ロール・キャスト・モドキの様な格好になっており、これは肘を意識したプロレスで言うエルボー・ドロップ風の直接的なシーソー運動的な動作として当初は単純に喜んでいたと同時に、このままでも十分実用に耐える出来栄えではあったが、暫くする内に左の操作の滑らかな肘との接触とは明らかに違うと気付き、この点が一体何処に相違があるのかは当日では最後まで判らず、後日の素振りによって解決し、次の練習辺りで達成すると期待したい。

f0084561_1533674.gif

  先ず、前回の練習では左と右の違いにはスィープを開始する高さが違い、これをウェーディングの違いとして数日前で例に挙げ、ここから右のキャストは今では比較的基本に忠実な操作としてリフトはゆっくりと確実に終えた後にスィープを開始していた点に対し、左のキャストではリフトが曖昧なまま直ちにスィープへと移っており、ここにはロッドの角度やティップの高さとして違いが生じ、当然ながらロッド・ティップが低い状態からスィープした際はヘッドの飛行する速度は速く、これを “ 低いスィープ ” と呼ぶらしく、これを知ったのは便利なインターネットによって  スペイの教科書  を初めて正式に読んだ時であって、全てに目を通していないものの、今更ながら実に役立つ内容で “ グーグル・ブックス ” なるサイトも最近まで知らずに後悔している。(笑)
 
  そして、後日の素振りによって左が無意識の内に取り入れていた動きとは過去にも度々登場している手首の操作(フリック)であるも、これは先程の 教科書 にも恐らくは紹介されているのだろうが、通常の動きとは違い今回の場合ではスィープによって上昇した肩が落下を始める際に手首を活用した微かに回転する動きを併用させており、これによって肩と連動した肘が落下する速度は増している印象を受け、ここから上腕と身体は確実に接触を呼んだ強い衝突を生むと同時に、手首の僅かな回転が滑らかな動き演出し、当然この反動から繰り出されるシュートも強まると言う、こうした要素は金槌を扱う動きを考えても極自然な操作であり、下のアニメによる 手の握り も単なる ● では限界を迎えていたらしい。(笑)

f0084561_1501746.gif



[PR]
by hisuycast | 2011-09-08 15:06 |   修   行 ( 片腕 )
<<  9月11日  裏投げの根底。  9月5日  第四の軌道。 >>