ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 8月31日  芯で撃て。
   
  先日の練習以来、シングルハンド・ロッドのバックハンド・キャストが右腕では左腕と同様のシュートまでへ至らない原因を探るべく、夜の素振りによって左腕が動く様子を注意深く観察している内に幾つか気付いた点があった。

f0084561_14121149.jpg

  先ず、このフォームは肩として連動する鎖骨や肩甲骨等々が一旦は上昇した後の落下する重力を応用し、上腕の内側が胴体(脇)へと衝突させ、この時の衝撃力(反動)が腕を前へ突き出す動力へ連動しシュートすると言う基本操作が何故か右の場合では上腕が身体と接触する前に腕を突き出しまう傾向にあり、これは単に力み等が働く意識の問題だと軽く考えていたものの、この際、左の動作に関しては衝突する力を効率的の伝達させる箇所導く操作が別に加えられ、右との決定的な違いもここにあったのではないかと考え始めている。

  この左腕の操作も過去の記載と重複する “ 三次元のスィープ ” に該当し、動きの途中では必ず身体の横を通過するスィープの最終段階で肩や腕をグルリと半回転させ身体の中心まで腕が移動した後にロンチポジションの正式な体勢となり、これは延べ竿の釣りで行なう “ タスキ振り ” や “ 廻し振り ” と似る動きはシュートの時点で落下した上腕が “ 身体の芯 ” を捉えて衝突する格好となるが、この動きを欠いた場合の上腕と身体との接触を野球のバッティングへ例えるとファウル・チップの様に擦った程度の状態となって失敗した結果が筋力を頼りに腕を突き出してしまう右のキャストに現れていると疑いを持った。

f0084561_14132653.gif
f0084561_14185391.gif
 










  そして、左の上腕が衝突する “ 身体の芯 ” は若干の高低差が生じたとしても、フォアハンドの動きから捉える箇所と概ね一致し、バックハンドにも係わらずフォアハンドにも勝る様なシュートが再現される訳も、リフトからスィープまでは鏡の如く正対しているが、最終的なシュートの段階では殆ど同一の箇所から打ち出していた為だったと、こうした新たな発見も練習に係わる一つの醍醐味だ。



[PR]
by hisuycast | 2011-08-31 14:51 |   修   行 ( 片腕 )
<<  9月3日  もう一つの選択。  8月29日  合いの子。 >>