ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 7月12日  疑惑の晴れた利根。
  この話題には既に飽きている面もあるが、やはり暑いにも限度があり、「 もう、いい加減にしろ~!。」 とレツゴー三匹風に飛び蹴りと共にツッコミ!を入れたい気分で打ち水効果を齎す待望の雨は群馬や栃木では雷雨が発生していても埼玉県内の平野部に関しては降りそうで降らず、夜間の気温も大して下がらない。




  と言う訳で、先日の利根川でも午後には気温が35℃前後には達し、休憩の後に釣りを再開しようと水辺を歩いている内、ふと岸際を泳ぐ幾分大き目の魚を視界に捕らえ、ここから空かさず焦点を合わせ脳内へ伝達された情報によって映像処理された結果、その魚は何と!紛れもなく利根鱒で右側のエラ付近には鵜にでも襲われたのか大きな傷をも抱えた個体で更に歩み寄ると素早く逃げて行った光景だけでも単純な釣り人に活力を与えるに十分な材料だったが、その後も水面上を飛び跳ね全身を露にした魚が僅か3~4mと言う至近距離であれば利根鱒と識別するには容易い事に過ぎず、未だ相当な数が取り残されていると言えたとしても、この状況では釣るにはギャング仕掛けが得策かも知れない。(笑)

f0084561_1523676.jpg

  とは言え、前々から水温が23℃を超える真っ昼間に堂々とライズを繰り返す魚が存在するのは事実であって、この正体も利根鱒ではないかとの疑いが、ここへ足を向わせ、この日も下流からの風がやや強まり始め、涼しく感じられた午後4時頃になると、その現象は時折見られる反面、肝心の虫は殆ど見当たらず鱒類のライズにしても疑問が残り、水面直下に狙いを絞った仕掛けへと交換した後も一度ハス?らしき小さな魚の反応があっただけで一時間程が経過し、心地良かった風は弱まると同時に吹く方向を変え湿気を帯びた生暖かい空気を運ぶと、やがて水面を割る魚も見られなくなってしまい当日も諦め始めた頃、10数メートル下流に一度だけ水飛沫が上がり、この箇所に毛鉤を流し込んで潔く最後にしようと考え静かに距離を詰め、少し余裕を見ながら射程圏内に収まったと思えたのは3投目位だっただろうか、頃合を見計らいランニングラインを引っ張り誘い与えた直後にゴツン!と根掛かりを起こしてしまったと思った次の瞬間、横に移動を始めたシューティング・ヘッドを目にし、久し振りに真っ当な魚?が掛かっていたと知る。(笑)

  そして、この魚の正体も恐らく利根鱒に違いないと思えた一方、ガツン、ガツン!と反転しながら抵抗する等々の様子から、まさかの虹鱒なのだろうかとも考えつつ、針が小さく何時外れてしまうかとビクビクさせ心臓にも悪かったものの、ログネスの反発には流石に疲れ始め、やがて網の中へ静かに収まった魚が鱸だと解った直後の心境は少々複雑で嬉しいのは勿論でも利根鱒ではなかった面には正直残念でならなかったが、ライズする魚の正体も同じ魚で捕食対象も虫ではなく、実は水面付近で小魚を襲う行動だったのだろうと、一つの謎が解けた様でスッキリした気分ではあったと同時に、長らく夜間以外は殆ど釣れないと言われ続けた魚が、ここでも実は日没の遥か前の時間帯でも盛んに餌を追っていた事実も明らかになったと言えるだろう。

f0084561_153091.jpg




  
[PR]
by hisuycast | 2011-07-12 15:07 |   釣   記
<<  7月14日  利根に伝統の復...  7月10日  真夏に静まる炎... >>