ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 5月3日  一理の無駄にも千里の価値あり。
    
  本日から連休の後半へと突入し、便利なインターネットによって毎日の日課?となっている利根川の状況を確認している限りでは、上流にある藤原ダムの貯水率は午前11時の段階で44%、貯水量は1372㎥となって放水量も少し前の毎秒35㎥程から25㎥へと落ち着き、前橋と八斗島地区の計測水位は、それぞれ2.44と-2.50の少し多めの良い頃合だが、利根大堰の魚道ライブカメラからは雲が多い天候や水温が影響しているのか稚鮎らしき小魚の姿は見られないものの、晴れ間さえ広がれば一気に増大する場合があると言うサケマス科とキュウリウオ科の違いはあっても油鰭を持つ魚にしては不思議な印象を持つ。
f0084561_13172243.jpg

  そして、次には埼玉県の中央を流れる荒川のライブカメラへと画面を切り替えると、夏の猛暑が名物となっている?熊谷市の荒川大橋上流に大勢の釣り人が連なっている様子に驚き、もしや流れが殆どない溜りに迷い込んだ稚鮎を狙う密漁が行なわれているのかと些か心配になっており、利根川では2年程前に監視や取締りが強化されたと聞く一方、この辺りの荒川では年々こうした密漁が年配者を中心に増えている愚かな事態が伺え、この場にて一応の注意を呼び掛け、今後には少しでも減る事に期待したいが、これだけで改善されるとは、どう考えても有り得ない。

f0084561_13174292.jpg

  と言う訳で、先日の利根大堰下流でも増水した流れは幾分ながら着々と減水し、昼食を終えた頃には中洲からの分流を辛うじて渡れる程にまで低下した上、他の釣り人は全て退散してしまい群馬側は貨仕切り状態となった様子を見届けると、ここからログネスを担いで奥に位置する核心部付近を独占出来ていた反面、状況が一気に好転した訳では決してなく、色々と試すべき事柄もあって無理を承知で一先ず釣りを再開していたに過ぎず、案の定、実は密かに狙っていたニゴイ君♡すらも全く相手にしてくれなかったが、毎度の風は予想に反して穏やかでキャストでは右左と良い練習にもなった。(笑)

 


[PR]
by hisuycast | 2011-05-03 13:25 |   釣   記
<<  5月5日  利根に垂れ込めた...  5月1日  濁流に見る生命の躍動。 >>