ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 4月23日  謎多き魚達。
   
  季節は桜の咲く頃から、新緑の季節へと移り変わっている関東は一時期、暑さを覚える陽気から一転し、近頃は曇りや雨の肌寒い日が多く、先日も早起きが億劫で毎度の利根川へは今回も午前9時頃に見渡す一面貸切り状態の深谷地区へ到着。
f0084561_13475059.jpg

  気温11℃、水温は10℃。下流から吹き上げる南東の風は風速2m程でも身体が冷えると考え一枚余分に着込み、今回はログネスを一本だけ担いで重点箇所の奥底を探っていたが、流れの中からは一切の生命反応がないのも何時もの通り。

  やがて、流れも緩み始める地点へと差し掛かると、丁度、薄日が差し水面を漂う小型のトビケラが目立ち始め、ここからドロッパー仕掛けへと交換しては狙いを表層に絞っても結果は同じく、その怪しい様相とは裏腹に毎回、頑なに沈黙を守り続ける箇所として、瞬く間にお昼を迎えてしまう事から、やはり本来は早出したい所ではあるのだが、こうした気分に今一つ至らない理由としては、本命の魚が現れる時期には早い事にあるのだと思う。

  そこで、本命の魚とは一体なんぞや、と言えば、この固有名称も昨年までは使用を避け続けて来た “ 利根マス ” と呼ばれる降海型の山女魚で最近ではルアー釣りの雑誌で騒がれた事も手伝ってか “ サクラマス ” と呼ぶ人が圧倒的に増えているものの、東北や日本海側に見られる大型とは殆ど無縁に近く、また稀にある例は殆どデマか捏造である事から、先人達は古くから敢えて “ サクラマス ” とは別に “ 利根マス ” と称して来たのだろうが、サクラマスが遡上する南限がここ、利根川との学説もあるらしく、実際その線引きは難しく更に “ 戻り山女魚 ” やら “ 遡り山女魚 ” とも呼ばれる場合がある上、平野にも係わらず幼魚斑を持つ普通の山女魚も見られ、益々ややこしい謎多き魚達・・・。
 
  そして、何れにせよ、これらの魚は地元の方々でも釣り上げるのは至難の業と聞くも、運良く今回、その一族と遭える事が出来たが、この詳細は後程で・・・。(笑)

f0084561_1348926.jpg

  



[PR]
by hisuycast | 2011-04-23 13:53 |   釣   記
<<  4月25日  旅の途中。  4月20日  お行きなさい・... >>