ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 2月3日  点から面による三段跳び。

  丁度、一年程前、 翠の洞 に必ず出没する謎の鳥を撮影した映像をユーチューブに投稿し、その正体に関する情報提供を募ってはいたものの、案の定、安易に人助けを求める方法では一切の手掛かりを得る事もないまま、月日は黙々と流れて行った最近、やっと解決に漕ぎ付けた手段はQ&A専門サイトから内部検索して得られた情報により、近年では中国から東南アジア原産の ガビチョウ と言う種類が日本で繁殖している例が増えている事態を知ったのだが、この ガビチョウ 自体の容姿とは共通点はなかった。
f0084561_15572896.jpg

  但し、大凡の大きさには適合して事から、更にガビチョウを調べている内、他の近似種である カオジロガビチョウ に加え、もう一種に該当する カオグロガビチョウ との特徴はピタリ!と一致し、これによって当初の予想通り、その正体はアジア系の外来種だったとして全ての謎は一気に解決し、気分もスッキリ!していたのだが、これらの鳥達も侵略的外来種ワースト100選定種に選定されているとも知ると、結局は複雑な心境で、関東から以西に掛けては、ほんの数年間で陸、海、空と全てが外来種によって着々と侵略されつつある恐ろしき現実を目の当たりにする結果となった。



  と!、環境ネタはさて置き、今回も側面軌道へと移り変わり、こうしたアホな素振りを毎晩に繰り返しているだけでも、色々と気付く事柄があり、この中で前々回にシングルハンド・ロッドの秘訣に挙げた肘の扱いについては理解が更に深まると、シュート時点で振り上げた腕の肘を脇腹に突き当てる・・・等との考えにも進展が見られた。

  これは、腕を振り下ろす際では脇に意識を置き、ここを占めながら窄める感じで行うと、腕と身体が接触する箇所は肘に近く “ 点 ” に偏った感触から、前腕部分の内側は脇と共に重なる “ 面 ” として捉える感覚へと変わって安定する為、この成功率は一気に高まって安定する上、その箇所も高い位置になる。
f0084561_1558141.gif

  更に、この際は先に脇が閉じ、その直後は前腕の内側、そして最後に肘へと3つの部分が、それぞれ僅かな間を空けては段階的に接触して動力増幅させ、次にこの反動を利して腕を前へ突き出す操作はフォア・ハンドでもバック・ハンドでも同じあって、この作用は陸上競技の三段跳びの如く ホップ!・ステップ!!・ジャンプ~!!! と効率的?。(笑)

   

[PR]
by hisuycast | 2011-02-03 16:00 |   修   行 ( 片腕 )
<<  2月6日  国道脇の林道へ。  2月1日  心眼を開け。 >>