ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 1月16日  非常識の再来。
   
  日本列島は再び猛烈な寒波に見舞われ、今朝は関東の平野部には猛烈な風と共に雪が舞った様子だったが、こんな天候が日曜日と重なったのは珍しく本日の予想最高気温は晴天にも係わらず5~6℃程度に留まる気温の傾向は先日も同じではあっても、この日は風が穏やかであった為、一日中水に浸かって居ながら 翠の洞 では大した寒さを感じずに済み存分な練習が出来、ここからは幾つか得たものがあった。
f0084561_1353799.jpg

  今回、久し振りにログネスの練習から開始したものの、どうも身体が思う様に動かず特に左のキャストでは肩の動きが午後でも今一つ回復しない印象を受け、これは翌日の晩に行った素振りでも同じだったが、やがて身体の各所を大きく丁寧にゆっくりと回す感じに動作させていると徐々に回復した事から、どうやら今回の件に関しては右腕痛を静めるべく日々の素振りを近頃は意識的に控えていた事によって各関節の柔軟性が損なわれていたと思えたから、素振りは柔軟体操と同じ役割をも担う必要不可欠な存在となっていたのかも知れない。

  また、シングルハンド・ロッドでは久し振りに右腕を使ったキャストが可能にまで回復したが、凡そ2ヶ月もの空白期に加え、痛む前腕を無理矢理支えようと庇っては、ピタッ!と止める操作が効かず、ヨロヨロと動いた結果、脇が開いてしまうと言う悪癖が復活していたのはキャスト映像を見るまで気付けなかった。(笑)

  そして、左のバックハンド・キャストは未だ安定性にも欠くものの、確かな進化を遂げ、ヨチヨチ歩きの段階ながらも各操作が整った際にはフォアハンドに匹敵する所か既に勝っているとも思えるシュート感覚や感触がある事から、もしや現在のフォームや方法ではフォアハンドよりも実は優れていたのではないかと、またしても非常識的な思考が頭を過ぎり始めているのだが、この詳細については準備も大変なので以降のネタとしよう~!。(笑)

   

  
[PR]
by hisuycast | 2011-01-16 14:00 |   修   行 ( 片腕 )
<<  1月18日  逆手撃ち有利説?!。  1月13日  上か、下か。 >>