ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 6月13日  本流からの返礼。
                                                                  
  関東に続き、東北地方にも梅雨入りが発表された先日、この所の余りにも散々な結果から、つい遠くの本流にも誘惑されてはいたものの、結局は何時もの本流へと向かっていた背景には例え少量ではあっても待望の雨が降っていた事にも救われていたのだろう。
 
 やれ減水したとか、水が悪い等と釣れない言い訳を繰り返していたが、思えば 緑地の本流 へと通い始めた以来、鬱蒼と木々に囲まれる雰囲気から昆虫を連想させるフライばかりを選び、釣りへの手法である流し方、誘い方等も何か一辺倒になっていたのが原因ではないかと、前回の夕暮れに掛かったウグイから知らされていた様に思えていた。
 
f0084561_11223393.jpg

  よって、今後は小魚を模倣したストリーマーの釣りに移行しようと考え、急遽用意していたフライはウグイ事 “ Qちゃん ” をイメージしたチューブフライ、これを略して “ キュー・チューブ ” 。(笑)
  予断として、ウグイの事を北海道の釣り師は “ Qちゃん ” と呼ぶらしく、これは腹を押すと 「 キュー!。」 と鳴く事に由来しているらしいのは何とも面白可笑しい。

  斯くして誕生したキュー・チューブを引っ提げ、パラパラと顆粒の雨粒が落ちる午前6時前、一週間前と同じ場所へ降り立ち、先ずは今年出現した中州へ上陸していたが、雨模様の危険性に加え太腿が筋肉痛となる苦労も空しく全くの無反応で中州と言うのは常に釣れそうに見えてしまうも、実際ここは思い描いた程の場所ではなかった事が解かった。
 
f0084561_11265731.jpg

  ここへ渡るのも大変だが、戻るのは更に大変。引き返す際には力の劣る左足が下流側となり多大の時間も費やし再上陸した時には疲れ果てて車での移動も考えていたが、折角であると通常の箇所にも Qチューブ を泳がせる事にしていた。

  水温は14.5℃で前回とほぼ同じでも理解不能な嫌な濁りは感じられず、ここに気を良くして吐き出しのやや上から下り始め岸際を丁寧に探っていると何かに接触した様な感触があった。
  これは大きな沈み石にでも触れたのかと考えていたが、暫く下った該当箇所には特別何も見当たらず奇妙に感じていると今度は何かが体当たりした様な鈍い手応えを感じた。
  これは間違いなく魚ではあったが、残念ながら針掛かりはしなかった。
  しかし、この場所で初めて得られた魚との接触に俄然集中力が増し針先を確認して再び下り始めていたものの、結局その後は何も起こらない。
  「 やはり駄目か・・・、 通勤の時間帯も疾うに過ぎた。諦めて次の場所へ移動するか・・・。」
  こんな考えが働き始めた最中、 「 ボスン!。」 と言った感触と共に何かが掛かったが、その鈍いアタリの印象から一瞬、鯉かと思った。
  だが、その直後、 「 バシャーン!。 」 と表面張力を呆気なく突き破った白っぽい物体が水飛沫と共に高々と舞い上がった。





f0084561_1129337.jpg

  こうして釣り上げたのは決して大きくも無い相変わらずの “ レイン坊 ” サイズではあったものの、本流によって育くまれた立派な躯体はターボチャージドエンジンの如く強大なトルクを生み出し、その大きさに到底見合わない抵抗を暫く続け、直ぐには 折れない魂 を持ち得ていた事が嬉しく、また何よりも、今回の一件は例え偶然であったとしても重要な意味を持っている。

  それは、ずっと以前から目を付けながらも、これまでウグイ一尾すら釣る事のなかった場所から漸く導き出た一つの答えであった事。
  また、この地域の情報と言えば、春には地元らしき釣り人がドライフライでライズを狙っていると言った程度の噂しかなく、更に、これらの人達はルアーやウェットフライを使う人間に対しては 「 そんな事は他でやれ!。」 とか 「 ここは俺の場所だ!。」 等と言い放つと全く穏やかで無い話すらもあり、兎角下流の者にとっては近寄り難い地域であった他、 「 上流で放流しているから当然、下にも居るだろう。」 と囁かれる程度で実際この時期でも釣れると言った情報が全く無かった。
 
f0084561_11295514.jpg

  今の世の中、釣り方から釣れるフライ、挙句の果てには釣り場の選び方からキャスティングにライン仕立てと何から何まで一切合切に隅から隅までズズずぃ~いと親切丁寧に教えて戴ける大変有難い時代ではあるらしいが、例え如何に多くの時間費やしても、余所様の力は一切借りず、只一人全くの我流を貫く阿呆が稀に居ても良いだろう。

  と、冷静に振り返るとレベルの低いお話で偉そうな発言する程の魚でも出来事でもなかったなぁ・・・。
  まぁ、ネタですから・・・。(笑!)
                    
[PR]
by hisuycast | 2009-06-13 11:50 |   釣   記
<<  6月15日  本流の重低音。  6月10日  至極の本流。 >>