ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
タグ:Single-Spey ( 203 ) タグの人気記事
 6月24日  禁戒の横重心。

  前回に続き、単なる素振りによってシングルハンド・ロッドのシングル・スペイを上達させた動きを今回のネタとして取り上げるが、その中身に関しては以前にキャロン・チームのジェラルドが見せたユーチューブ動画から推測した通りだったと感じられ、更に、これらは恐らく既に広く周知されている内容に過ぎないと思えるから、つまりは自身が体験した中から勝手な解釈によって今後へと残したいとして好き放題に綴る。(笑)

f0084561_14503850.jpg


  先ず、ジャンプ・ロール系は最も飛距離を伸ばす余地のあるキャスト方法である反面、その弱点としては横方向のアンカー位置が容易に離れる傾向にあり、ここにDループへ蓄積される力に損失が生じるが、シングル・スペイとして更に角度変換を加える為の身体を横へ捻る動きに伴ってアンカーの位置を益々遠ざけラインを失速させる要因に直結する事から、要は如何にしてラインを身体に近くへ呼び寄せてアンカー打ちを行うかの一点に尽きると言え、これを解決させる手立てが本来、他のキャスト方法ならば相対的に禁物にも思える横方向への重心移動にあった。

  この際、足の位置はロッドを握った腕側の足が前となるが、ロッドスィープの開始時点では重心を前側へ配置した足に乗せ、この後はスィープの操作に従って身体を横へ捻る動きと同時に後ろへ仰け反る様な体勢から、後ろ側へ置いた足へと重心を徐々に移動させ、この動きによってDループの凡そ下半分の曲線部分はスィープの根幹として離れてしまったとしても、シュートによる初期の負荷荷重を生み出すDループ上半分に当たる重要な曲線部分は横方向の重心移動によって回り込む様な格好で背後へと到達させ、最後は再び前側の足へ重心を移すと言った、こうした身体の全体を駆使した複合的な動きを、先日の練習では増水によって強まった流れに助けられた面はあっても、上手い具合に一致させた際には角度変換による負荷の過不足分を十分に取戻し、45度以内の角度変換であればジャンプ・ロールと引けを取らないシュート力を生むと感じた。

f0084561_1533095.gif


  その反面、これらは浮力を持ち得たフローティング・ラインの舞い上がる素性に加え、曲がった後には負荷を一瞬に貯め込む特性を持ったロッドの粘りと言った条件も必要とも感じられた事から、タイプⅡと言ったフルシンクのラインでは全く不向きであり、また曲がった後には忽ち反発するロッドもシングル・スペイには不向きで満足なキャストには到底至らないと理由付けては、ブルース&ウォーカーやCNDの新型と言ったロッドに益々興味を覚える今日この頃・・・・。(笑)




[PR]
by hisuycast | 2012-06-24 15:22 |   修   行 ( 片腕 )
 5月17日  捻りから生じる遠心力。
  シングルハンド・ロッドの練習で新たに加わったシングル・スペイについては、Dループ上半分と下半分のラインに一体どの様な作用が働いているのか等と言った難関な事柄を考えていたものの、少なくとも5月10日に記述したスィープの段階から角度変換を開始する方法の場合に於いては単純な考えで事足り、要は横方向のアンカー位置を如何にして身体側へ引き寄せるかに尽きるとの結論へと達していた。

f0084561_14305423.jpg


  これらも以前の内容と重複し、ジャンプ・ロールはラインを直線状に伸ばした体勢からスィープする事から、ペリーポーク等と比較する限りラインの移動する距離、時間も長く横方向のアンカー位置は操作の過程からも身体から離れる傾向にある上、更に角度変換を伴うシングル・スペイではスィープ時点から身体を横へ捻る動きによる遠心力を発生させ、アンカー位置は益々身体から離れてしまい、これがシュート以降に悪影響を与えているに尽き、先日の高麗川で対岸寄りの下流から風が吹き上げる場面に度々出くわすと、スィープから風に流されたラインの先端を脇に挟む程の感覚を覚えた際に初めて納得の出来るシュートが達成されると、過去にも紹介していながら何時しか忘れ去っていた一件を今回も活用出来ずにいた。(笑)

  その一方、風に頼らずにアンカー位置を身体の直ぐ横へと引き寄せる操作をロッドに対し与えてしまった場合では、通常とは著しく早い段階からロッド・ティップを上昇させてはアンカー切れを誘発する事から、この動きに関しては従来通りの操作を維持する必要があり、ここに生じた矛盾点に加え、更に解決させる方法までが当日の間では皆目見当が付かなかったが、ここから数日が経過して漸く見出した打開策は以下の動画によって一目瞭然と思え、キャスターであるキャロン・チームのジェラルドがスィープによる角度変換させる操作と同時に、腕を畳みつつ身体全体を後方へと仰け反る動きを与えており、これによって上体を横へ捻る際に生じたさせては横方向のアンカー位置を制御し身体近くへと導いていると、これらを早速これを取り入れた練習としたい所でも、次回から釣りが再開された場合は再び忘れてしまうかな・・・?。(笑)



f0084561_16223022.gif













[PR]
by hisuycast | 2012-05-17 15:13 |   修   行 ( 片腕 )
 5月10日  シングル・スペイに於ける ” 180度の原則 ” とは。

  この所、シングルハンド・ロッドの練習で密かに取り組みを始めていたシングル・スペイは長いオーバーハングとの相性が全く悪いとの考えとも相成って今迄は手付かずだったが、下段突きのフォームが安定しつつある今では新たな課題として何時しか追加されると、特段の遠投を要しない一般的なシングルハンド・ロッドによる川での釣りとしては問題のない程度のキャストには至っていても、やはり下段突きが持つ本来の威力や姿形とは程遠く、この具体的な原因については全くの未解明であるならば、せめて映像にでも収めるべきではあると考えつつ、結局は面倒になってしまい先日も撮影を怠ってしまい最終的にはネタにも困る始末だ・・・。(笑)


f0084561_14481054.gif

f0084561_14483010.gif
 

  斯くして、彼是と推測立てて考えている現時点では、恐らくシングル・スペイとして正しい手法はスィープの段階から身体に対し徐々に捻りを与えて角度変換分の円軌道を描き同時進行させた複合的な動き ( 画像の左側 ) に限られるとは思えても、ここでは更にもう一つの方法としては、ジャンプロールによる通常のスィープからアンカーが打たれる時点で瞬時の内に身体を捻らせる二度の直線的な軌道にて構成される動き ( 画像の右側 ) も考えられるとして以上の二つを試す限り、結局は前者の手法が妥当に思え、 先ず左の画像ではスィープ開始時点からの方向とDループの先端が示す方向は一致せず、Dループに蓄積される作用を弱めてしまう反面、Dループからシュートする角度は大凡一致した “ 180度の原則 ” と則し、逆に右の画像はスィープ開始時点の方向とDループの向きは一致し、Dループ自体には “ 180度の原則 ” により強い力を得るものの、シュートの際に角度変換を変える事から先の作用を完全に活用させるには至らないと言った負の要素が先の2つ双方にあり、シングル・スペイの場合は如何にしてもスィープからシュートに至る工程の間で何処かは必ず角度に不一致が生じ、ここから優先すべきはロンチポジションからシュートに至る角度の整合性にあるのだろうか。




[PR]
by hisuycast | 2012-05-10 15:10 |   修   行 ( 片腕 )