ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
タグ:Ruairi Costello ( 3 ) タグの人気記事
 3月4日  半減は半円から生じる。


  ヘッドの見直しによって飛距離が伸びたとは言え、未だ数々の不満に満ち、これらを改善させるにはスィープから見直す必要があると感じられ、国内では皆が同じフォームによってキャストする理由も解った様な気がしている所か、もしや既に基本的な動作として伝えられているのかも知れない・・・。(笑)



  しかし、スネーク・ロールに関してはスィープ以前の段階にも問題を感じ、ここから毎度のvimeo映像を見入っていると、実に感心させられ、こちらの場合、先ずは相変わらずリフトは急激な上、空中で一回転させる軌道が小さい為、スィープに時点で苦しくシュートではヘッドと水面との接触も増えて損をしている。
  これらについて、前々から一定の打開策を考えながらも未だ解消には至らなかった最たる原因は空中一回転から振り下ろす際にフォア側に当たる腕の肘を曲げてしまいる為に前側の半円を縮小させてしまい、この点に関してvimeoの映像に見られる3人は同時点の肘は比較的伸ばした状態にあった。

f0084561_14193338.gif


 ここから、彼ら3人は更に低い位置まで下降を待った後にスィープを開始し、また、ローリーとジェラルドに関しては前側の半円を描く際に一旦、上半身を内側へ向けた捻りまで意識している節さえ伺えるから、円を描く単純な動作一つ挙げても実は未だに何から何まで違っていたが、こうした動きを取り入れると腕や肩と言った箇所が筋肉痛に見舞われそうな予感がする・・・。(笑)


[PR]
by hisuycast | 2013-03-04 14:22 |   修   行 ( 両腕 )
 2月13日  似て非なる2つの世界標準。

  崩れていた左のシングル・スペイも先日の練習で回復への糸口を掴みつつあり、この元凶を辿ると結局は2つの基本原則から背いた動きを仕出かし、ここには隙や油断が何処かにあったと言え、嘗ての立場は逆転して左のキャストは右のフォームに倣っていたが、ふと気付くと、この隙は右にも見られるから実に危うい面も残り、リフトを有耶無耶にしたままスィープへと移ってしまう言わば投げ急ぐ様な傾向も元々の気が短い気質が関係しているのかも知れない。(笑)








  その一方、他に影響を及ぼす存在が長いオーバーハング。これが張力の反応に敏感な分、リフトとスィープの境界を明確に切り分けたしまった際に補える範囲も狭くランニング・ラインが張った一瞬にスィープへ移る必要が生じ、この結果からスィープを開始するロッドの角度も下がる傾向にあるが、この所、何かと登場するジェラルドのキャストにも同じ特徴が見られ、以下の画像でも2人共、基本的には同じと言えるフォームで特に今の日本国内でも大多数を占め世界標準的な手法にも思える反面、こうして並べると随所に違いが現れしまうと、一転して全く異なるとも言い換えられ、ジェラルドは腕、足、身体の角度が後ろへ傾斜させ全体を利用したスィープがラインへ現れている。

f0084561_13574143.gif


  そして、崩していた2つ目の基本原則はフォームと係わり、この点に関しては斜めから始まった重心軸の角度が最終的には垂直付近に移り変わるタイミングを見失っているとまでしか解らなかったが、これは先の件から起因し、リフトが不充分である為にスィープは強引でロッドには必要以上の負荷を掛けた分、アンカー打ちでは前へ後ろへと定まらずに溜めが作れず、ここから重心軸の角度を垂直付近へと切り替えられないままシュートしてしまった結果であり、そのフォームも過去の繰り返しとなる ダスティ・ローデス の エルボー・ドロップ は下段突きによる 型 の一つでもあった。(笑)



f0084561_154619.gif








 



     
[PR]
by hisuycast | 2013-02-13 14:05 |   修   行 ( 両腕 )
 2月5日  実践と競技の狭間に。
  オ・ラマ規定からのスネーク・ロールは概ね順調に仕上がりつつあった一方では、何処か伸び悩みしている印象もあった為、一旦はキャストを撮影し自己診断する必要があると感じており、これが久し振りに穏やかな天候に恵まれた先日の練習で果たせると、様々な課題が見えて来るから、本来もっと早く行うべきなのだが、面倒でつい横着してしまう・・・。(笑)





  斯くして、真っ先に感じたフォームには再び改良を加えるべきと思えた意図は前後後動の増大化にあり、現在の側面軌道と呼んでいる動きは足元の不安定な状況をも想定させた実践的なスタンスである為、両足を比較的揃えた状態からのキャストとして元々前後の動きは少なく、この分は上半身の回転で補うとの考えに基づいていたが、現在、取り組んでいる内容はヘッドの長さを取り上げても個人的には完全に競技に特化したキャストの技法として足の配置もこれに倣うべきと考えた所で、そもそもは、これまで10m程度のヘッドから積み上げた考えが一体何処まで通用するのかと言った観点にも興味を持っていたから、早々と限界を迎えたのかも知れない。(笑)

  ここから、毎度のビデオを見ると、キャスターは前後動が比較的少ないタイプと極端に行うタイプでも類別され、ジェラルドやジェームスが前者に入り、後者は更に後ろへの移動は少ない反面、前への移動が大きいコステロと、前後共に移動が大きいトラビス・ジョンソン分類されるが、前後の移動を大きく取る場合は両足が前後へ大きく開いた体勢として水面の位置を益々高めてしまうから不利に働く面も持つものの、足腰も丈夫である必要があり、こうしたウェーディングの状態でありながら、スキーのジャンプ競技の様な前傾姿勢になれるものだと感心してしまうから、ここには身体能力の差は勿論、年齢的な衰えをも感じてしまった・・・。(笑)

f0084561_14422933.gif


 

[PR]
by hisuycast | 2013-02-05 14:44 |   修   行 ( 両腕 )