ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
人気ジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
タグ:Gordon Armstrong ( 5 ) タグの人気記事
 8月16日  ゴードンからジェラルドへ。
   
  お盆を迎えた関東は一頃の猛暑は影を潜めた近年としては並みの気温で済んでいる影響なのか、午後には雷雨に見舞われる不安定な天候とは先日の練習日も同じだったものの、懸念された盆休みの騒動にも殆ど巻き込まれずに十分な練習も果たせて新たな発見と共に、シングル・スペイは左右共に確かな前進の一歩を感じられたとは言え、案の定、見舞われた夕方の雷雨では頭上を渡る送電線の鉄塔へ落雷が直撃すると言う危うい場面に遭遇し、大慌して撤収して来た・・・。

 
f0084561_13385624.jpg


  と言う訳で、今回はジェラルドのスイープに取り残されていた2つの疑問の中から、内一つに対しては完全に決着が付いたとは、角度変換の契機となる身体を捻る動きにあって、ゴードン、ジェームズ、ローリーと何れも後ろ側に配置した脚の膝を折る動きだと踏んでいたものの、ジェラルドに至っては途中から疑心に駆られ始めていたが、当日の練習でジェラルドも例外なく膝を駆使しているとの確信を得るに至ると、ジェラルドを手本としながら、気が付けば何時しかゴードンと近い動きになってしまう現象にも納得が出来た恩恵から、両者の方法と近いスイープの再現にも満足が出来た。

  ここで、ジェラルドとゴードン両者の決定的な違いの一つには両脚の操作が挙げられるが、ゴードンはジェームズやローリーと共通するとあって例外的とも言えてしまうジェラルドの動きとは前方に配置させた脚の膝をリフトから終始伸ばした状態を維持し、シュートの時点で僅かに曲る程度に留まる。

 そして、この膝と両脚、更にはフォア・グリップ側の肩が下がった状態は重心の配置をも示し、大雑把に表現すると、ゴードンらは概ね左右の脚に分散した格好から身体の中心近くに重心からスイープが開始される一方、ジェラルドの場合、その重心の多くは前側に配置した足にあるから、逆に後ろ側の足は浮き気味となり、この違いが膝を折る動きを曖昧にさせ、先の疑心へと繋がったが、今回の練習によって浮き気味であるが故に膝を曲げるにはゴードンらが行う程の工夫を無用にさせたと理解出来た。

f0084561_13392243.jpg

        https://youtu.be/TnxDpnE5xqU       https://youtu.be/8ehakxQUc58  

  実際、この件に気付いたのは練習日の5日程前だった為、当日も不慣れで準備は万端と言えず、個人的な優劣も慣れ親しんで定着したゴードン方式に軍配があってジェラルド式のスイープへの切り替えは当初、不完全だったが、午後には左右のシングル・スペイで成功した一定の成果を見た場面に遭遇すると、その優劣を逆転させた最たる理由として、ゴードン式だと両腕、両脚と大凡で3か所の意識を要するとした場合、ジェラルド式では2カ所程度で済むと言った簡素な分、今迄のゴードン式から意識する箇所が一つ削られた分、簡単になって失敗も少なく、スイープも安定すると・・・、こんな、お調子者が居た・・・。(笑)




[PR]
by hisuycast | 2015-08-16 13:40 |   修   行 ( 両腕 )
 8月14日  ゴードン・アームストロングの必殺!ブルルん膝?!。
      
  こうしたキャスティングの練習は彼是10数年続いているが、この動作には意思や意識が当面の間は重要となり、これらは余程の練習でも積まない限りは直ぐに薄れてしまい、もう既に定着しただろう・・・と、つい、こんな油断をしていると知らず知らずの内に疎遠となっている場合も多く、ここにも 「 今日は調子が悪い・・・。」 等と言った事態にも遭遇するも、これらは練習の回数やキャストした回数よりも恐らくは日数や期間と言った面に左右されていると感じているから、やはり早くても半年や一年と執念深く続ける事に加え、練習の際には、これらの意識を極力、長く持ち続ける集中力が重要ではないかと思え、この集中すると言った観点に絞れば恐らくは単独の練習が最も適しているとは思う一方、この場合は別の面では負の要素が圧倒的に増えるだろう・・・。(笑)

f0084561_172148.jpg


  更に、こうした一定の箇所に与える意識とは、キャスティングの各工程で幾つもある為、ある何処かの一点に集中していると、別の何処かが薄れてしまうと言った場面も生身の人間である以上は当然に起こるから、これらも練習によって克服するしか手段はなく、L字アーム・クラッチ等と勝手に名付けたスイープの基本姿勢でも、自ら辿り着いた結論に揺らぎもなかったにも係わらず、この定着は不安定でドリフトと言った次の段階を目指し始めた辺りから忽ち崩してしまうと言った繰り返しだったが、試行錯誤を重ねる内に一種の法則?にも感じる秘訣を見出して簡素化されると、この基本姿勢に限っては最近になって左右のシングル・スペイで安定的に達成されていると思える。

  但し、ここで一つ置き去りにされる傾向にある箇所こそが近頃に多く登場している膝を折る動作にあり、これは右のシングル・スペイであれば疎にしたまま何気なくスイープしても一応それなりのキャストにはなるものの、この膝折りを意識的に取り入れたキャストとでは歴然とした差があり、当然ながら膝に十分な意識を与えた時に感じるキャストへの手応えは断然良いから、個人的にスイープの重要性は全体の半分以上を軽々と占めると思っているが、この原動力となる動きこそが膝折りにあるとも考えている。

  そして、たかが膝折りとは言っても実際は中々奥が深く様々な方法が考えられ、ここで一つ共通している観点は前回で触れた通りに膝の関節部分がピン!と伸ばした状態から一気に曲げようと試みた際には些か無理が生じる為、国内では予め幾分曲げる方法が好んで?、多く使われている様子が伺えるも、これは海外では稀な例に当たると考えられる為、ここで個人的には有効に思えた一つが些か古い映像に隠されていた。

 


 


  これらについて、facebook上ではキャスター個々の癖や、その時だけの偶発的な動きに過ぎない・・・そんな、ご指摘も頂く中、個人的には意図して意識的に行っているとの考えは、自身としても、そんな無意識の内に何の意図もなく行っている動作はあってはならない、こう考えており、当然これらはゴードン程のキャスターであれば同じ考えを持っている筈であって、この映像の通り、ゴードンは一種のフェイント・モーションにも思える膝の小刻みな動きを利用し、その直後に一気に膝を曲げ鋭く身体を回転させた動きでスイープさせてシュートにまで繋げているが、これも簡単にはマネ出来ない独特の動きになっている。





[PR]
by hisuycast | 2014-08-14 17:03 |   修   行 ( 両腕 )
 11月28日  局所的平衡感覚の極意。

 
  球技や武道と、あらゆるスポーツの世界でも “ 構え ” 等と言われる基本の姿勢は、次の動きへと効率的に動く為にも重要視されるが、この所にも重ねた失敗の結果でも、そもそもはスィープを開始する際の “ 構え ” から徹底的に正し、この体勢から毎回、常に作動させる必要があると、これらにも気付くのが遅過ぎた・・・。(笑)


f0084561_1351477.gif

      http://youtu.be/6lNyfHGb3FM                   http://youtu.be/z_2ctU-wQ2U  


  この、ジェラルドがスィープで見せる “ 構え ” の起源を遡ると、個人が知る限りではゴードン・アームストロングに辿り着き、ここには当然ながら多くの共通点があって、その筆頭が前回でも触れた通り両腕の肘を直角付近に居り曲げた状態から作動させている点が挙げられる。
  とは言え、何でもかんでも肘を直角に曲げるだけでは不完全で幾つかの鉄則があると思われ、その一つ目としてはフォア・グリップ側では曲げた肘は真っ直ぐ下となる垂直方向を指し、一方のリア・グリップ側は真っ直ぐ横となる水平方向へ向けているから、言わばウルトラマンがスぺシウム光線を放つ際のクロス・アームを分離型した様な状態と言える・・・との冗談はさて置き、この時に最も重視する箇所が後者であって、肘が水平方向を指すとは、前腕の部分も水平を保ち、この状態のままスィープをリア・グリップ側だけに着目した場合、腕の動きとしては90度の肘と合わせてボクシングのフックを打つ際の基本と一致し、水平に保った動きによって回転する身体の動きを効率的に伝達していると考えられる。





  そして、先の水平フックに関して、ボクシングでは高さを肩の位置を基本としているものの、ジェラルドやゴードン式のスィープに至っては脇よりも僅かに下と言った位置にあり、このやや低い高さによって前腕を水平に保った状態となる、言わば “ 局所的平衡感覚 ” の認識が難しく、目視を伴わない場合は忽ち水平の状態を崩す反面、これを忠実に再現させた “ 構え ” からスィープの動作を試すと、単なる素振りにも係わらずロンチポジションの急停止からブオォン!と言った重厚な感触と震動が伝わり、これには妙に納得させられるとあって、是非、身に付けたい所だが、この際の感触を連続して繰り返し得るには至らずに素振りを繰り返していると、前腕の筋肉痛が再発症しつつある。(笑)




[PR]
by hisuycast | 2013-11-28 13:54 |   修   行 ( 両腕 )
 1月9日  見毛相馬。

  さてさて、大変長らくお待たせ致しましたが、インターネットの世界にも復帰しました。(笑)
f0084561_1725888.jpg

  8日間もの長い正月休み、この殆ど練習に注ぎ込むと苦手としていた右の十字反転式からのネス・スタイル的な縦型シュートも漸く感覚を掴みつつあり、過去この動作でも、やれ 「 ピンクレディのUFO 」 だの 「 ダスティローデスのエルボー落とし 」 だのと奇怪な操作を考えていたが、最週的に鍵を握るのはスィープ時のアンダーグリップ側の操作に尽き、事によっては7割~8割を占め、その他の動作は補助的操作ではないかと思えていた。

  スィープではアンダーハンド・キャストのハーフサークル風に下のグリップを斜め下に向けてグィと突き出し、その反動を利して、そのまま 「 C 」 の字を描く様に上昇させる意識を強く持つ事によって剣道で言う 「 上段の構え 」 の様な体制に自然と移り易く、かつシュートでも押した後の反動から “ 引き ” だけに徹する事が出来る。





f0084561_15553438.gif










  画像のMr. アームストロングもアッパーグリップ側の腕が伸びていても ” 押し出し ” は精々シュート終盤のフォロースルー程度で略支点とし、主な原動力は下のグリップで引き付けている筈、決して見た目程疲れるキャスト方法でもない。

  斯く言う変人も、嘗てこのネス・スタイルなるキャスト法を始めて見た時には単に力任せに飛ばしている様にも見え全く興味は無かったが、実は繊細で高度な技術をも要求される楽なキャストでもあった。

f0084561_17253893.giff0084561_17255469.gif










  よって最早これ、 “ ハイポイント型のアンダーハンド・キャスト ” と例えるのは少々乱暴だろうか。
 
[PR]
by hisuycast | 2009-01-09 17:28 |   修   行 ( 両腕 )
 11月24日  垂直の意図。

  前回、ロッドを縦に振り降ろしたシュートの威力に目覚めると、これに最も効率的なのはアンダーハンド・キャストではないかと考え、以来シングルハンド・ロッドでは夜な夜なこれを意識した素振りを繰り返し、先日の練習を迎えていた。
  これは、前腕部から手首を固定し上腕だけを振り下ろしてシュートするシングルハンドでのアンダーハンド・キャストの振り降ろす意識こそがロッドを縦に振る動作に直結するものと考えたもので、ここでの “ 縦 ” とはキャスターの真正面、若しくは真後ろから見たロッドの角度を指す。
f0084561_13522169.gif

  そして、こうした “ 縦 ( 垂直 ) ” のシュートから連想されるのはスペイのディスタンス競技を席巻する ネス・スタイル 、更にはキャロン・チームのジェームズ氏にも代表される “ 薪割り ” 風な動作が思い浮かぶと、またまたCNDのDVDを見ていた。
  ここから、同じ様な “ 薪割りスタイル ” にしても “ 斧 ” を使うのがネス・スタイルでも使う刃物が小さめの “ 鉈 ( ナタ ) ” であるのがアンダーハンド・キャストと感じられるのは使用するラインがロングベリーとシュートヘッドによる違いでも、ここで肝心なのは何れも “ 振り降ろし ” の威力を駆使したキャストである事に尽きると思う。

f0084561_1653348.giff0084561_16535735.gif









  先日も突き出しと振り降ろし、実際この二つの方法をシングルハンド・ロッドで試してもシュートから放たれる際のラインスピードは明らかに “ 振り降ろし “ 動作に分があるのはCNDのDVDを見ていても解る。
  更に、これをシングルハンド・ロッドのアンダーハンド・キャスト風に上腕だけでシュートすると全く以って実に楽でもあるのだが、この “ 振り降ろし “ が最大限に発揮される要因としてシュートする前の段階から極力ロッドを立てて置く事で振り降ろした際に威力を増すというロールキャストと同様の条件があるとも感じられる。




f0084561_13524351.gif











  つまり、スペイ系のロンチポジションは大凡斜めに傾いた状態から開始され徐々に縦へと変換して行くのが通常でも、ネス・スタイル等はロンチポジションでのロッド位置は極力 “ 縦 ” に近付けたいと言った意識が強く、その切っ掛けとなっているのが “ アンカーの着水 ” であったとしても、これがキャロンのジェームズ氏や画像のアームストロング氏にもなると、スィープからラインの先端を迎え入れる段階では既にロッドを縦に変換した後にアンカーを入れているのが神業的であると同時に、こうした縦 ( 垂直 ) から振り降ろす意識が強いと感じるのだが、この方法で問題なのはアンカーを入れるのが難しく、アンカー抜けが多いのはCNDのDVDを見ても歴然としており、Mr、ジェームズですらアンカーのスッポ抜けを連発している。(笑)





f0084561_15553438.gif










  よって、変人としてはキャロンのMr. ジェームス、それともMr. アームストロングというか、ロールキャスト的な “ 縦から縦 ” のシュートにしてやろうと目論んでいるのも実はシングルハンドだけでは無いのだが、こんな事がショートヘッド & ロング・オーバーハングでも可能なのだろうか??。
 
  と、いう訳で毎度の取っ付き難いネタに加え、チカチカ画像まで満載だったなぁ。(笑)
   
[PR]
by hisuycast | 2008-11-24 14:25 |   修   行 ( 片腕 )