ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
人気ジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
 11月29日  改良の輪廻転生。

  ゴジラ・エルニーニョ等と騒がれた暖冬から一転し、札幌では60年振りとの大雪に見舞われると、関東でもゲリラの様な寒さに襲われて今回は強烈な季節風に吹かれて大した練習は出来ないかとも懸念されたものの、思った程の強風は吹かずに一日を通して思う存分の練習が果たせ、再度の改良を加えたシングル・スペイは3~4日前から始めた突貫工事に過ぎず、その仕上がりが大いに疑問詞されたにも係わらず、その成果は左右共に見られて一安心していたとは、崩壊した状態が左右のスイープに長く続き、一時は、このまま日没を迎えてしまうかと思えていた為だ・・・。

f0084561_15132585.jpg


 今回に手を加えた箇所の一つは先週の失敗を逆手に取って辿り付いていたから、再びフォア側の腕にあったとは言え、これは腕の固定をジェラルドの方法に則っただけに過ぎないから、要するに何時の間にか外してしまった轍を元に戻したに過ぎない訳だが、このお蔭で右のスイープ軌道は安定し、跳ね上げたラインは真っ直ぐに着水する傾向を一気に高めただけに留まらず、シュートから飛び出すラインの飛行速度も著しく増すと言った、僅かな改良にも係わらず驚くべき効果があった。

  そして、もう一つの改良も何時しか棚上げされたまま残っていた捻りを加えたスイープになるが、これもジェラルドの再現であり、その効果は当時だと冬型の気圧配置によって上流寄りから風が吹いている場面が多く、比較としても正確性を欠いた面はあるものの、案の定、以前に試みた時と同じ効果が見られ、ラインは2段ロケットの様な?ターンを見せたから、単なる偶然でもなく、やはり、スイープで捻り生じたラインにはスクリュードリルの様に空気を掘削して展開し、その後は一旦、捻りラインがアンカーで強制的に急停止させた結果、次のシュートでは逆の方向へ捻りを発生させて再び空中を捻じ込んでは掘削する感じで推移して最後のターンまで繋がっている・・・、こんな感覚に今一度、陥らせたから、恐るべしは張本人のジェラルドであり、彼は一体どうやって、この様な方法へと辿り着いたのか・・・、その過程も不思議でならない。

f0084561_15134488.jpg


  と言う訳で、以前は全く歯が立たずに居たスイープへ捻りを加えた感覚が今回は左でも味わえて喜んで帰路に付いたものの、いざ翌日になって映像を確認すると、その動きには殆ど変化が認められないばかりか、別の改良箇所は以前の状態へ戻ってしまる印象もあるイタチゴッコ状態とは如何なものだろうか・・・・。



[PR]
by hisuycast | 2015-11-29 15:14 |   修   行 ( 両腕 )
 11月22日  模倣から創造へ。

  近頃の異常に暖かい陽気によって異常気象が話題に上る最中、今回も日差しには恵まれなかったものの、風も穏やかで寒さも感じないまま朝から日没まで存分な練習が果たせたが、野球の国際大会で韓国チームから逆転負けを喫した前夜の悔しい一戦が脳裏に焼き付いて今一つ集中力も欠いていたのか、右のシングル・スペイもパッとしないまま午後を迎えてしまうと、このまま進展もなく終えるのかと焦りを覚えた頃、改良によって低迷していた左のシングル・スペイにも一発逆転の復活劇が始まったとは、正に昨晩の韓国チームを彷彿とさせてしまうと些か複雑な心境に再び陥る始末だった・・・。

f0084561_14123168.jpg


  斯くして、今回は右のスイープでリア側を意識する箇所と操作には再び幾つかの改良を加えると、シュートで飛び出すラインの速度は格段に向上していた一方、如何せんアンカー打ちでは相変わらずラインを乱している為、途中で失速を起こして先端まではターンせず、これを正す試みを繰り返している内に、全体を崩し気味のまま半ばお手上げの雰囲気が漂い始めたものの、どうやら、その原因の一つはフォアのグリップ側に与えた意識が裏目に出ていると判断した。

  その意識とは恐らく最終的には引く様な操作へと結び付いていたと予想されたが、実際はラインを水面へ叩き付けるだけの結果しか生まないらしいとして、先ずは、この意識を取り除く作業から取り掛かり、更に、ここからの巻き返しを呼び起こした試みは、この所、ジェラルドの模倣から若干ながら “ く ” の字状に捻じる意識を与え付けた上体の背筋を極力、伸ばす意識を持たせると、アンカー打ちの螺旋軌道が整い始めたらしく、その状態は回復に向かったとは右のスイープだけに留まらず、谷底へと沈んでいた左のスイープまでもが復活を遂げつつあったから、今迄はジェラルドの動きを誇張していたとは言え、これも “ モノマネ ” たる形態模写の世界では鉄則として必要不可欠な当然の作業工程だったと考えるべきなのだろう。

f0084561_14125144.jpg


  そして、早まった日没を迎える頃には、これまで腕や脚と絶えず意識を与え続けなければ成し得なかったスイープの動きが無意識の内に達成され、無駄な角張った箇所が削り落とされた自然体へと近付いた手応えも味わえるとは言え、やはり映像を通して見ると、未だに誇張させた形態模写は払拭出来ていなかった・・・・。



[PR]
by hisuycast | 2015-11-22 14:13 |   修   行 ( 両腕 )
 11月15日  進化の陰に既視感あり。
   
  先週、右のシングル・スペイに感じられたスイープに対する進歩は今回の練習では更に進んだ何とも不思議な手応えが残り、その表現にも困る有様だが、敢えて例えると手首を軽く裏返しただけで大男を軽々と投げ飛ばしてしまう合気道の師範・・・と、こんな所になり、ここに通じる点として、要はロッドやラインと、その操作との呼吸、間合い一致して同調さえすれば、力なんぞは殆ど加えずとも、驚く程に大きな反発が生まれると言った所なのかも知れない・・・。

f0084561_1535366.jpg


  そして当時も、こんな状態、長くは続かないだろう・・・、そんな考えも直ぐに過ると、映像に収めるべきなのか?、とも思いつつ、狂ったまま回復しない左のスイープが気に喰わず、暫し左のキャストに没頭している間、その悪しき失敗のイメージが定着したのか、案の定、右の操作まで崩してしまったが、ここから回復させる努力や、その過程こそが重要である上、真価が問われるから、寧ろ大喜び・・・・、等と言った心境には正直、到底至らないとは言っても、定番の出来事だと諦めている。
  
  斯くして、スイープが正常に機能している時とは、得てして無意識である為、一旦考え始めて細部に意識を尖らせてしまうとキャスティングの洞窟を延々と彷徨う羽目にも繋がり、ここからの脱出にも長い時間を費やす場合も多いが、今回に光が差した箇所はリア・グリップの操作にあったと解ると、左のスイープにも効果が表れ始め、一時的には右を上回るキャストも見られた。

  すると、嘗てとは異質の感覚が再び芽生え、その実態を模索する内、ふと過去にも同じ様な経験があったと気付いた途端、直ぐに辿り着いた回答はアンダーハンド・キャストであって、その時のスイープでは、よもやのハーフ・サークルを彷彿とさせる様な動きを醸し出すと、シュートでもリアのグリップを前腕で引き付ける感覚の操作感覚が強めるとは、シングルハンド・ロッドのオーバーヘッド・キャストに見られるダブル・フォウルの感覚と近いと思われ、シュート時のフォウルは直前のバック・キャストによるフォウルに大きく左右され、これらは、前回の練習でスイープに加えた腕の改良点が影響していたが、これがハーフ・サークルに通じていたとは予想外の展開ではあった。

f0084561_15351747.jpg

            https://youtu.be/Gai1RGC5Ro0

  その一方、この映像を見てもジェラルドとの隔たりは縮まらず、彼とは異なる操作に当たるだろうから、飽く迄のジェラルドの再現を目指す場合、更なる改良の一手を考え出す必要があるらしい。




[PR]
by hisuycast | 2015-11-15 15:36 |   修   行 ( 両腕 )
 11月8日  角度変換とは、思考転換と見たり。
  
  11月を迎えた先日の練習は正に秋、真っ盛りと言った穏やかな晴天に恵まれた一日となって、右のシングル・スペイは2歩程度の進歩が感じられたものの、撮影した映像を見ると、課題点の改善は全く認められないから、実に不思議ではあっても、キャスティングの際には、大いに手応えを感じ取っていたから、幾ら見た目の変化がなくとも、確実に進展しており、これは今回から新たに加えた改良点も然りだが、その根底にある思考の転換が大きく影響したらしく、こんなにもスイープが楽チンで簡単になったと感じられると、安定性も向上して、今迄の様な大崩れする場面も殆ど見られなかったから、少なくとも方向性は間違っていなかったのだろう。

  
f0084561_1644243.jpg
  

  その一方、左のシングル・スペイに関しては適応力にも劣る分、従来のスイープは完全に崩壊した印象があったが、これも前進する上でも毎度、恒例の出来事であって、午後になると、その効果の片鱗が時折には見られたとあって、限り適応力も嘗てとの向上を予感させられた。

  そして、予てから密かに気に掛けつつも、その何処かでは御座なりのまま過ごしてしまった長いオーバーハングの特異な操作をも考慮すべきと言った迷いの様な?心情も俄かに膨らみ始めている。
  
  このオーバーハングが持つ作用は過去にも幾度か触れて来たとは言え、ショート・ヘッドの時代ではスイープ時点の理解は霞んだままでも何処となく対応が出来てしまった節もあったが、ヘッド長が22mにもなった事によって、その理解は多少なりとも進んだ。
  ここから、ロッドの全長が15ftもあれば個人的に2m以下に設定すれば大した意識する必要もないが、いざ2m50cmを超える辺りに達した場合は、10cm程度の増減で操作性は一変する。
  ここから端的に言えば結局は振り子の原理とも似ていて、要はオーバーハングが長まるに従って振幅が広がってラインがロッドの入力から遅れて動き始めるとの表現になるから、恐らくはロッドの振幅も広くなるとあって、この点に限ってはスローテーパーのロッドと近いのかも知れない。

 
f0084561_1651667.jpg


  その一方、広がる分の振幅に対する理解が角度変換のスイープと重なると、更に複雑化して今一つ理解出来ておらず、これが少し前までは左のスイープには一種の自己防衛的な対応を無意識の内に行っていた様にも思えてしまったが、ジェラルドの操作は、こうした状態にも対応は可能と思える上、もし仮に無理や矛盾があったとしても、過去の経験上、その打開策や、解決策は必ず隠されていたし、いざ知ってしまうと、実は無理でも矛盾でもなかったりするから、別段、これが障害にも当たらないと考えている毎度毎度の懲りないヤツが居た・・・。




[PR]
by hisuycast | 2015-11-08 16:07 |   修   行 ( 両腕 )
 11月1日  信念と執念の角度変換。

  
  いよいよ10月も最後の練習となった先日は、早まった日没時間の分、出発も早く出掛けるべきかと悩んだ所で、朝の冷え込みやら、通勤の混雑を考えると、結局は所定の時刻で行動へと移していたとは、これも毎年の恒例となっているが、そんな安・近・短にも係わらず存分に楽しめるキャスティングは性にも合っているのだろう。

 
f0084561_1441916.jpg


  斯くして、夜な夜な繰り返される模擬演習たる素振りに関しては、一定の手応えが感じられたとあって、右のシングル・スペイは開始の一投目から不思議な感覚が残り、一人、ほくそ笑んではいても、その後の進展がなく、やがて冷静な思考が芽生え始めて撮影した映像を確認すると、殆ど変らない様子が映し出されている始末だったから、やはり過度な期待は禁物であって、一週間程度で劇的な改善は望めない・・・。

  ここで、一体、何が気に入らないかと言えば、右のシングル・スペイではフォア側のグリップ位置が過度に高くなってしまう一種の癖であり、これは少しずつ解消される傾向にあったものの、今回で以前の状態へ逆戻りした印象も受け、それにも係わらず感じた変化には両脚の意識付けに重点を置いた為だろう。

  
f0084561_1443754.jpg


  こうして、考えてもウェーディングには長くて簡単に乱れてしまう22mのヘッドによって、複雑な軌道を伴う45度以上の角度変換としてスイープするに当たっては両腕と両脚の動きを常に意識させると同時に、その両腕と両脚を常時一致させる必要があるから、一筋縄では済まされない高度な技術が求められるとあって、スペイ キャストの探求に立ち塞がった最後の難関にも相応しい等と強がりを見せて置いて・・・・・、チックショ~!!絶対!モノにしてやるからなぁ~。



[PR]
by hisuycast | 2015-11-01 14:05 |   修   行 ( 両腕 )