ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
 1月25日  開眼のGaelforce。

  一週間前の練習によるスイープの改良点は予想以上の仕上がりが見られ、今週の練習日迄には日々の予行演習となる素振りでは概ね定着していたものの、やはり本番となると勝手が違い思う様な成果は得られずにいたが、正午を迎える30分程前になって突如、開眼への足掛かりを掴んだ途端、今度は使っていたBallistic改のラインが手を加えた接続部分がブチ切れてしまって万事休すとなると、心情としてもヤククソのブチ切れた気分だった・・・・。(笑)

f0084561_14321129.jpg


  と言う訳で、午後からは今回もGaelforce 80’ を使う羽目になったとは言え、前回の練習では重量超過と結論付けていただけに90cmのウェーディングでの扱いは酷として、膝上程の立ち込みによって、スイープの練習に徹している内に寧ろ、このラインこそが改良型のスイープにも適しているのでは・・・??、と言った感覚すら覚え始めていた。

  今の練習開始から2年が過ぎたが、当初に戸惑った点と言えばヘッドの全長と、その重量にもあり、この設定値も手探り状態の中、一年程前にご提供して戴いたBallisticには後端3m程でループtoループによる分離が可能であった事から、暫くは19mで使った後には、先端へ1m程を加えた20m丁度のヘッドは重量で約53gだった。

  この52gでも当初は十分に重量級のヘッドだったものの、スイープの方法論としてはラインの自重よりも、水面との接触で起こる抵抗を利用してロッドに付加を与えるとは、正にペリーポークに近い発想だったとなれば、当然ながらスイープもこれに則した方法だったが、次にヘッドの全長を延ばす場合、ティップ側への追加ではターン性に難が出てしまう為、やはりベリー側を延長させる必要が生じ、その重量も一気に加算される事となると、次には今迄のスイープでは水面との接触抵抗に加え、ラインの重量までも加われば、結果としてロッドへの負担を増大させスイープも苦しくなってしまった。

f0084561_14275674.gif


  そこで、今回に改良した1つはラインの荷重を重要視させているとは、要するにリフトする角度が高いと言え、今、こうして見ても、ジェラルド・ダウニーを手本としたスイープは元々から正に、この方法に近かったと散々遠回りした挙句、やっと辿り着いた様な気がしているが、これも毎度の出来事だ・・・。(笑)




[PR]
by hisuycast | 2015-01-25 14:34 |   修   行 ( 両腕 )
 1月18日  道具の進化は、技の進化。

  世の中、時として全く予想だにしない出来事にも遭遇するとは、今回の出来事が正にその通りで、ヒビ割れてしまったBallisticのヘッドを契機に、何と代替のラインを3本も無償で提供して戴ける方が現れ、その中の一本がGaelforce80ftの新品!!。
  そして、他はCNDのLDFとバリバスのBタイプとを含めた全てを今週の練習日に試したとは・・・、過去にも全く前例のない、実にリッチで贅沢な練習メニユーとなった。(笑)
 
f0084561_14112279.jpg


  斯くして、Gaelforce80‘はリアの2mを切断した22m、69gと言うスーパーヘビー級の仕様として、当初ではウェーディングなしでも、その扱いには疑問を持っていたものの、流石のダブルハンド・ロッド・・・、はたまた流石のBurce&Walker とでも言うべきなのか、予想外の対応を見せたが、やはり90cmのウェーディングにもなると、オーバーハングは1m50cmにまで詰める必要も生じると、既に本来の目的からも逸脱してしまう為、今後、リアは更に詰める事となるだろう。
 
ここから、Gaelforce80‘はスカジット・ヘッドを彷彿とさせるテーパーの通りにキャストした感覚も正しくスカジット・ヘッドに近く、リアを2m切断した後でも残った直径2.6mmの凡そ4.5mの箇所が、その重量を利して急激に回転して飛行するループを形成させると、この後に続くティップ側まで一気に伝達させると、当然ながらヘッドの飛行速度も速く、またヘッドのターン性にも優れてヘッドが横方向に波立つ乱れや螺旋状の捻じれから延びて行くと言ったフローティングのヘッドで頻繁に見掛ける動きも今回は殆ど感じられなかった。

f0084561_1412969.jpg


  次のCND、LDF。こちらは戴いた時点では既にリア側が既に切断されていると見られ、凡そ24mで67mとなっていた仕様のままキャストすると、Gaelforceのベリー2.6mmの直径よりも細い2.4mmながら、意外とズシリとした重量感が伝わる手応えはフル・シンクの様にも思えても、一応はフローティングで水面直下を氷の様に漂うアイス・フローティングと言った印象でキャストしても中々の手応えで、リアを少し詰めると、90cmのウェーディングでも期待が持てる。

  最後のバリバス・Bタイプも既に手が加えられ、ベリーの前面に当たる1mのループ&ループを取り外した24m 64gでキャストしたが、こちらは若干、扱いは気難しい印象があって、左のシングル・スペイでは歯が立たなかったが、右ならば問題なく使える辺りから、表現は悪いがGaelforce80’はバカチョン的な面があって誰が投げてもズドン!と飛んでしまう・・・、そんな印象はある。

f0084561_14122816.jpg


  と言う訳で、Ballistic改を含めた4つには競技用ラインが進化する過程を垣間見た様な感覚も味わえ、更には、これらをキャストする機会を得た事によって色々と考えさせられる面もあって、今後はスイープも改良する余地があるとも考え始めているが、その一方では、ついつい最新のロッドに対する興味も再燃してしまうから困る・・・。(笑)





[PR]
by hisuycast | 2015-01-18 14:17 |   修   行 ( 両腕 )
 1月12日  比重に見る明と暗。

  競技用のスペイ・ヘッドは高比重の故か浮力の面では乏しく、特に細い先端寄りは沈んでしまう傾向にあって、一切の手入れもせずに使い続けた正月休みではヘッドを引き抜く際にも戸惑いを感じる程にまで達しており、この休みも終わった所で、早速Ballistic のヘッドにも手入れをするべく取り出すと、先端から12m程の辺りまで無数のヒビ割れが絶え間なく続く様子から、その短い生涯を看取った気分だった・・・。(涙)

f0084561_11275934.jpg


  ここから、例のヒビ割れが発症した箇所はSA社のXLT10番を組み合わせた改造ヘッドを今回の練習で試してみると、その比重の差は歴然としてXLTの箇所だけは毛糸の如くヒラヒラと舞い上がる様な印象では当然ながら、風から受ける影響も増大させシュート後のターン性も兎に角、悪い為、修業には持って来いと思えた。

f0084561_11281920.jpg


  その一方、浮力に関してはコート剤の効果が完全に落ちた後でも必要十分な効果を保っているから、スイープに移る瞬間はスパッ!水切れも良く、その操作は簡単と感じられると、一体どちらが練習に適しているのかと言った判断も難しいが、何れにしても同じフライラインである以上、キャスティングの操作によって現れる傾向は何ら変わりがない。

f0084561_11283682.jpg


  と言う訳で、左のシングル・スペイは後方へ送るドリフトの動きも少しずつ身体へと浸透しつつある印象はあったものの、上半身の状態とも一致していない気もする・・・。(笑)





[PR]
by hisuycast | 2015-01-12 11:29 |   改   造
 1月8日  フォアか、リアか、錯綜のドリフト。
  
  年末から年始と今年も恒例となった冬型の気圧配置が強まって大荒れの天候にもなると、太平洋側の関東は本来であれば冬晴れとなる筈なのだが、今回に至っては少々勝手が違って曇が多く日差しを遮られて寒さも倍増し、練習も度々の中断を強いられたとは言っても、毎日の練習が可能になる年に一度の機会とばかりに、のんびりと余裕をブッこいた油断が悪かったのか、昨年程の進展もないまま正月休みも終わってしまった一方で、連日の練習によって得られた結果とは一過性に過ぎず、この時に達成された動作は数日後には幻影の如くに消えてしまう場合も多いとあって別段、気にも留めていない為、所詮は他にやるべき事柄もなく、好きなキャスティングの練習をして過ごしているだけに過ぎない。(笑)

f0084561_10185879.jpg


  そこで、練習の様子は毎回に必ず映像に収め、この映像から得られる情報を分析して課題や問題点を洗い出し、その解決策に辿り付いた時に、再度の練習と言った工程が理想であり、これらの作業は当然ながら現場でも繰り替えされるが、やはり小さな液晶画面では見落としや、気付かない箇所も多い上、再生映像の一時停止やコマ送りと言った検証も難しい事から、やはり映像は一旦、持ち帰りパソコンによる検証には遠く及ばないが、こうした作業が連日の練習では特に面倒になる。

  とは言え、連日の練習でも課題点がある程度は定まっている場合であれば強ち否定も出来ず、今回は左のシングル・スペイにあった他の課題点を正す感覚が掴め始めているとは、ドリフトの際にロッドを後方へ送り出す動きであり、この時にはリア側に当たる右腕の肘が曲がる為なのか・・・、はたまた、左のキャストとあってか、この利き腕側の肘を無意の内に曲げようとする意識が働いてしまうも、これでは機能せず、フォアで主動させる必要があるらしく、こうした動きが左のシングル・スペイにも表れつつあるが、画像で見ても実に不恰好 ・・・・。(笑)

f0084561_10242219.jpg




[PR]
by hisuycast | 2015-01-08 10:26 |   修   行 ( 両腕 )