ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
 6月27日  利根に見る平成16年の転機。
  「 昔は良かった・・・。」 とは何とも辛気臭い発言だが、ここ数年、嘗ての利根大堰下流を知る釣り人との会話には 「 今は浅くなってしまったが・・・、」 と言った昔を懐かしむ様な言葉が頻りに交わされ、大堰下流の様子は10年で大きく様変わりしてしまったが、この川底を埋め尽くす厄介者の砂や砂利が初めて出現した時期を紐解くと、実は意外に古く、個人の記録上は平成17年に釣りを始めた時に膨大な浮き砂の出現に驚愕し、これは前年の平成16年10月に本州を横断した台風23号の影響だったのだろう。

f0084561_14423310.gif


  そして、その後一旦は回復したかに見えたものの、再び出現した平成20年からは以前の足を取られ抜くにも苦労するフワフワとした粉末の様な浮き砂から徐々に押し固められた砂底へと安定を始めると、以降は石碑前の辺りは完全に定着して河床上昇の一途を辿るが、その更に以前の状態に興味を持ち、こうした資料をインターネット上から長らく探している内、遂に幾つかを発見 した。

f0084561_14284569.gif


  先ず、お役所らの判断とは別に、昨今の関東と周辺地域の各河川は源流部から平野部の広域で河床上昇が深刻化しているとは10年以上も前から感じているが、利根大堰の建設が終わった昭和42年当時は現在見られるコンクリート・ブロックに覆われた直下の護床工は無く、この箇所は河床洗掘や河川低下によって堰自体の崩壊が懸念された・・・と記されているものの、上の画像を見る限り、こうした落差のある落ち込みは魚達にとっても格好の隠れ家で寧ろ望ましく、今となっては実に羨ましく見えてしまう・・・。

f0084561_14402615.gif

  ここから、お役所としては上の画像にある数値を示し、平成7年9月から平成9年3月に渡って数十億円の規模に上った河床低下を防止する護床工の公共事業が行われ、現在に至っていると知った反面、冒頭の通り、今度は河床が年々上昇し、河水の流下能力を低下させるとして、再び巨額な費用を捻出して今度は一転して河床を掘削する必要が必ず生じるだろうが、お役所の示す資料を見る限り、平成16年の時点では利根川の佐原市上流、鬼怒川、渡良瀬川の平均河床高は低下しているとの結果  全く意外で河川を未だに水路と捉えている節が伺えてしまう為、今後は千曲川水系に倣って最大値、最小値から澪筋等も考慮するべきなのだが・・・。

f0084561_1441852.gif


  〇 以下、他の参考文献。

     利根川(上流)河川維持管理計画

      利根川水系における治水計画  

      利根川における総合土砂管理の取り組みについて   




 

[PR]
by hisuycast | 2013-06-27 14:50 |   利 根 川
 6月23日  利根の断末魔。


  台風によって西日本に降らせた雨も関東の水源地には大した恩恵もなく、その昔、暴れ川と恐れられた一大本流たる利根も、今となっては借りて来た猫の如く委縮した大減水には最早、魅力も感じられなかった反面、梅雨が明ける迄は続けるとした決意もあって、既に絶望的を通り越して危機的な状況にも思えた先日の利根大堰下流には等々、ルアー釣りは下流の岬にも見られず対岸の群馬県側に5~6人の鮎釣りがアスファルト道路の水溜りを彷彿させる流れに並ぶ程度とあっては最早シングルハンド・ロッドで充分。仮に16ftでブン投げた場合は対岸の鮎釣りを引っ掛けてしまうだろう・・・・。(笑)

f0084561_13512048.jpg


  斯くして、川底が砂や砂利よって埋め尽くされた利根の成れの果ては著しい減水によって益々露呈し、石碑の正面でも明らかに流れが発生している地点まで突き進むと川の中央にまで到達してしまい、少し上へと移動した位置であれば対岸への横断も可能で当日も釣れる魚は全てが大歓迎とはなっていても、せめて10番の針をガッブ!と完全に咥えてくれる魚を狙って今年2度目となったシングルハンド・ロッドによる釣りでも、摘まんだ様な可愛らしいアタリが3回程のみで利根の御臨終を看取った涙の雨粒が降り始め、今回は午前中のみで終了すると、来週からは何処へ行き、何をするべきかを考え始めてしまうが、所詮、結論は目に見えている。(笑)

f0084561_13512896.jpg


 

[PR]
by hisuycast | 2013-06-23 13:55 |   釣   記
 6月17日  利根の病魔。


  6月を迎えて2度目の利根は今年初の雨となって大堰下の埼玉側へは雨の止んだ10時頃の到着と釣りとしては完全に遅い時間帯ながら、当初一人だけだったルアーの釣り人は晴れ間が広がり始めると次々とやって来ていたから、皆の考えは同じだったのかも知れない。(笑)

f0084561_16214892.jpg


  斯くして、この時期としては意外な賑わいを見せた裏には前日までの雨や曇りによる水温の低下と幾分の増水に皆の思惑にあった否かも定かではないが、朝方は上昇を見せた水位も直ぐに減水へと転じると、対岸の鮎釣りは須加小学校の目前にしながらも川の中央付近にまで分け入った以前では考えられない地点へとコマセ籠や脚立の設置を始める様子に川としての健全な状況ではなく、これらの影響からか今年はニゴイやハスと言った魚すらも釣られる光景を目にする機会も激減している。

  そして、今回は上流側に位置する石組の落ち込む辺りから川の中程まで進入する機会を得た事から、釣り人の空いた頃合いを見計らって試しに直下を釣り下ると、以前であれば忽ち深みへと突き当たった行き止まりの経路として結局は再び上流側に向かって引き返す必要があったにも係わらず、当時の水位では20~30m下っても腰程度の水深で済んでしまったが、これ以後は下流側の釣り人に配慮して中断し、中洲までは最短距離で辿り着けてしまう有様とあっては、釣り自体が白けてしまうばかりではなく、源流域から河口まで広域に渡って必要以上の砂や砂利の堆積が見られる忌々しき事態である一方、河川からの流れ出る砂の減少によって海辺では砂浜が浸食されている地域もあると聞くから、日本の河川は病魔に冒されているのかも知れない。






 

[PR]
by hisuycast | 2013-06-17 16:23 |   釣   記
 6月13日  止むに止まれぬ利根の諸事情。


  いよいよ減水を始めた先日の利根大堰下流では、朝に交わした親子連れとの話題からも無暗なウェーディングはご法度であるとは文句なしに納得の出来る内容であるとして、こちらも上流側と下流側に分かれた彼らに気を配り2人よりも奥への立ち込みは一切控えたが、ここで彼らのルアー釣りとは決定的に違いによって大いに困る件が2つあった。

f0084561_1513119.jpg

 
  その一つ目は根掛り防止の対応にあって、ルアー自体は魚の興味を直接引き寄せると同時にルアーはキャストの際にも飛ばす目的の単体と直接的に作用し、また直水後も小さな物体であるルアー直接操作出来るが、常に長いフライラインを介しながらもリーダー等によって更に先に位置するフライの世界では先ずキャスト自体が全く異なるとは元より、長いフライラインが着水した場合には複雑な川の流れを受け、肝心の魚を誘うフライはフライラインを追従した後に沈む格好にもなるから、ある程度の深いタナを探りたいと考えた場合には、これら考慮した沈下速度を持つフライラインを使わざるを得ない。

  ところが、ある程度の距離を飛ばして一旦沈んでしまった長いフライラインは想像を超える水圧や水流を受けたフライラインは16ftのロッドを以ってしても易々と浮き上がらせるには限界がある為、一旦沈めてしまったフライラインは一定の距離まで手繰り寄せない限りは、ほぼ沈みっ放しの状態であるから、先ず根掛りを回避させたいと考えた場合には、根掛りを引き起こす傾向の強い手前のカケアガリと触れる区間を極力減らすべく、ある程度は予め川の奥まで進入した状態に自身を置く必要があり、ここからカケアガリを遠くに控えながらも狙ったタナまで沈めてしまった場合にはキャストの度に十分に沈んだフライラインがカケアガリと長く接触する羽目となると言った無理が祟り、当時には長く使ったタイプⅡのヘッドは呆気なく利根の藻屑と消え失せた・・・。(笑)

  そして、浅いウェーディングが招く2つ目の難点には毎度の風にあり、これは使っているランニング・ラインの種類や性質にも係わる面ではあっても、河川の釣りでは回収するランニング・ラインの前後を交錯させず幾度かに渡って段階的に小分けしては指の間に挟み付け、シュートの段階では回収した前後の手順に則った上で解放させる必要があり、この時にランニング・ラインを交錯させてしまい前後が著しく入れ替わってしまった場合は絡み付いてしまいしまう現象はルアーの世界で云う “ バックラッシュ ” と似る面を持つ一方、こうした非常に厄介な作業をルアー釣りでは優れた性能を持つリールに全てお任せで済んだとしてもフライの世界では簡単に済まされず、仮に風が下流から吹き上げた場合では、後方側に当たる部分のランニング・ラインが風に流され前側の部分と著しく触れていた際、前側の部分が後ろ側を巻き込んだまま解放され、細いランニング・ラインともなれば簡単に絡んでしまう。

f0084561_15134193.gif


  そこで、手繰ったランニング・ラインを一旦は安定させるには先に回収されるランニング・ラインの前側に該当する箇所を流れと水の粘着性を利用し、常に後ろ側よりも下流寄りへ配置させた状況を演出させる必要が生じ、この際にウェーディングが深かければ深い程、ランニング・ラインと水面との接触面を増大させ、強い下流からの風を受けても安定的に作用する為、ある程度までのウェーディングを求められると言った、止むに止まれぬ実に厄介な状況が如何にしても生じてしまい、利根大堰の下流で矢鱈と長いフライ・ロッドを振り回しているヤツも常に注意するので、万一見掛けた際には、全く釣れない気の毒なバカが一人居る・・・として、どうか寛容に見て戴きたい・・・。(笑)


 

[PR]
by hisuycast | 2013-06-13 15:24 |   釣   記
 6月9日  利根が求める公の精神。

  今年も6月を迎えた先日の朝、到着した利根大堰下流の埼玉県側は一週間前とは掌を返した様に期待通りの静まりを見せたが、まさか完全な無人状態になるとは全くの予想外で減水した状況を査察している間にやって来た親子連れ2人のルアー釣りも常連で 「 やっと、空いたね~。」 から交わした談笑の中には案の定、この場所での礼儀作法を指摘する内容に移り、遠浅になってしまった結果、ズラリと立ち並んだ釣り人の内、誰か一人が無暗に奥へと侵入しただけで釣り全体が釣れなくなるとの話には一理も二理もある川釣りの鉄則でもあり、一人が優位な条件に立ちたいと川の奥まで抜きん出て侵入すると、他の釣り人は彼よりも手前を釣っている事になるとして少しでも対等な状況を得ようと中へ進む内、皆が魚を奥へ追い遣るばかりか警戒心も一層強めてしまい元々釣れない魚が益々釣れなくなるとは、全くご尤もなお話だ。(笑)

f0084561_1427401.jpg


  よって、こうした釣り場でも一応は不特定多数の人間が自由に出入りの許される “ 公共の場 ” でもあるとして、電車等の交通機関やデパート、映画館等々と同じく常識的な最低限の行動を求められるから、「 個人の釣りに一々文句を付けるな!!。」 やら 「 これがオレの方法だ!!。」 と言った主張は某国家のならず者は兎も角として健全な民主主義の社会通念上としては通用しないものの、これら “ 公共としての精神 ” は誰しもが生まれた時点では一切持たず、一定の教育や経験を経て培われる概念は例えばヘラブナ釣りでも相手の直ぐ隣に後から釣り座を構える際、挨拶は元より、相手よりも長い竿を出す時は更に隣の釣り人から了承を受けると言った恐らく周知度しては低いマナーともなれば、普段は川の釣りをしない釣り人にとっては全く解らない内容として知らず知らずの内に行動してしまう面があるから、これらを初対面となる一端の大人に対して指摘し、その理解を得る上でも日頃からの対話が必要であった。

  しかしながら、この場所を訪れる人物も嘗てとは大きく様変わりし、以前の様に相手側から親しげな挨拶や、話し掛けられる場面は殆どなくなったばかりか、3月にも係わらず 「 朝だけでサクラを3匹バラシましたよ~。」 等の嘘八百を並べる品川ナンバーのポルシェに乗った金持ちまで現れ、過去の自慢話を延々と一方的に聞かされる始末とあっては、迂闊に声を掛けてしまった後には不快な思いまで受けると自身も何時しか対話を控えてしまったが、このままでは一切の進展がない為、今後は手当りに次第に声を掛ける極めて地道な戦略に打って出ようと考えている。(笑)


 

[PR]
by hisuycast | 2013-06-09 14:29 |   回   想
 6月6日  利根の特化に進化なし。

  連日に渡る暑さは何時の間にか定着している印象もあり、こんな時の食事と言えば、何と言っても “ 麺 ” に尽きるが、世界の誇る日本の食文化は実に様々な麺を古くから多様な方法によって親しまれ、中でも良く好まれる麺の食感としては、モチッ!とした歯応えがあってコシが強い・・・等と言った表現を耳にする機会が多く、このコシが強いなる解釈も様々な要素を含んでいるのだろうが、適度な硬さと言う観点に関してはランニング・ラインの好みと一致する。(笑)

f0084561_1514152.jpg


  とは言え、ランニング・ラインの好みにも様々あるらしく、信頼する北海道の方が大いに絶賛する商品を試しに使った所、柔らか過ぎてしまい全く使い物にならない事すらあったから、これらは各自が行う釣りの様式、または地域によっても全く異なってしまうとも考えられ、先の硬度差を大きく感じ始める時期も丁度、夏の暑さを感じる今頃からで先日の利根でも今年になって久し振りに用いたバリバスのエアーズが意外にも印象が良く、当日は2度目の真新しいラインへと巻き替えた矢先だったにも係わらず、使用開始から2時間も経たない内から当初の性能は急激に損なわれ、結局は極々普通に安売りされるナイロン・ラインと何ら変わらない状態にまで著しく劣化してしまった。

  こうした劣化は一般的に紫外線が原因とされたとしても、過去に使った全てのランニング・ラインに対し、これらが顕著に表れる時期こそが正しく高温多湿が本格化する6月からでナイロンと言った素材を以ってしても少なからず持つ吸水性は湿度の上昇に従って撥水性を鈍らせて水切りも悪くベトッと張り付き、また長く晒された高温下での使用に伴い繊維が柔らかくなったナイロンを麺に例えるとコシがなくフニャッ!と延びた状態であるが、ここからシュートによって細いナイロンが一気に滑り始めた際の速度はロッドの高い番手になる程、早く、絡み付くと言った不具合を生む為、個人的には硬い素材のランニング・ラインを好み、こんな商品は得てして巻き癖が取れず扱いが面倒とされる反面、この巻き癖が水面との干渉では優位に作用とするとさえ考えているから、ランニング・ラインに求める性能も多種多様化し、これらすべてに対応する商品開発を目指した結果が未だに決定的に優れた商品が現れない要因となって彼是と長い間、探し回っても、結局は初めてダブルハンド・ロッド用に購入した昔からのフラット・ビームが一切の肩入れもなく、どう客観的に判断しても一番!に感じてしまうから、ランニング・ラインの進化は10数年間、皆無だった事になる・・・。(笑)

f0084561_153201.jpg


 

[PR]
by hisuycast | 2013-06-06 15:06 |   仕   掛
 6月4日   利根の備忘録。

  群馬側への移動によって貸切り状態となった快適な先日の利根ではあっても、一つ気懸かりだった材料には風があり、遅くとも午後には対岸寄りから風が吹くとの予測もあって本来であれば当日は埼玉側を選びたい所であった為、埼玉側には空く筈だった午後を見計らって舞い戻るつもりだったが、群馬県側でも釣れている事実は知られていないのか相変わらずの人気で入れ替わりも激しく、誰かが引き上げても暫くすると別の釣り人が次々と湧いて出るから、誰しもが気軽に楽しめるルアー釣りの人口は無尽蔵を誇る。(笑)

f0084561_14364230.jpg


  こうして、先日も朝の内は無風か弱い北寄りで済んだ風向きは次第に下流から吹き上げる東から南寄りへと変わり、こうした状況は本来ならば利根には必ず付き纏うものの、大堰下流に関しては川筋の蛇行によって埼玉県側に限り、背後から風を受ける格好となる為、この場所一本に絞っていた今年としては久し振りに遭遇する不慣れな状況となって少々手古摺らせたが、その一つも結局はヘッドの処理にあって、この状態で用いている抜上式はペリーポーク系として風には滅法強い反面、引く抜いたヘッドを上流へ移動させる際に下流からの風に煽られ、その先端は上流を指してしまう上、更にヘッド全体も風に流れた分、思いの外、身体から離れてしまう為、こんな時に限っては一定の修正を加える必要があるにも係わらず、元々の無精な性分が災いすると、つい普段通りのワン・モーション的な扱いからキャストする方策を見出そうと悪足掻きから失敗を繰り返していたから、今後は最も優れた解決策を考える必要があると、この時以来から完全に忘れていた課題を文章化する事によって今、思い出させて貰った。(笑)

 

[PR]
by hisuycast | 2013-06-04 14:38 |   修   行 ( 両腕 )
 6月2日   大衆心理に対極する利根。
  関東も梅雨を迎えたと気象庁より一旦は発表されたものの、その翌日には再びカラリと晴れ渡った青空が広がると、4月、5月の2か月間の釣りが全て晴天に恵まれた過去にも記憶がない非常に稀な出来事となるが、これは雨に見舞われた日数自体が少なかった事を物語っており、こんな年には早くも水不足が懸念されるものの、利根の水源地に当たる藤原ダムは未だに毎秒80㎥もの一定した水量を吐き出しているから、やはり今冬の積雪は多かったのかと全く不可解に思う。

  と言う訳で、先日も向かった利根大堰の下流は今回こそ釣り人は少ないと予測して埼玉県側を選んだものの、依然として6人程が見られ、また石碑前に駐車された車両の中には一先ずは状況を伺っているだけの予備軍も数名が控えているとあっては、何かの拍子に彼らが一斉に釣りを始めると瞬く間に混雑するとは目に見えていた。
  その一方で群馬県側と言えば完全な無人となっている対極した状況が個人的には理解不能で埼玉側の石碑前に駐車される車のナンバープレートを見る限り群馬から来ている釣り人も実に多いにも係わらず、何故、わざわざ厄介な関所越えを果たしてまで、こんな混雑するばかりか、釣り場としての魅力にも欠いた場所に皆が集中するのかと、全く不可解な行動ではあっても、これらは ” 実績 ” と銘打った事実上の大衆心理に振り分けられるのかも知れないが、人混みを大いに嫌う者としては少し上流の伊勢崎地区辺りに魅力を感じ、いっその事、大堰下流の釣り禁止区域は1km先まで延長してしまえ~!!とすら思う時がある。(笑)

f0084561_14142748.jpg


  斯くして、結局は今回も橋を渡る車列待ちしては群馬県側から釣りとなってしまい、流石に2週連続とあっては些か飽きた面はあっても、一つ意外だった件は翌日から6月に突入するとあって勇み足を踏む鮎釣りが数人は居ると踏んでいたにも係わらず、数百メートル下流にあるモトクロスのバイク野郎が泣いて喜ぶ?盛り土地帯に4~5人が隠れている程度で済んだから、稚鮎の密漁取り締まりは大掛かりに実施されたらしく、久し振りの貸切り状態は気分爽快だったが、いよいよ今回から利根鱒が釣れた様子は一日を通して一切見られなくなった為、来週からは埼玉側も静かになると期待したい。(笑)



 

[PR]
by hisuycast | 2013-06-02 14:19 |   釣   記