ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
<   2013年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
 1月31日  童顔の怪物。
  最強と呼ばれた寒波が過ぎ去り明日からは2月を迎え一旦は暖かくなるとの予報から、そろそろ岐阜や長野から解禁される渓流釣りが待ち遠しくなる所でも、既に同じ河川でも冬季釣り場等と称して本流域の一部?では釣場として解放され、山女魚、岩魚は禁止ながら、渇水の死んだ流れから虹鱒のみは採捕可??等の遊漁規則があったりするらしいから近頃の釣り事情すらも良く解らずに居る・・・。(笑)

f0084561_15481373.jpg


  と、言う訳で、何故か始まったオ・ラマ規定からのスネーク・ロールにも一定の目途が立ち始めた一方、そのキャストは単にスィープからアンカーを打って投げただけ言った感じで今一つ精彩を欠き、それが何処にあるかと自身に問い質すと、やはり、 スィープの後に一瞬の間を持つ ドリフト にあり、これまでの前方へ位置したラインのスィープとは違った状態からドリフトへと繋げる操作や感覚は未だに全く身に付いてはいないから、この点が改善された時に始めて本来のキャストとして到達したと言えるだろう。

  ここから、毎度の素振りは全体のフォームを意識した動きから、ドリフトの一点に絞られ、スィープではロッドが十分に曲り、ここに蓄えられた作用を吸収したラインはロッドが横を通過した後に一瞬遅れてアンカーが打たれると言った感覚が理想で、こうした操作をシングル・スペイ、スネーク・ロール問わず見事に実行しているキャスターこそが下の映像を見る限りキャロンのジェラルドであって、他の選手はスィープ後は直ぐにシュートしていると言った実に慌ただしい印象のキャストに見えてしまうが、ジェラルドの場合はスィープからアンカーが着水する迄の時間が突出して長く非常にゆっくりに見え、これは恐らくアンカーの位置も他の選手と比較して後退した地点にあり、この観点として他の選手がロール・キャストであるのに対し、唯一、オーバーヘッド・キャストに近いから、顔立ちこそ ベビー・フェイス でもヤツは 化け物 だ!!。(笑)


[PR]
by hisuycast | 2013-01-31 16:03 |   修   行 ( 両腕 )
 1月29日  感性に委ねられる前後の半円。


  オ・ラマ規定からのスネーク・ロールは着々と進歩しているが、先日の練習でも左右のキャストに見られる個性の違いは健在で右のキャストは相も変わらず利き腕たる力に物を言わせた些か強引な動作である反面、やはり左のキャストは腕力には頼らず柔らかく使った身体の動きを利用していると言った傾向にあるから、右のキャストを突き押し相撲の 曙 に例えるならば、左は全身を使って動き回る 舞の海 と言った所で右のキャストは力む癖が抜けない・・・。(笑)





  また、一回転させる際には大きくリフトを意識させた円を描く動作とさせると45度変換は元より、90度変換すらも技量次第で対応が可能である事が実感され、描く円が大きくなるに従いロッドは垂直に近付き、この時のロッド角度で特に横方向のアンカー位置が決定するが、ここで影響を受ける外的要因が風で、こうした操作はラインを高い地点まで舞い上げてしまい風に弱く、その向きがアンカー側から吹く場合ではラインの先端を身体やロッドへ引っ掛けてしまう為、自然と防衛反応を示すのか何時しかロッドが描く円を小さくさせてしまう。

  そして、この際は更に、もう一つ急ぐ意識が働き、円を描く操作が始めから早めてしまうと、急激にまったロッドによってラインを乱しスィープに失敗する為、45度変換のスネーク・ロールは開始時点から後ろ半分の円に該当するリフトを比較的ゆっくりと上昇させ、その頂点に達した辺りから徐々に加速させる感覚で前半分の円を描いて落下させると言った操作が再現された時、初めて理想的なスィープへ繋がるが、これらの力加減やリズムと言った人間の感性に委ねられる操作はシングル・スペイ然り、ダブルスペイやペリーポークと言った全てのキャストと何ら変わりがなかったと解り、やっとスネーク・ロールでも白帯が貰える位の基準に達したのかも知れない・・・。(笑)


[PR]
by hisuycast | 2013-01-29 14:23 |   修   行 ( 両腕 )
 1月27日  傾斜角 ≒ 重心軸 √ 底辺 ?!。


  またしても冬型の気圧配置となった先日。午後には季節風が強まり練習は殆ど不可能と判断していた一方、比較的暖かく迎えた朝の恩恵によって今回は午前に集中させると、どう言う訳か過去2~3年の傾向と違い今冬は本来の思惑通り風裏に該当した恩恵から、午後でも意外と強風の影響を受けずに済んでしまい、同じ冬場の季節風でも川の流域を無視する年と忠実に川沿いを吹き込んでしまう年とがあるらしく、今期は前者の傾向にあるから何とも不思議・・・。こうした現象は森田さん!を以ってしても解説出来ないだろう・・・。(笑)

f0084561_13425819.jpg


  斯くして、オ・ラマ規定のスネーク・ロールは一週間前の練習で得た3つの教示を踏まえた事でも、素振り段階では既に完成された印象ではあっても、これが実際のキャスト動作へ還元され根付く迄には最低でも2~3週間先となる過去からの経験に基づく法則は依然として不変なのか当日でも未だフォームは不安定で重心軸が傾く推移も正常には機能せず、この原因に関してはオ・ラマ規定のウェーディングに合わせるべく掘削してあった川底が1~2週間の経過によって小さくなった結果、軸となる足の踏み位置にまで傾斜が付いていた為と判断し、再度の掘削作業によって底辺部分を広く平坦化させた後に練習を再開させると、その片鱗位は時折に覗かせるから着実に進歩しているのだろうが、これによって練習にはスコップも欠かせない必須アイテムの一つとなった・・・。(笑)

f0084561_13434345.jpg


 

[PR]
by hisuycast | 2013-01-27 13:48 |   修   行 ( 両腕 )
 1月24日 スネーク・ロールが秘める無段変速の世界。


  前回に引き続き、先日の練習によってオ・ラマ規定のスネーク・ロールに進展を感じた最後の要件に関しては、恐らくスネーク・ロールの原則とも言え、変換する角度が大きくなるに従い空中で一回転させる円の軌道を大きく描くに尽き、これは自身としても当初は実践していたものの、この方法では思い描くキャストは成し得ないとの勝手な判断から何時しか捨て去っていた訳こそが、今月15日で取り上げた内容に繋がり、同じ45度変換としてシングル・スペイと同様なシュートを目指していたが、変換する角度が45度にも達したスネーク・ロールの場合、ラインは半ば横に位置した状態からスィープする位置関係から手前へ直線状に引き寄せる作用は殆ど失われる為、それは有り得ないとの残念な結論に至り、今一度、原則へと立ち返ると、キャストが非常に楽チン!で簡単にも感じてしまったから、またしても遠回りした挙句、先人が築き上げた原則は正しかったと実体験を経たお蔭で偏屈者にも、やっと納得が出来た。(笑)



  ここから、角度変換が大きい場合に円を大きく描く動きが適している理由を探る内に、やがて “ リフト ” と “ ロール・キャスト ” となる一種のキーワード的な単語が思い浮かび、先ずキャスターの前寄りにあるラインが多少の斜めの位置ではあってもロッドの反発等によってラインが水面の一部と接していてもスィープへと繋げるに至ったとしても、横に近い位置するラインを一回転させる動きからスィープする場合、その全体を水面から引き剥がす程の入力を与える必要が生じ、これが 「 円は大きく描け。」 となった原則は、即ち 「 リフトを十二分に行え。」 と同じと言えるが、ここで リフト となる言葉を使うとシングル・スペイ等のリフトと混同すると言った誤解を招くとして避けた?とも考えられる。

  そして、2つのキーワードである ロール・キャスト は突き詰めると全てのスペイキャストに当て嵌まるが、先の通りにキャスターの前寄りにあるラインをスィープした場合、変換角度によって多少異なるも、そこにはラインが前から後へと著しく移動する作用が必ず発生し、その後のDループは、これをもエネルギーとして蓄積するキャストの代表格が “ ジャンプ・ロール ” である一方、横近い地点にあるラインを一回転させた後にスィープした際のDループでは前後に移動する作用は極限られたキャストの感覚、感触は “ ロール・キャスト ” に近く、こうした条件の違いからスネーク・ロールとは変換する角度によって “ ジャンプ・ロール ” や “ ロール・キャスト ” が備えた特色が濃くも薄くも多岐に段階無く変化する様子を CVTのトランス・ミッション と例えるには随分と強引だったか・・・。(笑)





 

[PR]
by hisuycast | 2013-01-24 13:59 |   修   行 ( 両腕 )
 1月22日 見返り美人は八方美人!?。

  先日のオ・ラマ規定のスネーク・ロールに進展を得た2つ目の要素は両足の配置でスポーツの世界では “ スタンス ” に該当し、ふと気付けば両足を閉じ前後を揃えた格好に近い クローズド・スタンス からキャストしていた事から、最終的には肩で突く 側面軌道 の体勢とはならずに薪割り型のシュート動作を色濃くさせていた原因の一つだった。






f0084561_13582926.gif


f0084561_13585031.gif  
















  ここには、シュート方向が切り替わるオ・ラマ規定の落とし穴とも考えられるも、やはりラインがアンカー側の外に位置した状態からスィープする45度変換のスネーク・ロールから齎される面が大きく、こうした位置関係からフォア・グリップ側の足を前へ置いたスタンスによって、動くラインを視覚内へと捉えつつキャストの動作を開始すると、後ろを振り返る格好に近い窮屈な体勢になってしまい、これに固執すれば必然的にクローズド・スタンスでキャストしてしまう結果を招くから、これらも念頭に置く必要があった。

f0084561_1401920.gif


  そこで、唯一参考にしている毎度のビデオを見ると、ジェラルドによる1分27秒と1分54秒頃のキャストでは案の定、動作は振り向く様な体勢から開始され、その後、一見した限りラインは全く見ていない様子には映るものの、実際は範囲視力の奥に収める事で、底辺を水面と並行にさせた直線的なライン形状によってスィープさせる難しい操作も難なく成功させているから、ラインの制御に際し、目で追った確認も重要である一方、身体の動きは足の位置によっても変わってしまう為、周囲の全てに気を配った 八方美人的 な面をキャストにも求められるのかも知れない・・・。(笑)

f0084561_1403357.gif



[PR]
by hisuycast | 2013-01-22 14:07 |   修   行 ( 両腕 )
 1月20日 老巧への転換。
  先日の練習日も春を思わる日差しとは裏腹に季節風の強い寒い一日となってしまい状況には恵まれなかったものの、目下の課題であるオ・ラマ規定のスネーク・ロールに幾分の進展が感じられたが、ここで得た3つの要素は何れも過去の失敗から辿り付いた内容に過ぎなかったから、学習能力も相変わらず欠如していると言えた。(笑)

f0084561_12161567.jpg


  その一つ目は毎度の “ 力み ” で、ここには “ 気負い ” と言った面も共存するが、特定の動作を身に付ける途中の過程である以上、そこには思う様に動かない身体を強制的に制圧させる試みに対して、ある種の拒絶反応的に必ず発生してしまう現象の範疇と最近は捉えている為、始めの内は止むを得ず、この力みを消し去った動作である事も完成への一歩であり、この練習の開始以来、初めて力も抜けた納得出来るキャストが見られた。

  一方、 “ 気負い ” は、精神的な衝動や欲求から起こるキャストのフォームで乱れである為、その動作を既に身に付けていた場合でも起こり得るが、幾多に渡る経験を重ね一定の腕前を備えた熟練者ともなれば、こうした感情をも抑圧させているだろうから、これも技の範疇に含まれるのかも知れない。

  ここから、力を最も込めるタイミングを考えると、ロンチポジションの体勢へ入る直前で頂点へ達し、この直後は僅か一瞬の空白としたドリフトを境に、シュートでは力を抜きながらロッドを振り下ろして行くと言った感覚で、こうしたキャストを行っていると思えてならない例が以下の映像からジェームズの55秒以降の場面にも見て取れ、シュート以降では殆ど力を加えておらず、嘗てCNDのDVDに見られた若かりし頃?のキャストとは180度の方針転換をしたと言った印象があるが、あの 薪割りアタック が一番好きだったかも知れない。(笑)
               

[PR]
by hisuycast | 2013-01-20 12:28 |   修   行 ( 両腕 )
 1月17日 重量と重力による重心!?。


  「 習うより、慣れよ!。」 とは過去に度々使った諺にも然り、近頃は17mのヘッドにもスッカリ!と慣れ、ライン重量や打ち返し操作にも面倒等とは一切感じられず寧ろ楽しくもあるが、この所で更に “ 慣れた ” と感じられつつある要件には “ 寒さ ” が挙げられ、取り敢えず日差しさえあれば朝晩の寒さに関しては然して気にならないものの、この先は一週間の半分以上に渡って季節風が吹き続ける場合も多く、これは広い場所を必要とするオ・ラマ規定の練習にとっても非常に厄介な時期に差し掛かっているから、いっそ温水の屋内練習場と言った設備が欲しい・・・・、等と思ってしまう時期でもある。(笑)

f0084561_1517173.jpg


と、言う訳で、オ・ラマ規定のスネーク・ロールも素振りの上である言わば想定上の内容では整いつつあり、後は実践の話となる事からも、再びネタ不足へと陥りつつある為、今一度、キャストのフォームに係わる記述とすると、45度変換に伴って強く意識している 重心軸の傾斜 を推移させる過程で密かに重要な役割を担っている存在が実は “ 頭 ” にあると感じている。

  「 頭を使え!。」 とは、物事を良く考えて行動せよと戒める際などに使う言葉ではあっても、この場合は単純に重量面での話に過ぎず、成人で約4kgもの重量があると言われる頭部の傾斜角度を意識する事で重心軸の傾斜までもの制御に直結している感覚がある事から、斜めで始まるスィープの段階では頭もアンカー側へと傾け、ここからシュートの段階から頭の傾斜角を垂直に戻すと、これが重心軸の角度修正、即ち制御にも繋がり、この傾斜角度が切り替わるタイミングの把握がシングル・スペイでは最も難しいのだと思え、アニメも再びバージョン・アップさせ、デカい頭も改めた!。(笑)

f0084561_15174896.gif


 

[PR]
by hisuycast | 2013-01-17 15:21 |   修   行 ( 両腕 )
 1月15日 角度変換に於けるスネーク・ロールの考察。

  さて、昨日に見舞われた大雪によってか?、スネーク・ロールのアニメも何とか完成し、これを見れば一目瞭然、45度変換のキャスティング理論は完全解明されるも同然?、この時点で既に解説も不要??・・・、とは大袈裟化だったかも知れないが、これまで気付ない事もアホらしくなる程の単純明快な事象に過ぎなかったのは確かだろう・・・。(笑)
f0084561_13593299.gif


  と、その前に・・・、スネーク・ロールの個人的な印象としては比較的に簡単?・・・、と言うべきか、最低でもダブルスペイ等に対しラインを飛ばす原理としては明解でライン・スピードも速く実に有効なキャスト方法と思っていたものの、これは変換する角度は30度以下の場合に過ぎず、この角度が40度辺りを超えた際では結構な難易度として中々真っ当なキャストには至らず、この違いは一体何処にあるのかと個人的には前々から些か不思議に感じつつも、釣りで使うキャストの手段でもなく、大して深く考えないまま過ごしまった事から、今回ここで、変換角度を30度と90度に想定した事例から、その際のキャスト状況を真上から見たキャストのアニメ2つから再現した。

f0084561_1401052.gif














  先ず、上のアニメは変換する角度を凡そ30度の設定としているから、キャスト動作を開始する時点でラインはキャスターから見て斜め前へ位置展開し、当然ながらラインの先端も斜め前方寄りに位置している。
  そして、ここからスネーク・ロールの空中一回転の操作を行なった際、ライン全体には先の入力が伝わると同時に、更にはロッドによってキャスター側へ引き寄せられる作用も発生し、この入力はキャスターの後方へ展開するDループの形成へ還元され、シュートへと結び付ける事が可能となる。

f0084561_1403587.gif















  これに対し、90度変換の場合、ラインはキャスターの側面へ垂直に展開している位置関係から、この後の空中一回転で引き寄せる入力をDループが展開させる後方への方向は著しく異なってしまいDループに蓄積される作用は殆ど空中回転の入力に限られ、これらの影響を最も大きく受けるラインの箇所がティップ寄りとして、シュート後のターンに現れていると考えられる。

  勿論、以上が全てはないが、同じ45度変換ではあってもシングル・スペイと同じ様なキャストとは成り得ない面は致し方なく、これは残念な心境が3割、残りは納得、そして最後が安堵!、と言った所だろう・・・。(笑)



 

[PR]
by hisuycast | 2013-01-15 14:11 |   修   行 ( 両腕 )
 1月13日 45度方向の旋転による打ち出し角。
  既に聞き飽きた言葉ではあるが、今冬は異常に寒いと言え、関東の平野部は日差しに恵まれる限り日中は10℃程の気温は約束され、これを裏切る日は一冬の間、1~2月を中心に数える程度しかない筈だったにも係わらず、こうした陽気の日数が今季は12月の時点より圧倒的多数を占め、これは先日の練習日も例外ではなく、一日中水辺には居ても練習している時間は少なめで、寒さ凌ぎにも “ 川岸の整備 ” に精を出していると、強まり始めた日差しによって一転して汗ばんでしまう始末となる・・・。(笑)

f0084561_13544994.jpg


  斯くして、近頃は等々シングルハンド・ロッドでも9mヘッドに関しては大した課題を見出せず、専ら16ft一本を持ち出すだけで済み、今回に至ってはスネーク・ロールに絞った練習を繰り返し、改善点とされた身体を水平方向へ捻り前後のストロークを稼ぐ動きに意識を置く事で一歩、二歩程度の進展を感じ、今後はタイミングさえ一致すれば概ね解決されると踏んでいるが、当時でもスネーク・ロールと言うキャストの中でも特に45度変換の際に常々感じる点には、やはり直線的な軌道で打ち出すには限界があり、ここに端を発するのか、同時的にシュート角も最終的にはホップする!?・・・と言うのか反り返る感じの状態となる光景が頻繁に見られ、ヘッドの先端は斜め上へ向かってターンを起こした野球のバッテイングで言うポップ・フライ風な打球として着水の時点ではベリー寄りからヒラヒラと落下する状態に陥る傾向が強いと思えてならず、ここから唯一の参考資料である下の映像からジェラルドによる1分45秒以降のシングル・スペイと比較したターンする様子を見ても然りとして、この辺りを次回に検証したいとしても、アニメ化が厄介で困る・・・。(笑)


[PR]
by hisuycast | 2013-01-13 13:58 |   修   行 ( 両腕 )
 1月10日 重心軸を以って45度を制す。


  本年の初めに記述した “ 重心軸 ” の理解に僅かならも進んだと思われた事から、今回、これらの整理に努めたいが、非常に難解である為、怪しい部分やら説明不足、意味不明な点等々が多々ある可能性もあるも、それらも毎度の事ではある・・・。(笑)

f0084561_1651622.gif


  これらは文字通り重心と密接に係わり角度変換を一切伴わないキャストについても該当する面はあるとは思われるも、ここでは自身が開眼する契機となった45度変換のシングル・スペイとして限定した内容とすると、先ずリフトを開始する前の段階に於いて重心軸の傾斜は殆どないに等しいと考えられるが、これは前後から見た際の話でキャスターを側面より見た際では僅かに前へ傾く為、重心の接地面としても軸に当たる足にある若干、前へ屈んだ体勢にあるから、学問的に正確な重心とはロッドを支えているフォア・ハンドの肘から腰辺りと推測される。

f0084561_16511973.gif


  この状態より、スィープによって若干の水平回転が与えられる事により、先の前に傾いた重心軸は同じ角度を維持したままアンカー寄りへ傾くと重心も地面との設置位置としては依然として軸となる足にある反面、先の通り三次元的に見る正確な重心点は外側を移動し、これがスィープでロッドを曲げる源?とも言えるとは随分と無謀だったのかも知れない。(笑)

f0084561_16514579.gif


  そして、重要なのは次からで、ロンチポジションの体勢からシュートへと移り変わる際に外側へと傾いていた重心軸を垂直近くへ導く必要が少なくともオーバーハングが長い状態からのキャストには絶対的に求められ、この段階で重心軸を外側へ傾けたままシュートさせてしまうとヘッドは真っ当には飛ばないが、この角度にも一定内の限度があり、僅かな傾斜は許容範囲と推測され事から、要は一定以上の角度修正が不可欠とも言え、その理想が垂直付近とし、これらを “ 一本背負いの体勢 ” 等と称していたに過ぎない。(笑)

f0084561_1652029.gif


  ここから、ロンチポジション以降からは斜めの重心軸を垂直近くに修正させるに際しては方法が2つ考えられ、その一つである腕による操作を角度変換の伴わないキャストで実践していたが、これを角度変換にも採用させると一旦は外側へ向かっているヘッドを再びキャスター寄りへ導かんとする入力に対してはロッドの弾性によって遅れて反応しアンカー抜けを起こす為、ヘッドの先端がアンカーとして着水した後に事を始めざるを得ないものの、この場合でもシュートへ移るタイミングが遅く真っ当なキャストには至らない。

f0084561_16533540.gif


  よって、残された手段として、ロッドを手にした腕はそのままの状態とし、今度は身体全体をアンカー側へ預けて近付けて横移動させる事で重心軸の傾きを修整させると正常に機能するが、この動きは軸足とは対峙する “ 支え足 ” を突っ張る感じに踏み締める事で簡単に再現出来る。

  と言う訳で、どうやらオ・ラマ規定のキャストでは正確な重心軸の傾斜角修正が大きな割を占め、ここにスネーク・ロールの場合では前後のストロークを如何に加えるかが今後の課題となるも、これらがオーバーハングを通常の設定にした際にも当て嵌まるか否かは全く知る由もない・・・。(笑)



 

[PR]
by hisuycast | 2013-01-10 17:06 |   修   行 ( 両腕 )