ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
<   2006年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧
 8月30日  やっぱりフライが面白い。
  今回も昔話。過去の写真を電子化するいい機会ですが、大した魚も釣った訳でも有りません。
                                一体いつまで続くやら・・・。

  最初の一尾を釣り上げてから三年程経過した。( いや、実はその間の写真が見つかりませんでした。)
  相変わらず春先だけは、上州の神流川のみでフライ・フイッシングをしていたが過去の記事通り、川が急速に荒れ果てて行くのに嫌気が差すと他にも釣り人が少なく、別のいい川が無いかとあちらこちらへと出向く様になる。
f0084561_13533738.jpg
  そして場所は野州の日光地区。当時、やはりルアー釣りもやっていたので、ちょっと渓流でも試して見たくなっていた、山間ではまだ寒さが残る四月の上旬だった。


 
 
 
 
 
 

     =======⇒ もっと見る?。
[PR]
by hisuycast | 2006-08-30 14:08 |   回   想
 8月29日  ウェットに始まりウェットで終わる?。

  さて、従前のパソコンが故障して五日目の本日、漸くその故障品を回収に来る事になっている。
  相変わらず写真も使えず、さて、どうしたものかと考えていると ・ ・ ・ 。
  スキャナーがあったではないか。
  かといって、態々デジタルカメラから一旦プリントしてスキャナーで取り込むのも馬鹿馬鹿しいので、この際、昔のフイルム写真をアルバム代わりにちょっと載せるか。
  しかし、これではブログ本来の 「 ウェブ上の個人日記」 では無くなってしまうのだろうが、今やブログ多種多様化しているらしいし、こちらは既にブログとは呼べない紛い物の部類に入っているので、まぁ良しとするか。(笑)

         ======⇒ 続き、見る?。
[PR]
by hisuycast | 2006-08-29 13:16 |   回   想
 8月28日  ドライフライからウェットフライへ。
  釣り。この一本の巨大な幹からは様々に分類される釣りが幾つも枝分かれし、その中にこのフライフイッシングという一種独特の太い枝がある。
  そして、その太い枝は、又更に枝分かれして実に様々な枝が延びている。通常ならばフライフイシングという太い枝をあちらこちらと渡り歩くのであろうが、何故か自分の場合はそれがあまり無い。

  以前、渓流のフライフイシングを始めるとドライフライしか使わない。正直、少しは浮気したり時に隣の太い枝??飛び乗ったりしたが、どうも性分に合わない様で結局直ぐ止める。
  勿論、湖でのフライフイッシングもやって見たかったのだが、いい季節は重なってしまう。週に一度の釣りではやはり一番やりたい事をしてしまう。

  やがて普通の渓流だけでは物足らず、枝沢というか藪沢で釣りをしていると鬱蒼とした木立にすっぽりと覆われた狭い空間で不自由かつ無理な事をしている様な気持ちになると、今度は逆に本流で釣りをする様になる。ここは開けて広いので実に開放感があり伸び伸びと釣りが出来た。
  しかし、本流と言っても様々で、更に下流の大河川で釣りをする様になると3番ロッド、これ如何にも頼りないしドライフライだけではとても太刀打ち出来ない。

  そこで幼少の頃に少し齧った餌釣りを予てから興味があった事も手伝って、遂に手を出してしまうのだが、安売りの本流竿を一本買ってしまえばお金は然程掛からない、しかも釣れる、面白い。今までの目で見て釣るのでは無く、感覚と想像の釣りとなり今まで手出し出来なかった場所でも魚が飛び出して来た。
  といっても、ドライフライの釣りと併用していたのだが、ある時に餌を採取するのが面倒になり密かに持っていたニンフ等を取り付けて釣りをしていて、ふと思った。「 そうか、本流でのフライフイッシングならばウェットフライがある。」
  それに気が付くとウェットフライでのフライフイッシング一辺倒になり、今もそれが続いているのだが時間と余裕があればドライフライ、餌釣り、ルアー釣りで海でも湖でもあらゆる釣りがしたい。

                                   纏まりの無い内容になって居ります。(笑)
[PR]
by hisuycast | 2006-08-28 13:23 |   回   想
 8月27日  夏か冬か。
  熱帯夜。2週間連続か、10日連続か、一体何日続いたのだろう、既に慣れ掛けた感もあったのだが、昨日、今日と最低気温は25℃を下回り熱帯夜から開放され、最高気温も30℃に達しなかった。
  相変わらず湿度は高いものの、これには随分と助けられる。暑さもこの程度にして貰いたいものだが、ふと思うのは暑さと寒さ、これを釣りをする上で比較すると一体どちらが恵まれているか先日を考えていた。
  その日も暑く日中では釣りという行為をする気持ちには成れない。そこで何をするのかといえばキャストの練習になる。
  釣り竿こそ振り回しているが、魚釣りでは無いので釣り針が付いていない。釣り針が無いので服装は短パン一丁でも危険性は無く、これならば川の中に浸かっていれば結構涼しい。但し、余所様がその姿で見た事も無い”釣り”を見れば相当の変人と見られるのは間違いないので割り切る事が肝心となる。

  さて、こうして先日、真夏の炎天下で考えていたのが、前記の事であった。
  いくら暑いとはいえ、熱中症等に注意すればこうして存分に不自由も無く釣り(キャスト)の練習が出来る。しかし、これが真冬の寒い日ならばどうだろう。
  自分の場合、身体や足の指先の寒さは重ね着をする事で何とか過ごせるものの、手の指先がどうしても堪え切れない。いや、耐えられないというよりは年々血行が悪くなっている為なのか寒さで動かなくなってしまう。これはランニングラインを指に挟んでのキャストとなると致命傷となる。
  更に真冬では遠くの山々から強い季節風が吹き降ろして来ればとても練習にはならない。無理に行ったとしてもラインが吹飛ばされてタイミングやフォームを崩してしまうので、むしろ行わない方がいいと思っている。
  これらに比べればこの気狂い染みた暑さであったとしても、まだこちらの方がいいのだろうが暑過ぎるのもやはり困る、程々にして貰いたい。
[PR]
by hisuycast | 2006-08-27 12:56 |   其 の 他
 8月26日  故障2日目。
  昨日のパソコン故障から2日目。こうして何とかインターネットは使用可能だが、やっぱり不便。兎に角、動きが遅い。クリックしてからCPUが ” カリ、カリ、カリ ・ ・ ・ ” と音を立てるばかりで次のソフトウェアが使用可能状態になるまでに眠くなってしまう。
  その上、確認したいサイトは ” お気に入り ” 登録してしまっていたり、アドレスバーの履歴やらで見ていたので今更URLなど覚えている筈が無い。
  また、電子メールが使用不能に陥った。OUTLOOKを開くとユーザー名とパスワードを尋ねて来るが、こちらも既に忘れている。
  インターネットオークションに入札しようとしても落札時には連絡が取れなくなってしまう。
  更にこちらに写真を投稿しようにも現在デジタルカメラとの接続が正常に機能していない。
  ACDとかいうソウフトはインストールしたのだが、何故かデジタルカメラと接続しても動かない。今までは接続する事によって自動的に何かのプリグラムが作動したのだが??。

  要するにこうやってブログやHPを開設していても、パソコンの事は全く詳しく無いという事を改めて露呈してしまった訳だ。
  そういえば元々パソコン等いうものは、何かオタクぽくて好きではなかったので使い始めて5年位だったろうが、今やパソコンは生活必需品となっている方も少なくはないのではないだろうか。
  そういえば自分の場合、電子メールも使用を始めてまだ一年半程度でパソコンから音声が出力される様になって一年程度だった。

  アレ~、あのパソコン購入してからの設定、全て自分で行ったのに一体どうやったのだったろう?、良くやったよなぁ。
[PR]
by hisuycast | 2006-08-26 12:08 |   其 の 他
 8月25日  緊急事態発生。
  今朝、いつもの如くパソコンの電源をいれると朱色のランプが点滅するのみで一向に立ち上がらない。何度試しても同じ。
  これはマズイ、既にパソコン依存症と化している。何とかしなければ・・・。
  取り敢えずサーポートセンターに連絡して何か復旧への対処法があるかと問いただすと、本体のパネルを外し内部のコネクターを再挿入する事で復旧する事があるというので、早速それを試すも結果は同じ。
  担当者に 「 何か原因となる事に心当たりはありますか。」 と尋ねられるので、あれが悪かったか、これがいけないなかったかと話すもそれら全ては直接の原因では無いと言う。
  そのパソコン、○”○社の一番安い機種で購入してまだ1年と7ヶ月程度なのに・・・、何でだろうかと考えて致し方ないのだが、内部を見た時にはmaide in チ○○○ーズばかりの部品、やっぱりmaide in japan か。
  しかし参った。修理期間は10日程で費用は最低4万円位掛かるというし、・・・。

  で、この投稿はどうやったかって!?。
  こちらは捨てずに保管してあった昔のパソコンで何とかしました。   トホホ!。
   
[PR]
by hisuycast | 2006-08-25 15:33 |   其 の 他
 8月23日  喧騒の痕。 
f0084561_1352115.jpg

  世の中いい事もあれば悪い事もある訳で、今回嫌な事を取り上げるが、毎年のお盆休みと五月の大型連休はあまり好きには成れない。

  その理由の一つは、普段綺麗な河原にも何を考えているのかさっぱり分らない輩が大勢詰め掛けて理解不能な事を仕出かし、とんでもないものを残して行く。

  その最たるものは ・ ・ ・ 。

           ------→ つづき、見る?。
[PR]
by hisuycast | 2006-08-23 13:55 |   其 の 他
 8月22日  「 飛 翠 」用シューティングヘッド。
f0084561_17424925.gif

  既に周知の通り、シューティングヘッドの形状には先端部だけテーパー形状になっているものと両端がテーパーになっているといった概ね二種類の形状に分けられるのではなかろうか。
  自身、これらのラインについては特別の拘りや好みも無く、まぁ、どれでも同じだろうと安易に考える方なのだが、釣りが一段落してしまった最近、久ぶりに13番のインターミディエイトのシューティングヘッドを使用してキャストすると、やはりどうもおかしい。何故かキャストし難いと感じていた。
  実はこの事、以前より感じていたのだが、これはややの浮力を保持させてあるインターミディエイト・ラインの比重の問題なのだろうと思っていた。
  となると、完全に浮くフローティング・ラインは更にキャストが難しくなる筈、だったのだが偶にしか使わなかったこのラインが実に投げ易いのだった。
 
  これは一体何故なのだろうとずっと考えた挙げ句、一つの仮説に辿り着いた。

           ------→ つづき、見る?。
[PR]
by hisuycast | 2006-08-22 12:00 |   仕   掛
 8月21日  鉄砲水。
f0084561_12415952.jpg

  先日の神奈川県、酒匂川での急増水による釣り人死亡事故の当日、この辺りも台風10号による小さな雷雲が過ぎ去ってはまた直ぐにやって来るといった天候で練習も間々成らない状況だった。

f0084561_13283372.gif

   8月17日 関東の気象



   東京電力HPより








  幸いその場は水辺の直ぐ脇まで車が入って行けるので、ハッチバック式である車の荷室に逃げ込む事が出来るのせめてもの救い。
  何せ14尺もあるカーボン製の棒を振り回している。だだった広く何もない河原では雷に向って 「 ここへ落ちて来い。」 と挑発している様なものだ。

           ------→ もっと見ちゃう。
[PR]
by hisuycast | 2006-08-21 13:05 |   自   然
 8月20日  全てのキャストはスペイに通ず。
f0084561_12412129.jpg

  今回のお盆休みでは、久しぶりに12mのシューティングヘッドでキャストを試みたのだが、以外にも実に心地いい印象だった。
  重複してしまうが、これは全く予想外の事だった。それは半年以上も12mはキャストしていなかったという事もあるのだが、以前の8月6日の記事にも触れているように、この 「 飛 翠 」 には10mのシューティングヘッドが最も適しているのでは?と感じ始めていたからだった。
  しかし、久しぶりに訪れた練習場の河川は規模が小さく、平らで遠浅。この状況だと10mのシューティングヘッドではどうしても投げにくい。そう、アンカー抜けを頻発してしまうのだった。

  そこで、最早自分には投げる事が出来なくなっているのでは無いだろうか。といった恐怖心を懐きながらも、恐る恐る12mでキャストして見ると何と、とても投げ易く気持ちがいいといった感触なのだった。
  やはり立ち込んだ水深が浅い場所では12mが良く、水深が太股以上に達すると10mが適しているのだ。そして12mのシューティングヘッドでキャストした 「 飛 翠 」 はやはりスペイキャストに近く、又、飛翠誕生から一年が経過した今、ここから改めてスペイというキャスト法をまた一つ理解出来た様な気がして成らなかった。

f0084561_12413211.jpg

                                                自慰的ネタでゴメンナサイ!。
[PR]
by hisuycast | 2006-08-20 12:49 |   修   行 ( 両腕 )