ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
カテゴリ:  其 の 他( 49 )
 2月8日  冬山の覚醒。

  冬の楽しみと言うと、世間一般にはスキーやスケートのウィンタースポーツが挙げられる一方、自身としては自動車の雪山ドライブが最高の楽しみであって、極端に言うと、サラサラと乾燥した圧雪路をタイヤが転がる感触だけでも堪らなく好きであるから、真っ直ぐな道路をゆっくり走るだけでもいいのだが、嘗て群馬のラリーを疾走していた時代の血も騒ぐと、そんな程度で満足出来る筈もなく、群馬の北部に雪の予報が出ると度に夜な夜な出掛けては車を破壊して帰って来ると言った場合も珍しくはなかった。(笑)

f0084561_1652348.jpg


  斯くして、今週は数年振りにフライ・ロッドも握らずに終えた休日は長野県の八ヶ岳山麓に位置した “ 八千穂レイク ” と言う完全結氷した人造湖でステアリングを握り続けていたとは実に20数年振りの行動とあって、今、自身が当時の感覚を果たして何処まで取り戻せるのか・・・、こんな不安感は当然ながら持ちつつも、いざ当日になって走行を始めた時から一気に吹き飛んでしまい戸惑い等は特に感じなかった反面、気持ちだけが先走った滅茶苦茶な運転は今にして思えば、ブラインド・コーナーの舗装路を走る感覚に近かったが、以前であれば雪、氷と言った路面とでは完全に切り分けた考えで車を走らせていたのでは・・・、こう気付いた時もキャスティングと同じく、後日になって撮影した映像を見た時点だった。
 


 

  そんな訳で、次回はコーナーの進入では早く姿勢を作ろう・・・等と、この所は車方面への関心が断然高まってしまっている・・・。(笑)




[PR]
by hisuycast | 2015-02-08 16:52 |   其 の 他
 3月24日  春よ、届け!。
   
  首都、東京へ衝撃が走ったのは昨日の昼間だったか、水道局の飲用水に乳児が摂取する食品衛生法上の暫定的な基準値を一時的に上回る放射性ヨウ液が検出されたとして、一歳未満の乳児へ与える粉ミルク等への使用を控える勇み足とも囁かれる要請が発表されると、僅か30分程で販売店からは水ペットボトルが一瞬の内に消えたそうで、メディア等から再三に渡って呼び掛けられているにも係わらずの買い占めが横行しており、職場近くのスーパーでも昨日の夕方ではパン類こそ残っていても、相変わらず水や牛乳等が一切ないばかりか、ガソリンスタンドは一回の営業後は4~5日閉店しているのだが、ある情報筋によれば埼玉県は特にガソリンの流通が遅れており、既に都内での混乱は収まっている?とも聞き、この騒動もう暫くの内に終息するだろう。(笑)

  と言う訳で、「 放射線 」 と 「 放射能 」 、 「 放射性物質 」 の具体的な違いを調べて見た。

  先ず、「 放射線 」 とは電磁波や粒子線等の 光 に近いものだそうで、代表的にはアルファ(α)線、ベータ(β)線、ガンマ(γ)線、中性子線等が挙げられるそうだ。
 
  そして、 「 放射能 」 とは放射線を出す 性質 や 能力 を指し、 「 放射性物質 」 は、こうした能力を持つ 物質 を指すとの事で、要するに放射線はレントゲン検査やCTスキャン等、医療でも使われる上、地球上には絶えず降り注いでおり、この数値が少し増えた今回も乳児以外は全く問題ない。

  ですよね・・・、池上さん!!。

f0084561_14142974.jpg


  斯くして、今回の大震災に僅かながらも助太刀が出来ないものかと考え、全くの独り善がりに終るのかも知れないが、義援金や募金活動等々を行なうサイトへと案内するセンスが無いリンク・バナーとやらを幾つか作っていた。
  よって、もし、こちらをご覧になさった方々でご自身のブログやHPを運営なさっていた場合には、これらのリンク・バナーでもお使いの上、こうした支援にも努めて戴きたいと思う次第であります。

  尚、こうしたリンク等の作業に不慣れな方等につきましては、以下のプログラム命令文をコピーし、この中の “ ****** ” のURL部分をお好みのリンク先をご指定してお使い下さい。

  また、エキサイト・ブロガーさんの場合では、「 メモ帳 」 の欄にてご利用出来ますが、他のブログ・サービスに関しましては不明です。


  ――――― パターン 1 ―――――
  
 東日本大震災への募金をお願いします。
 

  ----- コピー命令文 -----

<A HREF="*****" target=_blank ;">
<img src="http://pds.exblog.jp/pds/1/201103/23/61/A2.gif"
border="0" alt=" 大震災の被災地を救おう!。 "</A>



  ――――― パターン 2 ―――――
  
 東日本大震災への募金をお願いします。
 

  ----- コピー命令文 -----

<A HREF="*****" target=_blank ;">
<img src="http://pds.exblog.jp/pds/1/201103/23/61/A3.gif"
border="0" alt=" 大震災の被災地を救おう!。 "</A>



  ――――― パターン 3 ―――――
  
 東日本大震災への募金をお願いします。
 

  ----- コピー命令文 -----

<A HREF="*****" target=_blank ;">
<img src="http://pds.exblog.jp/pds/1/201103/23/61/A5.gif"
border="0" alt=" 大震災の被災地を救おう!。 "</A>


  ――――― パターン 4 ―――――
  
 東日本大震災への募金をお願いします。
 

  ----- コピー命令文 -----

<A HREF="*****" target=_blank ;">
<img src="http://pds.exblog.jp/pds/1/201103/23/61/A6.gif"
border="0" alt=" 大震災の被災地を救おう!。 "</A>



  そして、リンク先として取り敢えず、関東周辺で 「 個人 」 から救援物資を受け付ける窓口を以下に纏めて見ましたが、今日現在では神奈川県、茨城県、栃木県、長野県等では実施出来ていない状況にあるらしく、また最近に必要とされる物資は歯ブラシや調味料に靴等々と実に多種多様に渡っていると聞きます。


    東京都   http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/03/20l3hd00.htm
    千葉県   http://www.pref.chiba.lg.jp/bousai/bousai/kojin-kyuuenbussi.html
    埼玉県    http://www.pref.saitama.lg.jp/page/shienbushi-2.html
    群馬県   http://www.pref.gunma.jp/houdou/a0800010.html
    山梨県   http://www.pref.yamanashi.jp/hokensom/tohokujishin_shien.html#kyuenbussi
    新潟県   http://blog.canpan.info/sss/archive/238
   

  次は、ボランティア活動を受け付ける窓口を紹介しているサイトは こちら となりますが、最近の報道によれば応募人員に不足はないらしい所か、過剰となっている状況らしいので、暫く先になると役立つかも知れません。

                  http://vola.sub.jp/#3

  最後は既に報道各社にても盛んに紹介されている募金、義援金の募集先を纏めた サイト のURLは以下です。

                  http://matome.naver.jp/odai/2130003443547772901


  こうした活動への場所は、ココの様な “ 路地裏 ” からアホが一人で呼び掛けても全く効果が望めない事から、ブロガー諸氏を始め、多くの方々のご協力を得て、独り善がりだろうが、何んだろうが、被災地へと春が届くのであれば・・・・・ワンパクでもいい!、たくましく育って欲しい!。(笑)






 
  
[PR]
by hisuycast | 2011-03-24 14:24 |   其 の 他
 8月16日  台風からの好機。
                                              
  やれやれ、お盆休みの期間中と言えば、ここ数年は日中35度超の猛暑に混雑、渋滞と実に憂鬱、またこの場のネタも無く、すっかりサボり癖が付くと暇潰しに下画像のモノを作っていたりもしていた。(笑)
f0084561_15342286.jpg

  そしてこの間、台風8号と9号が相次いで本州を通り過ぎ8月にしては珍しく大陸からの高気圧に覆われたカラリと湿度の低い絶好の晴天が続き2日連続で練習へと出向いていたが、前々から腕と首だけが黒い事にも違和感があり、2日目には短パン一丁で過ごしていると、こうした気候は紫外線も殊更強いらしく予想以上の日焼けとなって特に足が痛い。
  風呂は勿論、しゃがむ等、皮膚が張る度に激痛が走り歩く事さえ儘ならず、更には胃の調子も悪く食欲も減退する等、体調にまでも異変が現れた突然の夏バテで晴天下にはもう懲り懲りで雨空を待ち侘びているものの週間予報を見る限り暫くは期待出来ないのだが、このカラリとした大陸質の気候は後4~5日も続く様子で最高気温は30度程度に加え、最低気温も20度と明らかに涼しく、この間には鱒達の活性も少しは向上する可能性もある。
f0084561_15344947.jpg

  斯くして、休み明けはお天気ネタへ移行したまま終了~!。(笑)
  
[PR]
by hisuycast | 2009-08-16 15:40 |   其 の 他
 2月7日  今、そこにあった危機。
  やれやれ、漸くパソコンが復旧した。
  数日前、電源を入れると意味不明の英文メッセージが表示され、DELL社のオペレーターサービスに問い合わせ幾つかの操作を試みるも一向に普及せず、結果として再フォーマットしシステム全般をインストール必要があるとの事だったが、これに伴いハードディスク上の全データは消失する為、USBケーブルを接続し別のパソコンからデータを取り出す装置の購入を勧められ早速これに着手したが家族の所有するパソコンでは処理速度が遅く、またハードディスク内のデータとは単に保存した内容だけではなく過去に参照だけしたファイルも残されており、その数は膨大で肝心の仕事に必要な対象ファイルを探し出すのに数時間を要した上、折角探し出したデータのコピーを試みると何故か “ ショートカット ” にしかならない。
  
  そこで、地元の詳しい方に対策を尋ねると、先ずは効率化を図る為にも別売りのハードディスクを購入し、ついで処理速度も速めるにも メモリー を増設すると良いと聞かされ再び隣町のパソコン専門店へ出向く羽目になったが、ここからが更なる悪夢の始まりだった。
  
  当初、ハードディスクは標準装備と同じ容量の160GBで済ませる予定だったものの、これが売切れであった為に320GBとメモリーは512MBを購入、それぞれを早速取り付け終えると今度は電源も入らない状態になってしまい再びオペレーターサービスに問い合わせ増設したメモリーと標準装備のメモリーを何度も付け替えは繰り返し診断作業に移ると、どうも購入したメモリーは欠陥品であったらしい事が判明し、止む無くメモリーの増設は諦め交換した160GBのハードディスクでフォーマット作業に入ったが、この作業に多大な時間が掛かり、既に帰宅時間を迎えていた変人は疲れ果ててディスプレイの電源のみを落とし、パソコン本体の電源は入れたまま職場を後にしたが、ここで2階に住む家族に対し 「 パソコンには一切触るな 」 と忠告しなかったのも悪夢の再現で翌朝になると心配だったパソコンの電源ランプは見事に消えていた。(涙!)
  
  ここで再度ここまでの経緯をオペレーターサービスに問い合わせると、案の定その様な事で電源が落ちるとは考え難いとの返答で、ここから仕切り直しに再度フォーマットの作業を開始すると今度はこの段階からエラーになってしまい、その原因を探りつつ先方のオペレーターに調べて貰うと、何と!元々このパソコンは160GBまでのハードディスクにしか対応していなかったと言い出されてしまい、結果パソコン専門店で購入した320GBのハードディスクが原因だろうとの結果になってしまった。
  
  え“~、だって昨日は、このハードディスクでも動いたのに・・・!!。とは言いたかったが、変人としても過去のデータは何んぞは既にどうでも良くなりつつあった為、結局は純正のハードディスクでフォーマットとシステムのインストールを開始し過去は全て消し去る決断をした数時間後、三日振りにウィンドウズの画面が現れたのだが、ここからインターネットの復旧までに更に一日の時間を要した。
  
  幾ら阿呆な変人でもパソコンを使い始め6~7年は経過している。まさか回線一つのインターネット接続に戸惑うとは考えもしなかったのだが、やはりパソコンのオペレーターに問い合わせると 「 ケーブル接続部分にランプが点灯しないのはモデム側に不具合が生じている 」 との事で次にモデム側のオペレーターに問い合わせると 「 “ NIC ” がインストールされていない 」 と言う。ここで再度パソコン側のオペレーターに問い合わせると 「 パソコン本体の機械的損傷もありますが、手間暇を考えるとモデムケーブル等を先に調べて診ては如何でしょう 」 との返答で再度モデム側の工事係に直接診断して戴くと何と全く無関係である別のケーブルを差し込んでいた事が判明した。
  
  少し前までは長らく ISDN回線 とやらを使用していたものの、度重なる電話勧誘攻撃によって変人の家族が IP回線 へと切り替えており、変人は未使用となっていた旧ISDN回線をパソコンに接続していたのが原因でこれを正すと呆気なくインターネットも復旧したのだが、パソコンは4年前に購入した真っ白な状態である為些か不便な点もあり、後は何故かビデオカメラとの接続が出来ない。
     
  但し、今回の一件でも色々と勉強になり、その際たるはバックアップを定期的に行う事だが、欠陥が発覚したメモリーを返品した際、このパソコン専門店でも、こうしたデータの普及作業等を取り扱っていたのを今更ながら気が付いたは後悔が残った。(笑)
    
[PR]
by hisuycast | 2009-02-07 11:33 |   其 の 他
 1月2日  謹賀新年。
f0084561_15404456.gif


f0084561_1541467.gif

















  今年の年末年始も冬型の気圧配置となって天候としては良くも、連日強風が吹き荒れている。
  よって、練習する時間帯としては朝方に限られてしまい本日も朝の数時間を練習に出掛けて来たが日差しがあり無風であれば気温2℃程度でも意外と暖かく、日中の気温10℃に風速7mの方が寒いのではないかと思っていた。
 
f0084561_1610545.jpg

 と言う訳で、明日も風が強まる前の数時間を目当てに練習へ行こうと考えているのだが、これでは午後になると他にやる事が見当たらなく、今もPCをイジっていた。(笑)
  
[PR]
by hisuycast | 2009-01-02 16:11 |   其 の 他
 12月19日  据え置きの稀少。
  ダブルハンド・ロッドの世界にどっぷりと浸かり、気が付けば5~6年の歳月が経過し、所有するロッドも12~17ftまで11本程に増えるも、何故か15ftという長さのロッドだけが欠け、どうしても15ftのロッドを後一本欲していたが、遂に念願の15ft、ウィンストン・スペイを凡そ3年越しで手に入れ、先日は試しに振って来た。
f0084561_15485686.jpg

  一本所持する同シリーズの12ftは “ 超 ” が付く程のウルトラ・スローアクションで7番指定でありながら5番ラインでも使えそうな位柔軟なロッドであったが、同じアクション設定ながら15ftの10番ともなると結構しっかりしており、これでスローなのかと思えた。
  長さとしての印象では、既に17ftまで扱っていると完全に麻痺しているらしく、14ftと大差が無く軽量で丁度いい長さ、と言った気がしなくもないのは重量やアクションから齎される感覚なのか、それとも15ftと16ftの差に一つの境界線があるのか・・・。

  このロッドに合うヘッドは、本来10mで28~30g程度で良いと思えるも今回は横着をしてログネスと同じ34gでキャストしたが、これでも全く問題は無く、柔軟なティップはスィープで粘りアンカー抜け等を防止して非常に扱い易く、これはログネスに欠けている利点で羨ましくも感じていた。
  正直言えば、ログネスはティップだけが硬過ぎ、この箇所だけを改善させたならば、ここまでキャストに苦労せずに住むのではないかと思えてしまうのは単なる被害妄想とは考え難く、こうしたキャストは如何なるアクションのロッドにせよ最低限は少し位は柔軟なティップを持ったロッドが過去の経験上でも扱い易い事だけは間違い。
 
f0084561_15492782.jpg

  いや~、それにしても、グリーン・ブランク、それもウィンストンのロッドは良く、こんな一昔前のロッドでも未だ人気があってか3年待ってお値段据え置きだったのは想定外。
  今やスペイロッドでもファースト・アクション系が主流になりつつある気配にも係わらず、こんな柔らかいロッド、皆、何に使うのだろうと不思議に感じたが、逆に柔らかいロッドが少なくなりつつある現状であるからこそ稀少価値が強まっていたりするのだろうか?。
  まぁ、何れにしても、ちょっと無理したな。(笑)
  
[PR]
by hisuycast | 2008-12-19 15:55 |   其 の 他
 10月22日  時勢に屈した自制心。
  その昔、憧れを抱きつつも諦めていたロッドがあった。
  元々どんな釣りにおいても長い釣竿が好きな変人にとっては、それがフライロッドになったとしても、こうした 長さ への憧れは当然の成り行きだったとも言え、また少し前の時代まで、フライの長竿と言えば種類は少ない上、高額な商品で到底手の届かない 高嶺の花 だった。
  しかし、釣具の世界でも中古市場が開拓され、そして広く一般にも流通する時代へと移り変ると、そんな高嶺の花だった高級品も何時しか変人でも手の届く範囲にまで下落していたのは 時勢 も感じさせる。
  こうして、時 勢 によって 自 制 する事が出来ずに ・ ・ ・ 、


                       ↓


                       ↓


                       ↓


                       ↓

                  
                       ↓



  SS1712D。西暦2000年記念モデル、ミレニアム・グリ~ン、いざ 降 臨 !。(笑)
f0084561_16462953.jpg


  この12本目?となるダブルハンド・ロッド、早速、室内で繋いで見ると案外柔らかくて一安心、これならばヘンテコ・スペイでも問題ないだろう。
  ファーストアクション系のロッドは3本目でも、散々使い込まれ、擦り傷だらけのグリーン・ブランクはウィンストンLT-SPEYよりも曲がり始める箇所は中央寄りに位置しティップも柔軟、よって予想以上に扱い易い印象があり、ログネスと同じラインが使えそうな予感さえする。

  但し、やはり少々重い。17ftの中央付近から先はズシッとした印象からは、重量バランスに優れるログネスが遥かに軽く感じられ、16ftすら悪戦苦闘している現状で、この1712Dが扱える筈がない。
  では、それが解っているにも係わらず一体何故入手したのだろう??。
f0084561_16471647.jpg

  もしやこれ、「 このロッドを以って、ログネスを制しなさい。」 という、神様の有難き思し召し??。
  確かに、これを使い始めれば、ログネスなんか恐れるに足らないかも・・・?!。

  あ~ぁ、それにしても、やっちまったなぁ~。

                              自制!出来ずに自省中!!。
 
[PR]
by hisuycast | 2008-10-22 17:14 |   其 の 他
 10月6日  雑踏と閑散。
  今回は、真っ当な話題へと正そう。  
  という訳で釣りのイベントなるものを初めて見学した話だが、変人が出向くとすれば、やはりフライフィッシング、それもスペイであり、昨日、埼玉県の上尾市で開催された スペイキャスティング競技会 だった。
  とは言え、競技自体には大した興味は無く、本来は前日に行われていた ロッドの試し振り が真の目当てだったが、諸般の事情によって後日の競技会だけでも見学しようといった運びとなった。(笑)
f0084561_1319467.jpg

  この会場に到着したのは、午後1時半頃、既に一回目の競技を終え、何故か裸足となっている Mr. Tyler Kushnir によるスカジット・キャストの講習が行われていたが、日曜日であっても人は疎らで、フライの専門誌等にも登場する某有名人も4~5人?見掛け、幾ら人気のあるスペイでも競技会となると、まだまだマイナーイベントなのか、講習見学者 = 競技参加者 で彼らも殆ど常連?、よって、ほぼ顔見知り通しの集会と言った雰囲気が強く、一般の見学者は少ない印象がした。

  そんな事もあってか、折角ロッドメーカー数社の展示場には御自慢の商品が並べられている様ではあっても、肝心の担当者は不在でブースは殆ど閑散とした状態。よって、これらは展示品であるのか、それとも競技参加者用の道具であるのかが初めて変人には判らず実に気が引ける。
 
  こんな中、唯一メーカー展示場に担当者が常駐していたのが、シマノ社。
f0084561_13192060.jpg

  しかし、ラインの通してあるダブルハンド・ロッドは一人の若者に長時間独占されてしまい幾ら待つも戻される様子が見られない。止む無くシングルハンドの#5ロッドで少し遊ばせて貰う事にすると、今度はキャストする場所が無い。
  元々ここは遊泳用のプールでもあり、フライではお世辞にも広いとは言えず、オーバーヘッド・キャストが出来る箇所も極僅か。
  ここから岸と平行にキャストする事になるのだが、競技に備えて練習をしている方は皆ロングベリーラインで広いキャスティング・スペースを要し、時にラインとラインが交錯する様な間隔でなされていたりもする。
  その上、プールの縁に腰掛けてそれらを見ている人、競技内容をビデオ撮影している人等、あれやこれやと、この程度の空間ではやっぱり人が多く、普段こんな雑踏に踏み入る事の少ない変人としては遠慮、遠慮で大した成果は得られなかった。

  こうして考えて見ると、普段、断りも無く黙って釣り場に割り込んで来る人達の感覚が何となくでも理解出来てしまうから恐ろしい。
  要するに、日頃雑踏で釣りをしていると、遠慮ばかりでは何も出来ない事を徹底的に思い知らされていた訳なのだろうが、あの様には決してなりたくない。

  でも、次回こんな催しに出向く事があったら、もう少しだけ大胆になってやろうと思うのだが、その肝心なキャスティング競技の最終結果も勿論、知る由も無い。(笑)
   
[PR]
by hisuycast | 2008-10-06 13:32 |   其 の 他
 8月11日  「 飛 翠 」 動画発表!!。
  “ 石の上にも3年 ” という諺があるが、「 飛 翠 」 と名付けた阿呆臭くも実に馬鹿げたキャストも気が付けば誕生以来3年という歳月が経過し、こうしたフライのキャスティングがやっと少しずつ理解出来つつある様な気もしている。
  そこで、予てより製作していた我がhisuycast広告用動画 も完成、また生誕3周年を記念して今回お披露目しようと思う。(笑)
f0084561_15214653.jpg

  思えば、つい数年前までは電子メールの使い方も解からなかった変人も、やがてはHTMLとやらを何とか覚え、遂にはHPまで作成、その後はGIFとやらにまで手を出し、パソコンやインターネットの世界にどっぷりと浸かってはいても、流行のユーチューブ等に見られる動画の編集は一体どうやって行うのか皆目見当が付かなかった。
  キャスティングを覚える為に購入したビデオカメラ。これには編集用らしきソフトウェアも付属されていたが、これは何度挑戦しても使用法がさっぱり解らず、動画の編集作業とは酷く難しいのだろうと何時しか諦めていた。
  ところが、暫くすると動画編集ソフトも無料で提供している事を知り、中から数種類をダウンロードしたものの、良さそうなソフトは日本語には対応しておらず結局使えずじまいだったが、最終的に当該ウィンドウズXPには初めから “ ムービーメーカー ” という便利なソフトがインストールされていた事を全く知らなかった。(笑)

  やれやれ、これでやっと動画の編集に取り掛かる事が出来ると思ったのは束の間、何と今度は撮影したビデオカメラの映像がムービーメーカーへ取り込む事が出来ない。
  色々と調べると動画には様々なファイル形式があり、これらは互換性が無いモノが多々あると知った。ここで再度挫折しつつも、諦め悪く何か方法が無いかと調べていると、こうしたファイルを変換する “ QTコンバーター ” なる無償ソフトの存在を知り、これで解決した。
  さて、いよいよ動画の編集に入り、この操作もさぞかし難解なのだろうと思いきや、これが意外と単純で簡単。そして何と言っても面白く、こうしたパソコンによるモノ作りも実に楽しい。これまで音楽の挿入等もどうやって行うのかと思っていた作業も案外簡単だった。(笑)

  こうして謎の動画編集は予想以上に呆気なかったが、残る問題はBGMにあった。
  妙に凝り性な変人としては何か良いBGMは無いかとは思ってはいても、ここには音楽著作権という高き壁があり、ここで再度検索していると音楽業界には インディーズ という世界があり、これに目を付けた。
  ここより、クラッシク系からパンクまで幅広く聞き漁っていると P.P.P. という女性 ヘヴィメタルユニットの 「 最後の審判 」 という曲がとても気に入り、更にはBGMとして使わせて戴く事の御承諾を快く頂戴し、晴れて完成する運びとなった。

                      

  内容としては過去の映像から少し景色のいい場面を掻き集めた程度で決して新しくも無く、また下手クソなキャストを如何にもカッコつけた編集まで加えた動画とし、果たして世に送り出してもいいのだろうかと感じつつ、結局やってしまうあたりは、我ながら呆れるのだが、ヘヴィメタル ヴィ をローマ字入力すると v y i となる事も今回インターネットで初めて知った。(笑!)
  
[PR]
by hisuycast | 2008-08-11 15:37 |   其 の 他
 3月4日  情報掌握。
  釣りに係わる情報として欠かせないのが気象や水温だが、河川の釣りともなると “ 水位 “ も常時気になる。
  今期の冬も当初は “ 暖冬 ” と目されていたが、年明け以降から2月にかけて日本海側、北部山岳地帯では冬らしい例年並み程度の積雪量になったと見られ、今年の春は雪代の豊富な本流らしい流れが2年振りに戻って来るだろう。
  そうなると、河川の水位状況を欠かさず確認する必要性もあるが、これは現在こそパソコンさえあれば何時でも確認出来ても外出先や釣りの最中では中々そうは行かず、6~7年前の携帯電話から例の “ 電話番号ポータビリティー制度 ” とかで新型機種へと買い換えても結局は データ容量が不足? とか何とやら、パソコンと同様にインターネットから気象や水位の情報を表示出来ない。万一、表示されても縦横のスクロールが可能なパソコン画面とは違い、携帯電話の画面は縦のスクロール機能しか持ち合わせておらず何とも見難いといった状況にあった。
  一方では、 “ 携帯サイト ” なる何やら怪しげな存在はニュース等の報道から聞かされてはいても一体どんなモノであるのかは良く知らず、また興味も湧かなかったが、何と!、つい先日この “ 携帯サイト ” とやらに雨量状況や河川の水位を常時公開している実に有り難い 情報発信源 を発見し、これと同時に “ 携帯サイト ” というモノがやっと理解出来た上に色々な使用方法の勉強にもなった。(笑)
f0084561_11451474.gif

  元々は群馬県と新潟県境を結ぶ国道の道路状況を発信しているサイトでも、それらの発信内容は国土交通省河川局が所持する北海道から沖縄まで日本全国の各河川情報等にも及び大変便利。よって、これからは現場に居ながらも、こうした情報を携帯電話からも気軽に入手出来る時代へと突入していたのだ。

  と言う訳で、今回は “ 修行ネタ ” を一休みして、こんな便利情報を紹介する運びとなったものの、これは実に5年もの前から、こうした河川状況等も携帯サイトで発信していたらしく、知らぬは “ モバイル ” とやらを理解していない時代遅れのオジさん連中で世間一般的には既に周知の事だったりするのかな?。
    
                 
                       ※クリックしても何も起こりません。(笑)
  
  しかしまぁ、コリャ便利だ。 群馬かわみちi
f0084561_11453977.gif

  尚、地元の皆さんへ業務連絡!。
 ここでは、アノ水位観測地点の発信はありませんが、某下流の観測地点の数値を簡単な方程式化すると全く同じ数値になります。
  また携帯電話への登録は、PCから携帯電話へURLをメールし、ここから 「 お気に入り 」 登録するか、URLをコピーすると簡単でした。
 
[PR]
by hisuycast | 2008-03-04 12:00 |   其 の 他