ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月23日  同工異曲。
  先日、ダブルハンドの練習でも前進したのか、それとも一歩後退したのか何とも判断の難しい状況にあり、左右のキャスト共にシングルハンドと同じ症状で、シュートは縦から斜めにし、再び縦に戻すと言った具合から、横テーリング?とも言える様な訳の解らないループが出現しているのは、縦振りの意識と斜め振りの癖が競り合い混沌としている真最中なのだと思う。(笑)
 
  但、キャスト映像を見る限り右の抜上式は前回に比べ、再び斜め振りに戻ってしまっているのだが、何故そうなったのか、前回と今回との違いを検証しているとロンチポジションで構えるロッド、腕の位置が全く異なり、腕全体が高い 「 くの字型 」 の前回に対し、今回は平均的な 「 L型 」 の構えに戻っていた。
f0084561_14405411.gif

  これは前回に疲労を覚え、その原因は腕の位置が高過ぎるのでは無いかと考えてしまった事にもあるが今にして見れば、実はこの高い腕の位置で正解だったのでは考え始めるに至ったのは、やはり腕の振り方にあり、ロッドを可能な限り縦に振る場合は腕全体を高く振り上げた方が効率的で場合によっては必然的にそうなるのでは無いかと思った。

  確かに、鏡に向って素振りをしていると低い位置からロッドを縦に振る場合には重心も左右何れかに偏った “ 肩口の構え ” となり頭が実に邪魔な存在で時としてグリップと接触する。
  この為、邪魔な頭を避けてロッドを縦に振ろうとすると結果として斜め振りに陥り易く、一旦は幾分斜めに動き、その後縦に戻す様な動作になってしまう。

  更に数日前の 「 二段絞り 」 によってロンチポジションでロッドグリップを内側に捻り肘を前に突き出すのはロッドが後方に傾斜し過ぎるとも考えていたが、両腕を高く振り上げた “ 頭上の構え ” にする事によって邪魔だった頭の上をグリップが通過、また腕も伸びる為にロッドの後方傾斜の何れも解決し、これによって重心は左右何れからの動作でも常に中央に位置すると言った縦型シュートにとって実に理想的な構えは正に “ ネス・スタイル ” にも似る。
f0084561_1471972.gif

  そして最近、俄かに脚光を集めつつあるネス・スタイル。これを某著名人より習っているある方から聞いた話によれば、変人が考え取り入れる様になった動作と妙に一致する点が多く、ロンチポジションからシュートでは少しに紹介した 「 ダスティ・ローデスのエルボー型 」 の構えから肘を前に突き出して降ろすと言った意識で行い、またスィープ時は 「 縦のハーフサークル 」 にも似たグリップエンドを積極的に利用する操作をも行うそうだ。
  「 ダスティ・ローデスのエルボー型 」 はシングルハンドのアンダーハンド・キャストからのヒント、 「 縦のハーフサークル 」 はダブルハンドでのアンダーハンド・キャストを真似た方法であり、こうして考えると共通点も多い。





f0084561_15553438.gif










  よって、縦のシュートを限りなく追及した結果がネス・スタイルの様なオーバーヘッド型のキャストで、変人の行き着く縦型シュートも今が旬のネス・スタイルへと近づきつつあるのかも知れない。
  
[PR]
by hisuycast | 2008-12-23 14:17 |   修   行 ( 両腕 )
<<  12月24日  源清流清。  12月21日  横の歪み。 >>