ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 2月17日  着陸と落下。
  ログネスによる 反転式 にも慣れつつあったが、どうも左のキャストとなると何処かしっくり来ない。シュートした際、ラインと水面との接触面が多いらしく長い水飛沫が上がる事からタイミングが遅れているのだろうと判断し、これに注意して肩の力を抜いてコンパクトなキャストを何度試みても大した改善がなされずにいたが、後日になって久し振りに撮影した映像を見て原因が解明された。
  こうしたキャスト映像も殆ど背後から撮影しているが、今回は側面から左右両方の映像を比較すると更にはっきりする。




  右では低めの角度から所謂 “ 逆への字 ” のスイープでラインは先端がやや斜めに垂れ下がると丁度、水上飛行機が着水する様に水面と接触しているが、左ではラインを高く持ち上げてしまい真上から水面と平行にバタンと落水する様な格好になってしまっている。要するにスペイで言う “ 逆への字 ” の動作がまるで出来ていなかった。

f0084561_15323591.gif

f0084561_15325147.gif











  やはり一人の練習では面倒であっても、しっかりと撮影を行い診断するに越した事はなかったが、この角度で見ていると違っている様でも、やはり ” スペイ ” だったのだと、極当たり前の事を改めて感じさせられる。
  
[PR]
by hisuycast | 2008-02-17 16:02 |   修   行 ( 両腕 )
<<  2月19日  蝸牛の微動。  2月14日  煌く潮の香り。 >>