ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 2月4日  両刀論法。
  ログネスにも少し慣れ始めた先週の練習では、何時しか購入当初の “ パキパキ ” と言うか “ ゴリッ、ゴリッ ” といった印象も薄れ、滑らかで柔軟な印象へと変わり、何か好みの色に染まり始め次第に理想とするアクションに一層近づいている感じもするが、欲を言えばティップ寄りがまだまだ硬い。別に、ロングベリーラインを扱うでも無く寧ろヘナヘナでもいいかも知れない。(笑)
f0084561_1264750.jpg

  課題である左の反転式も順調な仕上がり具合と言え、こうした長いロッド特有とも思える剣道の “ 面打ち ” 、更には “ 寸止め “ の様な?シュート感覚が掴め始めているが、シングルハンド・ロッドでの癖が出てしまうのか気を抜くと下グリップを引き付ける動作が疎かになり上のグリップを押し込んでシュートしている。
  これは不自由な左ならではの感触だとは思うが、何か上グリップだけを押し込んでシュートしてしまうとティップしか使っていない印象だが、これが下グリップの引き付けまでが併用出来ていると “ グォン ” とバットまで曲がっている感じがする。
  また、このところ疎かになっていた 十字反転式 を長くリフト力のあるこのログネスで始めて練習すると、これが以外にも使い勝手が悪くない様にも思えるが、単なる思い過ごしかも知れない。(笑)
f0084561_12191271.jpg

  反転式。これの秘訣としては、シューティングヘッドを前方へ半分程に折り畳みつつも、これを身体から遠過ぎず近過ぎもしない位置へ導くといった事前操作にあり、これさえが出来てしまえば後はスイープしてシュートするのみで殆ど問題ないが、14ftのロッドでは扱い易くはあっても “ 絶対的な長さ ” という壁から既にラインを抜き上げる能力が劣り先端は沈んでいる事が多く、本来なら他のキャスト同様に毎度お馴染みのロールアップを行った後にラインを一直線状に水面に乗せて操作したいところではある。
  ところが、16ftもの丈寸になると10m程度の沈んだラインでは更に先端まで軽々と水面から引き摺り出してしまう事から、毎回毎度のロールアップを一々行わずとも、後はこちら側が如何にしてラインを操る技術を身に付けるかに尽きる気がしてならないという発想は 「 飛 翠 」 一連のキャストと同じでもあり、後は “ 十字切り ” の動作からであっても如何にしてシュート前の事前操作を安定して行うという難題が残ってはいるものの、少々面倒でも “ 二段反転式 ” という選択肢もあり、特に十字反転式が無くとも、これと言って困る訳でも無いといった思考が些かながらも交錯し、こうして訳の分からない記述をしているのも相変らずだ。(笑)
 
[PR]
by hisuycast | 2008-02-04 12:19 |   修   行 ( 両腕 )
<<  2月7日  啓蟄を待つ。  2月1日  司る常識。 >>