ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 1月18日  神からの訓戒。
  16ftという久し振りの長さと強さから頭の中で今一つ整理が付かなかったが、今回の練習では感性をリセットし ログネス をじっくりと味わっていた。
  美しくも真新しいグリーンのブランクをティップから繋ぐ。しっかりとした造りのフェルールは3箇所共にスッと重なり合うと、やがては一本の “ ロッド ” となったが、グリップがやたらと太く竿袋から引っ張り出すのに苦労し、危うくも早速落としそうになる。(笑)
  先週手にした時以来、16ftという長さを意識し、極ショートストロークでキャストする素振りも繰り返していた為か、以外にも一投目から心地良くキャスト出来た。
  右、左、抜上式や反転式と一通りのキャストを行っては、こいつの感触を何度も確認する。
  ロッドの中央から少し下がったバット寄りから曲がり始める感じだが、跳ね返りは早く “ シャキッ ” と戻り、硬めのティップは最近のスペイロッド風?と言った感じだろうか。
  ここで今一度これまで使っていたKⅡの16ftでもキャストすると、その違いは鮮明になった。
f0084561_1224837.jpg

 散々使い込んだKⅡ16ftは当初からすると随分と曲がる様になり、また以外にも気持ち良くキャストも出来て結構な飛距離が出せるが、相変らず跳ね返りが早く “ スパン、スパン。” と即座に弾いて、各動作も早く確実に行わなければならず、このタイミングを掴むのが難しい。
  一方ログネスは、返りが早くとも最新鋭のフライロッドとは、これまでとは何処か違う印象と、そして素材そのものも何かが違うのか、バット寄りから曲がって少しの “ 溜め ” を取れ、ティップからの入力を ググッ と極一瞬に “ 粘り ” 、これをバット側へと蓄積した後は途方も無い数倍のトルクに増幅して、一気に弾き返すと言った独特の感覚はタイミングの把握をも容易にしてくれる印象だが、こんな表現をすると何やらマンガにでも登場する宇宙兵器の様でもある。(笑!)

  と、まぁ実際にフローティングではあるが、14ft等では抵抗感というか飛ばないと感じるモノコアのランニングライン。これを更に、流れに漂わせたままといった具合の飛ばすには実に不利な状況からでも、高い位置からのシュートはスルスルと軽く23m程のランニングラインを引き摺り上げて着水した。
  但し、当初軽いと感じたものの実は昨今のロッドと同様に軽量でも無く、長らく振っていると、久し振りの16ftという長さは支えているだけでも重かった。
  KⅡはロッドの中央付近にズシリと重みを感じたが、ログネスは先端に鳩でも止まっている?!かの様な重み感じ始め、それまで取り付けていた軽いリールからバランスに見合う重いリールを取り付けると、今度は肩が凝ってしまった。(笑)
  しかし、この重みも信仰を持って接すれば、このログネスを生み出した “ 神様 ” が力任せにロッドを振るのが大好きな変人に対し、 「 決して力を入れて振ってはならぬ。」 とご訓戒を下さるべく、敢えて授けて下さった実に有り難き “ 重み ” であると固く信じ、日々修行に励む事にするのであるが、そうなるとリールも ” アレ ” にする必要があるのかな??。
 
f0084561_11532857.jpg

  
[PR]
by hisuycast | 2008-01-18 12:11 |   修   行 ( 両腕 )
<<  1月20日  二本目の枝。  1月15日  出会いは苦悩へ... >>