ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月5日  水平と垂直の半円。

  ダブルハンド・ロッドによる左の反転式でもシングルハンドのダブルスペイに同じく、どうもスリークォーター気味でキャストしてしまう事があり、これはただの素振りであっても同じ傾向が見られた。これはスイープの動作にも原因があるという事までは解ってはいたものの、具体的な改善策となる腕の操作が、もう一つ理解してはいなかったのだ。
  右のスイープは何か極自然で楽な動作だが、左では何か不自然で窮屈、そして行っていても疲れるというか違和感をも覚える。この差は、単純に利き腕との違いだけとは思えない。
f0084561_1134636.jpg

  こうして夜な夜なの素振りを繰り返していた先日の夜、鏡に向かい左右から同じ操作を繰り返している内に、ふとこれらの打開策が見えた。それは下側になる腕、アンダーグリップの使い方に違いがあるという結論だった。

  右では、ラインを折り畳んだ後の操作はアンダーグリップを握った左手でグルリと回す様に行っており、正にこれは方向こそ違うもののアンダーハンドキャストで言う “ ハーフサークル ” に見えた。
  早速これを左の動作でも実践すると実に楽。これによって極自然な動きとなって、ロンチポジションのロッド角度も垂直付近に近づく事となった。
  これらも一つの方法に過ぎないのかも知れないが、右と左の決定的な違いはここにあり、今迄左のスイープは上腕のみで行おうとしていたのだ。
  そして、これは抜上式でも同じではないのかと直ぐに “ 垂直のハーフサークル ” を意識してロッドを操作すると、右でも左でも操作が楽で滑らかになったと感じられる。

  常にラインが先まで一直線に延びている状態からスイープするシングルスペイやアンダーハンドのロッドティップは常時上を向いている事から、その対極にあるグリップエンドは下を向いている。
  そうした様子を毎度の YouTube動画 から見ていると、最終的に少し振り上げている動作 ( ドリフト? ) を伴ってはいるが、概ね身体の手前から奥に向って行う “ 水平のハーフサークル ” を描いている。
f0084561_11193449.gif

  これに対しペリーポーク系のキャストでは、ラインを一時手前寄りに折り曲げるという操作がある為に、そのロッドティップは水面付近からスイープされる事も多くある。
  するとそのアンダーグリップの角度は、前者とは違ってキャスター側に横向きにあり、そこからスイープで描かれるハーフサークルは大凡、下方から上昇させる “垂直のハーフサークル ” であると思える。
f0084561_1122558.gif

  要するに、右では知らず内にアンダーハンドキャストの様な動作を何時の間にか取り入れていたと考えられ、これを逆に言えば、こうしたキャスティング動作は全て通ずる要素があるという事を改めて感じる。
  
[PR]
by hisuycast | 2007-12-05 12:09 |   修   行 ( 両腕 )
<<  12月8日  膠着の左。  12月2日  過去からの解離。 >>