ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 10月17日  猫 背。
  こんなキャストを始めて2年が経過し、シュート前のライン操作、折り畳み方に関しては、ほぼ解決した感触で、残る課題は思い描いた通りのライン操作が完璧に達するまで練習を繰り返すしかない。
  しかし、シュート時の動作では既にこれまで幾度かの変更を繰り返し、今、また16ftという重く硬いロッドを力み過ぎてキャストしている為か、右のフォームを崩している。
  元々は、小さく鋭くシュートする事から始まったのだが、一年程前から遠くへ飛ばすという課題を意識し大きな動作を心掛け、その結果シュートして腕が延びる直前に背中が曲がるという悪い癖が定着し、飛び出したループの上側が窪み、そこからテーリングを起こしている。
  このシュート時に背中を丸める傾向は、利き腕である右のキャストにだけ現れる事から、一体何時から身に付いた癖なのか全く分からない。もしや渓流ドライフライの頃にまで遡るとすれば、途方もない歳月を経ており、最早この癖を修正するのは並大抵ではないと思われ、実際、1ヶ月程前から、これに注意払ってキャストしているつもりでも、後日撮影した映像では殆ど改善されていない。
  では、どうするのか。
  色々と考え、そして様々な人達のキャスト映像を見ていて辿り着いた結論が、野球の打撃、ボクシング、スキーのジャンプ競技を始めとする数々のスポーツでは既に定着している前屈みで構える前傾姿勢 “ Crouching style ” クラウチングスタイルだ。
  どうせ背中が丸くなるのであれば、始めから丸めて構えればいいのだ。これを変に戻そうとするから更に可笑しくなる。考え方としては実に単純な発想だ。

f0084561_13292061.gif




この映像はこちら。










  某スペイのDVD等見ていると外国人スペイ・インストラクターでは、真っ直ぐと背筋を伸ばした状態から綺麗にシュートをするが、腕は丸太棒の様に太く、体重も80キロはありそうだ。
  そんな彼らのキャスティング・スタイルに憧れていた節もあったが、ここは迷わず方向転換し、前屈みの状態からキャストを開始し、スイープでは一旦重心を後足に移動、再度重心を前足へと移動しながら前屈みでシュートしてキャスト終了。
  いっそ、これを機会にこう改める事にした。

f0084561_13294147.gif




この映像はこちら。










  そして更には、同じくシュート時の下腕の使い方も改める事にした。過去には両腕で押し込む等と表現していた事もあったが、アンダーハンド・キャストを試みた事によっても “ 引き付ける ” という動作にした方が合理的であると感じる様になった。これは先のDVDを改めて見ていても解るというべきか、やっと理解出来る様になった言うべきなのかも知れない。

  かくして、夜な夜なこうした素振りを繰り返しているのだが、こんな事ばかり行っていると普段の姿勢まで ” 猫背 ” になりそうだ。(笑)
  
[PR]
by hisuycast | 2007-10-17 13:39 |   修   行 ( 両腕 )
<<  10月20日  混血未熟児。  10月15日  “ 張り” ... >>