ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 4月9日  捨て針式。
f0084561_13223065.jpg

  数ある 釣 り の中でも多くの釣り人に共通した悩みの一つでもあるが “ 根掛かり ” だ。
  だが中には、この煩わしい根掛かりを恐れるあまり “ 宙釣り ” しか行わないという方も居るかも知れないが、殆どの釣りに措いては水深を把握するに “ 一旦底を取る ” 等の方法が行われていたり、更に “ 底を探る ” 或いは “ 底釣り ” と呼ばれる釣り方もあり、中でも仕掛けからオモリまで全てを底に落として釣りをする ブッコミ釣り の種類はこれの典型とも言え、釣りと根掛かりとは実に縁が深い。

  しかしながら、これらの釣りは根掛かりを発生させたとしても道糸の先である 「 ハリス 」 を切り捨てる事によってその被害を最小限に留める事が出来るのだが、我々の様な釣り人が目指している疑似餌釣りでは ハリス という存在も無く、一度根掛かりを発生させてしまうと高価なルアーや精魂込めて巻いたフライも回収出来ない事が実に多く、時にその釣り人を意気消沈させ積極的な釣りが出来なくなるばかりか、その様な物騒な物が水底に沈んでいるのも自然界にとってもロクな事が無い。

  ところがフライフィッシングに措ける “ フライ ” の中には、擬似餌 の部分と釣り針が分離している 「 チューブフライ 」 や 「 ウォディントンフライ 」 という物の存在があり、これら関しては太いリーダーやティペットが使用されるので ハリス という概念が流用可能で根掛かりの際にはその 釣り針 のみを捨てる事によってこれら過去の悩みを解消する事が出来るのではないだろうかと考えていた。
f0084561_13204118.jpg

 こうして、先日はチューブフライでの 「 捨て針式 」 検証を兼ねて釣りをしていたが、幸いこの方法でも魚が釣れる事は出来た。

  そして、この 捨て針式 で最も悩んだのが ハリス と道糸 ( リーダー・ティッペト ) との接続方法だった。これは出来る限り簡素化したいし、この釣り本来の性質上ならば直結して結ぶのがいいのだろうが、フックやフライの交換を考慮するとちょっとした金具が必要になると考えた。
  そうなると真っ先に思い浮ぶのが、やはり箆鮒釣りで道糸とハリスの接続に用いていた 「 丸カン 」 だった。丁度これならば買い置きしていた物がありそのまま流用出来そうだった。
f0084561_13262921.gif

  残る懸念はこの方法で何の問題も無くキャストする事が出来るかといった事だったが、固定用のゴムチューブにしっかりと差し込んでさえいれば以外にもそこから抜け落ちる事無く水中を泳いでいる様子だった。
  ただ、固定用のビニールチューブが短くなっていたフライは針が抜け落ちていたが、上手く結んでさえいれば針先は上を向いたキール状を保持しており、寧ろテールを長く取ったフライではこちらの方が効果的とも思え、 以前に取り上げた フックの接続方法も流用出来る上にウォディントンの接続にも使えそうだ。
  また、ハリスは長くとも3cm程度に留めておきたいので、クリンチノットやユニノットの様な複雑な結び方では殆ど不可能なのだが、これを可能にするのは鮎の友釣りやヘラブナ釣りで用いられる ” こぶ結び ” ならば簡素かつ短い糸であっても確実に結ぶ事が出来る。
f0084561_13264683.jpg

                   これを称して、 Lose Fook System 。(笑)
                    
              
[PR]
by hisuycast | 2007-04-09 13:23 |   仕   掛
<<  4月11日  素足感覚。  4月6日  誰も居ない本流。 >>