ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 2月23日  川の真実。
  間も無く3月を迎えようとしているが、温か過ぎる冬のせいか今年は珍しく釣りがしたくなっていた。別に魚が釣れなくてもいいので、ただそれなりの場所に毛鉤を流しあの独特の情緒に浸るだけで良かった。
f0084561_15114858.jpg

  こうして昨日の練習は数ヶ月ぶりにあの本流に行っていた。荒涼として殺風景な関東平野のど真ん中をゆったりと流れる本流。まだ早いこの時期にここへ来る人も少なくひっそりとしているが一体何の工事だろうか、遥か対岸では3~4台の重機と大型ダンプカー忙しなく行き来して微かな騒音が鳴り響いている。

  時刻は午前10時少し前、気温8℃、風はほぼ無風だった。暫く手にしていなかった12.6ftのロッドを取り出し、毛鉤は何でもいいとドロッパーに#8、リードフライに#10のウェットフライを結び付ける。
  渇水し切っているとは言え関東を代表する本流の一つ、ずっと練習していた川とは違い流れには活力があり生命観に満ち溢れている。久し振りに釣りの雰囲気を味わうには充分だった。
f0084561_15134562.jpg

 水温8℃、日差しもあるので寒くはなかったが、分厚いネオプレーンのウェーダーでこうした流れに腰まで立ち込むのも久し振りなので、恐る恐る川の奥へと立ち入って行く。
  こちら側は右岸になり、左の反転式の練習にもぴったりだが、このキャストは練習していないにも係わらず10mのスカンジナビアンSTヘッドは快適にキャストが出来た。
  但し、インターミディエイトのシンクティップでも根掛かりが多いのが少々厄介なのだが、今この渇水時期に川底の状態や地形、流れの筋等を歩き回って確認しておく意味合いもあるので致し方ない。
f0084561_15164465.jpg

  川の中央付近にまで差し掛かった。以前に対岸の左岸からは来た事があったが、こちら側をじっくりと歩き回った事は無かったので色々と解った。あの辺りには大きな岩があって水深はこの位。ここの落ち込みは深くなっているが底は砂が堆積している。流れの本筋はこことあそこを通ってあの辺りで合流している等の岸から見た大凡の予想だけではない川の真実が確認出来た。
f0084561_1517616.jpg

  こうして擬似的な釣りであっても、釣りをしていると時間はあっという間に過ぎて行くもので、気が付くと午後1時を過ぎていた。
[PR]
by hisuycast | 2007-02-23 15:28 |   修   行 ( 両腕 )
<<  2月25日  芽吹き。  2月21日  越 冬。 >>