ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 2月2日  腕の位置。
f0084561_1323145.jpg

  昨日の朝は若干の冷え込みだったが、日差しは力強く午前9時頃いつもの練習場所へ到着した時には気温は9℃に達している。昨日に続き、今日の日中も春の陽気となりそうだが、午後からは大陸からの寒気がやって来る気配だ。今の内に投げ込んでおこうと思っていた。

  今回は真っ先にKⅡの16ftを取り出し、課題である左からの 反転式 を練習する。先週は強風が原因となったのか、極軽くしかシュート出来なかったが、この日は少し力を加える事が出来る。それにしても遠投力のある竿で プルッ と少ししか曲がっていない印象にも拘わらず、ポ ― ン と投げ出された12mのスカンジナビアンSTヘッドは14ftから全力でシュートした飛距離が簡単に出て行ってしまう。もっと グイッ と捻じ曲げた感触からシュートしたい気がするのだが、果たしてこのロッドの使い方としてはこういった具合でいいのだろうか。

  そしてこのところ、夜な夜なキャスト動作の空想練習を繰り返していたが、このロッド実際に手にし、ラインまで通してキャストすると、それまで思い描いていた動作が全く出来ない。もっと軽い14ftでの素振り位ならば何とか出来るが、ラインを使ってキャストしようとすると全く出来ないので、更に重量のある16fとなる身体が言う事を聞かなくなっている。
  また、前回の記した通り理想とする小さい動作でのシュートが、何故か左からでは上手く行かない事が解った。ロンチポジションでの腕の位置を高くし、押出す左腕も高く大きくすると上手く行く。これはまさにあの 戸澤 求氏 の動作に近いものであり、こうした高反発のロッドにはこういった動作の方がシュートし易いのかも知れない。
  実は、これらをも検証するのにキャスト映像を撮影して置きたかったのだが、後々にしている内に天候が急変に悪化し、すっかり撮影をし損じてしまったのだが、先週の映像でも腕の高さは何となくそれが現れている様な気がする。

                                  「 飛 翠 」 左からの反転式。16ft

    
[PR]
by hisuycast | 2007-02-02 13:13 |   修   行 ( 両腕 )
<<  2月4日  錨を下ろせ。  1月31日  英国の師。 >>