ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 1月14日  逆V字。
f0084561_113631.jpg

  実は以前の 反転式 のキャスト映像を見ていて別にも気が付いた事があった。それはシューティングヘッドを上流から下流へと切り返して折り畳む時の動作だ。
  どうも上手くキャストしている時の映像では、やや叩き付けているといった印象がある。これはずっと悩みの種となっていた 二段反転式 の折り畳み方法も同様にすれば解決するかも知れないと考えていた。

  練習当日、左からの 反転式 の動作を一通り確認し終えると、そろそろ右からの 二段反転式 を試す事にした。少し気になるのは上流から4~5mの風が吹いている事だ。長いラインを使うスペイキャストで中でもシングルスペイに代表される上流側にアンカーを入れる方法では殆どキャスト不能の風ではあるが、10mという異常とも言える短いラインでれば、まぁ何とかキャスト可能となる風だ。
  そしてキャスト開始。スカンジナビアンSTヘッドをリフトし、抜上式の前動作の様にラインを前に置く、そこから左脇を締め肩もやや下げる感じでロッドを操作してラインを左側に引っ張る。この先から問題となっている動作だ。
  以前は軽く前に送り出す様な動きだったので、シューティングヘッド全体がひっくり返ってしまったりしたが、今回はシューティングヘッドを軽く水面に叩きつける様にする。これは竿先の水滴を払うといった感じでロッドを斜めから振り下ろすいい様だ。すると予想通りだ。今迄出来なかった 「 ∧字状 」 に折れ曲がったシューティングヘッドの波紋が水面に浮かび上がった。

       従来の映像。 ⇒ 
 

       今回の映像。 ⇒ 

  これさえ出来てしまえば後は右の 反転式 と同じ様にスイープしてシュートすればいいだけだ。すると、この 飛 翠 独特の極く狭いループが正に翡翠 ( カワセミ ) の飛翔の如く水面上を滑空して行った。
  よし、これについては自信を持ってほぼ問題解決したと言える。何故ならこれは右からの反転式で無意識にやっていた事であり、それが何故か二段の反転式にする事で忘れていた。或いは分らなくなっていたに過ぎないからだ。

  残る不安材料としてはこの 「 ∧型 」 の形成をティップまで硬い16ftで如何に行うかだ。私感ではあるが、こういったキャスティング自体には直接関係の無い繊細な操作を先端の硬いロッドで行うと、どうしてもライン ( シューティングヘッド ) に対し、腕からの入力を反発力の強いロッドが直に伝達し、結果として作用し過ぎてしまう傾向がある。即ち、その力を何らかの手段により相殺する必要があるのではないかと感じている。
  これらは、以前に紹介した 「 ザ・シューティング・スペイキャスティング テクニック 」 の中で 「 逆4の字 」 と呼ばれるシューティングヘッドを形成させる時のロッド全体を後方へと引き寄せる様な動作も、こうした強いロッドの反発力を上手く逃す為に生まれた独特の動きだと思っている。


   尚、ドガログこと、エキサイト動画が度々のシステム障害を起こしている模様です。

 よって、これらの画像が消滅していたり、作動しなくなる場合が続発しています。

      
[PR]
by hisuycast | 2007-01-14 14:37 |   修   行 ( 両腕 )
<<  1月16日  水辺の出会い。  1月12日  再出発。 >>