ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 1月9日  高揚から落胆。  
f0084561_11332544.jpg

  翌一月二日、この日もやはり練習。課題は勿論、左からの 反転式 だ。昨日に僅かながらも改善の糸口を見出していたので、練習を休む訳には行かない。
  この日はやや雲が多かった。そして直ぐにまたあの厄介な東風が吹き始めてしまったので、やや風裏になる場所まで下った。ここは水深もあり、流れもやや速いのでより実践的な練習が出来る場所だ。
  すると当初はリフトにやや手古摺ったものの、早い流れを想定し、今迄半分程で折り畳んでいたシューティングヘッドを更に先端付近まで抜き上げ、1/3~1/4位で折り畳む様な意識にすると上手くシュートする事が出来た。ここから、その他の各動作を修正しながら続けてキャストしていると益々良くなり、次第に右からキャストした時と大差のないシューティングが出来る様になった。こうなって来ると楽しくてしょうがない。シュートの度に一人で 「 お“~。」 とか 「 凄い。」 とか呟いて大喜びしていた。
  この時、「 何だ、原因はこの折り畳み方だったのか。よし、これでもう大丈夫だ。」 と大きな勘違いをしていたのは今になって気が付いた。

  その後、休憩をしていると厄介な東風が弱くなったので、何時もの撮影に適した緩流に戻ってキャストすると案の定、元に戻ってしまった。勿論、勘違いに気付いていないので、詳細は不明にせよ急流であれば流れの作用等によって上手に投げられるのだと思い込んでいた。

  まぁ、いずれにせよ、急流だけでもキャストが出来る様になったのであればこれは一歩前進。直ぐに緩流でもキャスト出来る様になるだろうと先程の要領でシューティングヘッドの先端付近まで抜き上げてキャストを続けるが、あのシュートした感触は二度と戻っては来なかった。

  何故だ、一体何が違うのだろう。過去にも間を空けた途端にキャストが崩れたり、また逆に回復していたりする事は良くあったのだが、今回はそれらとは何かが違う気がしていた。
  この様にたったの一日、いや数時間の内に高揚した気分が一気に落胆へと堕ちて行った。

この程度でも飛ばせれば釣りにはなるが、 ⇒  

理想としてはこちらであり、本質でもある。 ⇒ 
 
[PR]
by hisuycast | 2007-01-09 12:13 |   修   行 ( 両腕 )
<<  1月10日  初心回帰。  1月8日  成功と失敗。 >>