ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月30日  「 逆4の字 」。
f0084561_10432548.jpg

  昨日紹介した 「 ザ・シューティング・スペイキャスティング テクニック 」 というDVDだが、やはりこれを見たからにはこの方法も是非試して見たい。実はこれも今回の楽しみだった。
  先ずこれをご覧になられていない方向けに少し紹介すると、講師は全日本キャスティング、ダブルハンド13番クラス ( で正しかったか? ) のチャンピオンである戸澤 求氏で、この投げ方を勝手に解釈するとスペイラインで行っていたスナップTというキャストをシューティングヘッドで行うように改良したキャストで、見る人によっては 「 ただのスナップTだ。」 と思われた方も居るかも知れないが実はそうではない。
 
 確か、スナップTもアメリカであまりにも難しいシングルスペイキャストを簡単に出来る様にしたものだと聞いている。この “ スナップ ” と呼ばれる前面の左右にラインを落とす様な動作を、ペリーポークの前後の動作から左右に置き換えスイープしてシュートするので、今考えて見れば原理としては同じなのかも知れない。
 “ スナップ ” は水面を切り裂く部分が多くなるので、オーバーヘッドで静かに釣りたい方にとっては抵抗があるかも知れないが、左から初めて投げて簡単と感じるのでお勧めとも言え、又この際は左右のいずれからでもキャスト出来るようになれば鬼に金棒だと言える。
  このキャスト、最大の特徴は 「 逆4の字 」 等と呼ばれているシューティングヘッドの折り畳み方でここがスナップTとの相違点だろう。よって、スペイキャストが出来る方ならばこの 「 逆4の字 」の大まかな形成さえ出来きてしまえば後は全く問題ない。このDVDで実に分り易く解説されているので然程難しい動作ではないと思う。
  実際にこれを見よう見真似でキャストすると確かに簡単だ。とは言うものの、やはりこちらの場合ラインを一旦前に落とす際にはランニングラインを3m程リリースしているので若干の違いはあるが、この時の印象としては、この 「 逆4の字 」 がアンカーのスッポ抜けを防ぎ、ロンチポジションのタイミングを実に分り易くしてくれると感じた。
戸澤氏の方法を取り入れたキャスト ===⇒  
通常の 「 飛 翠 」 抜上式    ====⇒    

  この中で一番興味を引かれたのは使用するライン。重量の考え方はほぼ同じだと思われるが、こちらでは長さによってラインの重量を変えている点だ。映像で紹介されているラインの後半は12~13番のシューティングヘッド、中間は11~10番、先端は7~8番でこれらの長さを変えてラインの総重量を設定しているので、ラインの番手というものは存在しない事だ。

  一つ残念だったのは、シュートされたラインが背後の風景に溶け込んでしまい全く見ない事だ。スペイキャストがこれだけのブームになったのもシュートから放たれた美しいループに多くの釣り人が魅了されたのではないかとも考えているので、製作会社側にはこの点も考慮した場所で撮影して戴きたかった。

  また、これを見て感じたのは戸澤氏の高度なキャスティング技術だ。日本人離れした様な立派な体格から、ごく軽くシュートしたかの様なフォームで50m以上の飛距離が出ているとの事で、このキャストを真似れば直ぐにでも同等の飛距離をシュート出来るのだと錯覚してしまいがちだが、これはオーバーヘッドのキャスティングチャンピオンに輝いた戸澤氏の高い能力があってこそ実現されたものであり、そこには絶え間ない努力と苦悩をも積み重ねた結果が見え隠れしている。



  本年、最後に ・ ・ ・ 。
                         
  当、 「 飛 翠 。」 ONE’S OWN WAY. にリンク戴いた釣り師の方々、こちらをご覧頂いた皆様、本年中は誠に有難う御座いました。
  尚、年内の更新はこれで最後となり、年明け後の更新においても暫くお休みを頂戴する可能性が高いと思われます。
  よって、次の更新予定も全くの未定で御座いますので、予めここにお伝え申し上げます。 

  そして、どうか良いお年をお迎え下さい。

                                                鴇崎 周蔵


f0084561_102047100.gif



 
[PR]
by hisuycast | 2006-12-30 11:54 |   修   行 ( 両腕 )
<<  1月6日  謹賀新年。  12月29日  原因解明。 >>