ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月10日  矛 盾。
f0084561_14294734.jpg

先日の練習日、またしても朝から曇り空で気温は6℃、この辺りとしては充分寒い。等々素手では寒さに耐えられないので最初から薄手のビニール手袋を装着する。こうなって来るといよいよ本格的な冬が到来したのだと実感する。
  一通り、LT-SPEYの感触を味わった後、毎度課題の16ftを持ち出していた。今回は12mのスカンジナビアンSTヘッドで左からの 反転式 を練習して見ようと思っていた。
  相変らずこの竿の穂先が硬く強いのが仇となり、力加減というかラインの制御が逆に難しい。ラインを一旦前に送り出した時に折り畳む様に置きたいのだが、どうしても楕円形の様な形になってしまう。
  これは竿先が強過ぎるのか、それとも太いラインゆえ剛性も強い為なのか ・ ・ ・ 。
  更に、この送り出したラインの形状が全ての原因なのかと言えば確信は持てずに居るのだが、どうもこれがアンカーを上手く入れる事が出来ない一因にはなっている様な気がしてならない。

  とはいえ、これも努力すれば克服する事は可能な筈だが、12mの長さでは釣りはしないと思われるのでこれらの練習は後にした方が得策なのかとも考えられるが、これからの時期ではもっと水位が低下するので、これも実際の釣りとは懸け離れた状況下での練習となってしまう。
  それでも、やはり練習が肝要なのは明白だ。
f0084561_14314622.jpg
                                         撮影 : bestcast.exblog.jp  you氏
          
[PR]
by hisuycast | 2006-12-10 14:57 |   修   行 ( 両腕 )
<<  12月12日  超復旧。  12月8日  真緑の誘い。 >>