ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 10月9日  右 と 左 。
f0084561_110992.jpg

  10月初旬にしてはやや冷たい雨が降る本流。遠く東南アジアへと渡る準備を整えている燕が沢山飛び交っている。時に14ftから放たれたシューティングヘッドに交錯してしまうのでは無いだろうかと心配になる程だった。

  シーズン中、12ftのロッドでは苦にならなかった左のキャストだったのだが、どうも14ftともなると中々そうは行かない。
  是非とも来年のシーズン迄には何とかしたいので、これからは左腕上にしてのキャストこれを重点的に練習しなければ成らない。
  しかしながら、これらのキャストの感覚も不思議?と以前に克服した事が一週間も経過すると出来なくなっていたり、分らなくなったりするので、相変らず最初の内はこれらの修正から始まっていたりする。それが特に左となると、どうしても思い通りには動いてくれない。シュートはもっと下手側で引き付けたいのだが、それが出来ない。そしてそればかりに気を取られていると他の動作がおかしくなって来たりするのだ。全く人間の脳がそうさせるのか、はたまた神経細胞の欠陥なのか知らないが、右利き・左利きというのも不思議なものである。
f0084561_1103541.jpg

  そして今回新たに一つ分った事があった。それは左の抜上げ式の場合、直角付近の角度変換を行うと上手くキャストが出来ず、45度以下の角度変換のキャストならば納得出来るキャストになるという事だった。
  何故そうなるのか、これについては良く分らないが、一つだけハッキリした事はどうも左ではリフトした後、アンカーポジションにラインを思い通りに運ぶ事が出来ないのだ。これは力加減が分らないのか、抜き上げの力が強くラインが上流に行き過ぎたり、逆に抜き上げが弱いと体に近過ぎたりしているのだ。
  この抜き上げるという動作、最近では撮影用にとフローティング・ラインで練習しているので、本来は楽な筈だが流れが強い場所では浮いている物体が故に予想以上に流れに引っ張られている様だ。





f0084561_1115964.gif
  又、もう一つのキャスト、左の反転式。これも又然りであるが、意外にもこちらの修正すべき箇所がはっきりし始めた。
  これらはもう自らの確認の為に記しているに過ぎないが、反転式で抜き上げてラインを落とした先端に向ってキャストする事だ。と記しても本人にしか理解出来ないのでGIF化した画像がこれだが、それでも殆どの方は???でしょう。(笑)

  更に左の反転式では上手側の握り位置を更に少し下げる事によって右の下手側に頼らざる負えなくなり、結果右の下手を強く引き付ける事が可能と成り力強く狭いループが形成される様になった。
[PR]
by hisuycast | 2006-10-09 11:21 |   修   行 ( 両腕 )
<<  10月11日  雨からの告知。  10月7日  台風十六号。 >>