ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 5月29日  ジェラルドに見る ピンク・レディ の間合い。

  5月最後の練習となった今回は長らく続いた小雨によって毎度の場所は右岸側が干上がり始めて左右で45度の角度変換を可能とさせる箇所が限られてしまったが、今後の予報を見ると水位を回復させる雨は期待出来そうもないから、こうした練習が出来る場所も実は貴重な存在だったと知らしめられる。

f0084561_14414022.jpg


  斯くして、今回の練習も持ち帰った映像を見てしまうと改善余地を残す箇所は数多いとは言え、当時の手応えとしては2~3歩の前進が感じられ、リフトからスイープへ移る動き際にリアのグリップにあった違和感は更なる工夫を加えた結果、随分と解消されているとは、左の操作にも言えたとあって、この方向性で暫く様子を見るとした。

  そして、次の課題となっているドリフトは、前回に記述し通り、ドリフトの解釈を見失った事から、取り敢えずは “ シュートの準備動作 ” とでも表現すると、この動きにも幾つかの工程が見られ、その一つ目にはスイープの後処理とでも言うべきか、ゼロ・コンマの数秒間に止める迄は行かなくとも僅かに待っている?と言った間合いを世間では “ ポジティブ・ストップ ” 等と定義付ける動きを感じられ、その直後にロッドを微かに後退させる様な動きこそが正にドリフトだとすると、元々、こんな動きを実践させて来たから、以前の方法でも満更、逸脱してはいなかったと言えるが、その後の3つ目に腕を振り上げる始める動きをシュートの動作に含めるか否かは、単に解釈の相違なのか今一つ疑問が晴れない。

  これら3つ分けた過程は1秒にも満たない様な僅かな間合いから処理されるとは言え、ふと考えると、こんな動きは遥か以前から意識し、当時は昭和歌謡を代表する振り付けの一部から “ ピンク・レディのUFO! ” と表現し、この三つを組み合わせた軌道によって半円が描かれてラインが綺麗なループによって飛行する言わばスペイの基本とも捉えていたにも係わらず、何時の間にか反故にしてしまっていたが、Spey-O-Ramaでトップ争いをする他の強豪選手だと、この辺りの3点を結んだ軌道はカツン、カツンと尖ったイカツイ感覚が残り、そうした意識は薄いとの印象を受ける反面、ジェラルドに限っては滑らかで丸み帯びた何処か女性的な軌道を描く基本にも則した動作を実践させていたと思えてしまった。
 
f0084561_1449348.gif





[PR]
by hisuycast | 2016-05-29 14:45 |   修   行 ( 両腕 )
<<  6月5日  図らずの病。  5月22日  その男、巧妙につき。 >>