ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 3月27日  更なる一手。

  都内の桜も開花が観測され、プロ野球も開幕し、ツバメも飛来した今回の練習は、朝の開始直後に左右のシングル・スペイには今迄にない手応えが暫く感じられたのも束の間、久し振りに見舞われた冬型の低気圧による強風が吹き始めた辺りから俄かに狂い始めて最終的には期待された進歩には届かないまま夕刻を迎えてしまったとは、その責任は風にあるとも聞こえてしまう訳だが、朝の内とは、連日に繰り返して来た素振りの動きを余計な考えも働かずに忠実と言うか?、無の心境から動いていて、それが上手い具合に機能していても、これは持続性や、安定性に欠き、何処か段階からは一定の修正や調整が求められる一方、不慣れな動きでもあって、これらの正確な判断は備わっていない・・・と、こんな憶測も出来る。

  それにしても、歯痒い思いをさせられるのは右のシングル・スペイで今一歩の所までは来ている筈にも係わらず、一体、何を手古摺っているのだろうかと思えてしまい、つくづく才能と言った面を痛感され、せめて人並みの素質にでも恵まれさすれば、既に達成しているか、少なくとも数歩先には進めているのではないかとも考えてしまうが、こればかりは、どうにもならず、キッパリ諦めるとしても、 その代償として懲りない性分が人並み以上に備わっている?、、、だとすれば、もしや、コレが裏目に出ているのかも知れない・・・。(笑)



  まぁ、他に今回は右の調整には突貫工事的な面があって、連夜のシュミレーションたる素振りでも発見した欠陥となる左の肩に肘への意識と修復、、、ここに一応の仕上がりと思えたのは練習の前夜だったから、定着性としても不完全だっただろうし、朝の感触を見る限りでも、その方向性は強ち間違ってはいないと信じるしかなく、微かに備わっている新たな感覚のスイープは実に不思議な面も持ち、ラインの離水がフワリと軽く、アンカー打ちも実に静か、その後のシュートもラインが飛行する様子と手応えも何処か違うとは、季節風の影響だけとは思えない。

  そんな訳で、これらを踏まえてジェラルドの動きを今一度、注意深く繰り返し見入っていると、またしても別の観点が浮かび上がり、早速これを取り入れた模擬化の素振りを行うと、何と既に一度目から実に良い感触があって、今迄の操作は更に簡単に達成される感覚もあったから、長い一週間後の練習が楽しみでならない。




[PR]
by hisuycast | 2016-03-27 11:37 |   修   行 ( 両腕 )
<<  4月3日  灰色を塗り替えろ。  3月20日  死角に瑕疵あり。 >>