ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 2月21日  包囲網の春。

    
  毎年の2月と言えば、週3~4日は強い季節風に見舞われる訳だが、今年に限っては穏やかな日が多く、やはり暖冬と言えて群馬北部の積雪も少ないとなれば、利根を潤す雪代も大凡の察しが付くとなれば、今年もお魚釣りへと出向かないまま過ごす可能性が高いのかも知れない・・・。

f0084561_13394874.jpg


  と言う訳で、今週の練習日は日中の最高気温が17℃を超える4月の陽気に恵まれた反面、下流から吹き上げる嫌な風が吹いてしまい些か手を焼いたとは、何とも贅沢な話しではあるが、この風には僅かに吹かれただけで全く対処が出来ずスネーク・ロールは全く進展もないお手上げ状態に留まらず、寧ろ今回の練習では一つの試みが裏目に出たのか、以前の状態よりも悪い印象すらあった。

  その試み・・・、これはスイープ時の膝にあるが、1週間前の練習を終えて日課の素振りから、ふと膝の動きが1~2世代前の状態へ逆戻りしてしまっていたと気付いた後、再び組み込んだ最新の動作が持つ威力を再認識していると、その次にはスネーク・ロールの際には脚の動きが更に活用されていないと解り、この改善を図ったとばなれば、当然ながら本来はシングル・スペイのスイープまで進展させる筈だったものの、当日に至ってはシングル・スペイも今一つの印象が払拭出来ないばかりか、その原因は午後になっても特定されないままだった。

f0084561_134048.jpg


  ここから時間は更に経過した夕方、進展なく終える今回の練習を覚悟した矢先、その原因も結局はリア・グリップに対する意識が薄れにあったと解ると、その効果は直ぐに現れていたから、シングル・スペイのスイープに見られた停滞は油断の現れとまでは行かないまでも、何処か先を急ぎ過ぎていたとは言え、後日に映像で見る限り右のシングル・スペイも満更、悪い面ばかりでもなく、ジェラルドの動きには着々と近付き、残す課題も絞り込まれた。





[PR]
by hisuycast | 2016-02-21 13:41 |   修   行 ( 両腕 )
<<  2月28日  崩壊を生む2秒...  2月14日  矛盾の代償。 >>