ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 2月7日  歯止めの効かない頑固者。
   
  2月を迎えた先日も、リフトに施した些細な調整が日々の予行演習たる素振りに限って言えば、ほぼ想定した動きを忠実、かつ安定的に再現していたとあって、「 今度こそ、完全決着!。」 等と、つい過度な期待を描いてしまっても、過去の経験上から一週間程度では劇的な変化は望めず、先ずは少しの前進が見られるだけでも十分 ・・・、こう考えて練習日を迎えると、その進歩は予定した通りの結果に留まって完全な解決は見られないままだったから、相変わらず奇跡とも無縁の地味な日々を送っている・・・。

f0084561_14413357.jpg


  と言う訳で、近頃の練習は益々、検証作業と言った内容が色濃くなって、ジェラルドの動作を構成する要素を一つ一つ炙り出しては次々と消去されて言った中味とは、見た目から受けた勝手な思い込みに過ぎないと気付かされ、今回も翌日に確認した映像を通して今迄では全く考えが及ばない些細な可能性が再び浮かび上がって一人で頷いていたから、一週間後が待ち遠しい。

  その一方、大きく変貌したリフトによって、スイープまでもが一変すると、今度は今迄のドリフトでは辻褄が合わないばかりか、寧ろ著しく不具合な面が生じてしまい、当初の目標だったジェラルドと同じスイープの再現だけでは済まされず、次のドリフトまでの対応も迫られているらしいとは、ロッドの移動にあって、今迄だとスイープが完了する頃には背後へ大きく傾き、そのまま次のドリフトへと繋げていた。

f0084561_1442633.jpg


  これらは、特に右の操作にあった頑固に定着した傾向とあって、スイープの停止時期も歯止めが効かず必要以上にロッドを倒して全てを台無しとさせている場面も目立ち始めているから、逆に元々、この辺りにも不満があった左の操作は寧ろ功を奏して、暫くの低迷から俄かに再起を果たすと、両者の立場は再び逆転していたが、冷静に考えると元々から左の操作が優位に立ち、その裏には利き腕となる右腕に加え、更には右膝の存在があるのだろう。




[PR]
by hisuycast | 2016-02-07 14:42 |   修   行 ( 両腕 )
<<  2月14日  矛盾の代償。  1月31日  ジェラルドが秘... >>