ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 1月17日  拒否権を持つライン。
   
  ナニか、変だと思えば、またまたヤラかしていた・・・。
  何時頃だったか、予行演習?、とでも言うべきか、毎晩の素振りでは何か右のスイープ操作に残った妙な違和感は様々な試みを繰り返して消えずに居た反面、実際の練習では一定の前進があったとして、それらは仮想と現実にある溝の様な誤差だろうと思い始めていた最中のつい先日、そこに残った微妙な相違とは、要するに何時の間にか意に反した行動を取っており、これを正した途端、右のスイープは足枷から解放されて一気に芽吹いた様な手応えだった。

 
f0084561_13503064.jpg


  それは、右のスイープで軸足に当たる右脚を傾斜させる方向と言った所になるから、最終的には重心位置が本来の意図とは逸脱していたとは、恐らく昨年の末に脚の動きをイジった時から始まっていたのだろうが、この間の試行錯誤も役だった面はあったから、悔いと言った思いも特にはなく単に相変わらずのヘマを仕出かしたと言った心境で右のスイープは更に前進した。

  とは言っても、今回の練習からヘッドはCNDのLDFに変わると、これまでのバリバスとは異なる性格の扱いには予想外に苦戦し、大凡の感覚を掴むまでには最低でも午前中を使い果たしていただろう。

  これは何と言っても22mで65gと一気に3g加算された重量も然りながら、浮力?と言うか比重の差も大きく影響し、何処かインターミディエイトと言ったシンキングラインの様な手応えも残って打ち返しで水面から引き剥がれて次の展開へと繋がる展開が一拍遅れて慣れる上、増加した3g分の重量配分は中央寄りに集注しているらしく、重い分を少し力んで打ち返してしまうとオーバーターン気味となってラインは湾曲したまま着水して厄介だったとは言え、競技の規定にも則しているらしいから放置しても決して沈みはしないものの、ヘタなリフトとスイープでは従来の感覚だと重量の影響もあってか水面との離水をライン側が容赦なく拒絶する辺りの様子には上級者向きとも言えて、この扱いには適切な操作を求められたから、使い手を指導するラインとも言える一方・・・、シュートの工程まで繋げてしまえば先のシンクライン的な印象と然り、まるで硬い石でも投げた様に飛んで、最後はカツン!と硬い感じでターンするとはピンク色から受ける印象とは全く異なる・・・。

 
f0084561_13511481.jpg


  こんな訳で、リフトからスイープの操作には、これまで以上の精度を要求されたお蔭もあってか、次のステップとなるドリフトの新感覚も霧の向うに見え始めて今後の展開も一層楽しみになってしまったから、今年の一年もお魚釣りへと出向かないまま過ごしてしまうのだろうか・・・。




[PR]
by hisuycast | 2016-01-17 13:52 |   修   行 ( 両腕 )
<<  1月24日  振り子の間合い。  1月10日  空白のリフト。 >>