ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月27日  ジェラルド・ダウニーと芯棒の理論!?。

  またしても季節風の吹き荒れる天候と重なってしまった今回の練習日ではあったものの、風裏たる本来の役割を発揮した場所のお蔭で被害も最小限度で済んだとは言え、ただ太陽の角度低い今の時期は右のキャストでラインが逆光気味で極端に視認性が悪くて困る訳だが、今回も確実な進歩が感じ取られたとあって仕上がりは順調と言えるだろう。

f0084561_14105869.jpg

       https://youtu.be/TnxDpnE5xqU     https://youtu.be/8ehakxQUc58

  斯くして、ジェラルドのスイープを再現するに当たって、いよいよ改良を加えるべき箇所は殆ど見当らずにいたものの、実は少々違う箇所があったとは角度変換を生み出す膝折りの動きにあり、旧キャロン・チームのゴードン、ジェームズ、ローリーと何れも僅かながら膝を幾分、曲げている反面、ジェラルドに関しては、ほぼ膝が延びた状態から開始していた点に関しては、腰までのウェーディングでは判別不能でもあって昨今まで妥協していた。

  この理由として、膝をと伸ばした安定状態から曲げるには一瞬、遅れてしまう為であって、この膝を予め少し曲げて置くと瞬時に反応すると言った具合になるが、更なる工夫を加える事によって、実は膝を延ばしたままでも捻る動き瞬間的に作り出せるとの最終決着まで辿り着いた時は既に練習日の前夜だった。

  よって、その定着度は望めず難儀もあったとは言え、ここにもあった確かな違いと進化の一端を知るには十分な手応えを備え、これらの一因を回転するコマに置き換えると、膝を予め曲げる場合とは言わば軸(芯棒)の太いコマに対し、膝は延びたままとは軸が細めのコマに該当するとも言えるものの、コマを回す際には概ね2つが挙げられ、その一つは紐等をコマに巻き付けて回転を与える方法、もう一つは指先で芯棒を摘まんで回転させる単純な方法がある。

  そして、スイープの動きに相応する方法とは正に後者であり、この際に膝を曲げれば曲げる程、回転を生む箇所は外側へと拡散するから芯棒は太く、逆に膝を延ばしたまま保つと方法が強い捻り生む上では優位に立ち、更に、予め膝を曲げた場合とは芯棒を捻る動きをも縮小させてしまう。



  これらの効果は、当時の風を考えると些か微妙な印象も残るものの、シュートからラインが飛び出して飛行する手応えや光景は一層の過激度を増してバイオレンスと言った表現はスイープの際にロッドのバット側がグニャリ!と曲がる感触まで考慮すると全く幻想ではないだろう。

  とは言え、前回の改良も然り、この非日常的な操作とあって普段は酷使しない前腕への負担を増大させ、その筋力は既に午前の1~2時間だけで著しく損耗してしまい、その以降は低迷してしまった印象も残るから、“ 芯 棒 ” の極意を得る迄には暫しの “ 辛 抱 ” も必要なのだろう・・・。




[PR]
by hisuycast | 2015-12-27 14:12 |   修   行 ( 両腕 )
<<  1月3日  嘗ての感覚、アン...  12月20日  鬼才、ジェラ... >>