ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 11月29日  改良の輪廻転生。

  ゴジラ・エルニーニョ等と騒がれた暖冬から一転し、札幌では60年振りとの大雪に見舞われると、関東でもゲリラの様な寒さに襲われて今回は強烈な季節風に吹かれて大した練習は出来ないかとも懸念されたものの、思った程の強風は吹かずに一日を通して思う存分の練習が果たせ、再度の改良を加えたシングル・スペイは3~4日前から始めた突貫工事に過ぎず、その仕上がりが大いに疑問詞されたにも係わらず、その成果は左右共に見られて一安心していたとは、崩壊した状態が左右のスイープに長く続き、一時は、このまま日没を迎えてしまうかと思えていた為だ・・・。

f0084561_15132585.jpg


 今回に手を加えた箇所の一つは先週の失敗を逆手に取って辿り付いていたから、再びフォア側の腕にあったとは言え、これは腕の固定をジェラルドの方法に則っただけに過ぎないから、要するに何時の間にか外してしまった轍を元に戻したに過ぎない訳だが、このお蔭で右のスイープ軌道は安定し、跳ね上げたラインは真っ直ぐに着水する傾向を一気に高めただけに留まらず、シュートから飛び出すラインの飛行速度も著しく増すと言った、僅かな改良にも係わらず驚くべき効果があった。

  そして、もう一つの改良も何時しか棚上げされたまま残っていた捻りを加えたスイープになるが、これもジェラルドの再現であり、その効果は当時だと冬型の気圧配置によって上流寄りから風が吹いている場面が多く、比較としても正確性を欠いた面はあるものの、案の定、以前に試みた時と同じ効果が見られ、ラインは2段ロケットの様な?ターンを見せたから、単なる偶然でもなく、やはり、スイープで捻り生じたラインにはスクリュードリルの様に空気を掘削して展開し、その後は一旦、捻りラインがアンカーで強制的に急停止させた結果、次のシュートでは逆の方向へ捻りを発生させて再び空中を捻じ込んでは掘削する感じで推移して最後のターンまで繋がっている・・・、こんな感覚に今一度、陥らせたから、恐るべしは張本人のジェラルドであり、彼は一体どうやって、この様な方法へと辿り着いたのか・・・、その過程も不思議でならない。

f0084561_15134488.jpg


  と言う訳で、以前は全く歯が立たずに居たスイープへ捻りを加えた感覚が今回は左でも味わえて喜んで帰路に付いたものの、いざ翌日になって映像を確認すると、その動きには殆ど変化が認められないばかりか、別の改良箇所は以前の状態へ戻ってしまる印象もあるイタチゴッコ状態とは如何なものだろうか・・・・。



[PR]
by hisuycast | 2015-11-29 15:14 |   修   行 ( 両腕 )
<<  12月6日  荷重移動の極限。  11月22日  模倣から創造へ。 >>