ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 11月8日  角度変換とは、思考転換と見たり。
  
  11月を迎えた先日の練習は正に秋、真っ盛りと言った穏やかな晴天に恵まれた一日となって、右のシングル・スペイは2歩程度の進歩が感じられたものの、撮影した映像を見ると、課題点の改善は全く認められないから、実に不思議ではあっても、キャスティングの際には、大いに手応えを感じ取っていたから、幾ら見た目の変化がなくとも、確実に進展しており、これは今回から新たに加えた改良点も然りだが、その根底にある思考の転換が大きく影響したらしく、こんなにもスイープが楽チンで簡単になったと感じられると、安定性も向上して、今迄の様な大崩れする場面も殆ど見られなかったから、少なくとも方向性は間違っていなかったのだろう。

  
f0084561_1644243.jpg
  

  その一方、左のシングル・スペイに関しては適応力にも劣る分、従来のスイープは完全に崩壊した印象があったが、これも前進する上でも毎度、恒例の出来事であって、午後になると、その効果の片鱗が時折には見られたとあって、限り適応力も嘗てとの向上を予感させられた。

  そして、予てから密かに気に掛けつつも、その何処かでは御座なりのまま過ごしてしまった長いオーバーハングの特異な操作をも考慮すべきと言った迷いの様な?心情も俄かに膨らみ始めている。
  
  このオーバーハングが持つ作用は過去にも幾度か触れて来たとは言え、ショート・ヘッドの時代ではスイープ時点の理解は霞んだままでも何処となく対応が出来てしまった節もあったが、ヘッド長が22mにもなった事によって、その理解は多少なりとも進んだ。
  ここから、ロッドの全長が15ftもあれば個人的に2m以下に設定すれば大した意識する必要もないが、いざ2m50cmを超える辺りに達した場合は、10cm程度の増減で操作性は一変する。
  ここから端的に言えば結局は振り子の原理とも似ていて、要はオーバーハングが長まるに従って振幅が広がってラインがロッドの入力から遅れて動き始めるとの表現になるから、恐らくはロッドの振幅も広くなるとあって、この点に限ってはスローテーパーのロッドと近いのかも知れない。

 
f0084561_1651667.jpg


  その一方、広がる分の振幅に対する理解が角度変換のスイープと重なると、更に複雑化して今一つ理解出来ておらず、これが少し前までは左のスイープには一種の自己防衛的な対応を無意識の内に行っていた様にも思えてしまったが、ジェラルドの操作は、こうした状態にも対応は可能と思える上、もし仮に無理や矛盾があったとしても、過去の経験上、その打開策や、解決策は必ず隠されていたし、いざ知ってしまうと、実は無理でも矛盾でもなかったりするから、別段、これが障害にも当たらないと考えている毎度毎度の懲りないヤツが居た・・・。




[PR]
by hisuycast | 2015-11-08 16:07 |   修   行 ( 両腕 )
<<  11月15日  進化の陰に既...  11月1日  信念と執念の角... >>