ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
10月18日  無意が呼ぶ罠。

  週間天気予報に残された嫌な予感は見事に的中し、暫く続いた晴天も今週の練習日が近付くに従って悪い方向へと傾き始めて時折が止み間はあるされた雨も結局は一日中降り続いた散々な天気になったばかりか、首筋から背中当たりに痛みを感じた前日の症状が悪化して悶絶しながらのキャストとなったとは言え、今回も様々な発見もあって、まぁ~満足している。

f0084561_15172758.jpg


  そんな訳で、今回のネタは知らず知らずの内にヤラかしている無意識の行動が犯す恐ろしい一面を再び取り上げるとしても、これは何も悪さの要因だけに留まらず、良い方向に転がる場合もあるとは、特に利き腕側とは異なるキャストに見られ、不自由である分、これを補おうとする意識や行動が働いた合理的な動作を何時の間にか作り上げている場合があるものの、無意識であるが故に一旦でも見失った途端、今迄の好調振りは何処へ消えたと頭を抱えてしまうから、こうした無意識の操作は極限まで捨て去って足の爪先から手の指先まで全ての動きを左右で把握さえ出来ると何事も動じない完全無欠のキャストへ近付けるのかも知れない。

  ここで脱線した内容を正すと、今回にヤラかした内容とは少し前に公表したジェラルドの捻りを加えるスイープで、正しくはリフトの時点から始まっていると言え、これは、例えばダンボール箱の蓋を塞いだガム・テープを剥がす際には、そのまま真上に向かって引き剥がしても構わないが、この時、更にガム・テープに捻じりながら横方向へ引き剥がす動作も交えている場面も多く、こうして2つの動作を交えて剥がされたガム・テープは言わばヒックリ返された様な格好となって、ここにフワリと舞い上がる様に発生する作用がジェラルドのスイープに見られる原理と同じ理屈になり、これが後のアンカー打ちと言った全ての操作にも影響を及ぼしていると解った。

  そして、肝心な、その操作方法はジェラルドの映像を見ての通りと言えるが、ここに落とし穴が待ち受けていたとは、器用な故に小手先の操作まで目論んでしまう右のシングル・スペイに至ってはフォア・グリップに関しては利き腕である右手が担当するとあって、その際は無意識の内に手首まで返す無用な動きを何時の間にか併用してしまった結果、スイープの軌道を乱した状態を作ると、当然ながら離水したラインは波打った様な格好となってアンカーはペタン、バシャ!と二度打ちさせてシュートしたラインもヘニャ、ヘニャとしか飛ばない・・・、こうした失敗は過去にも仕出かしていた・・・。

f0084561_1523452.jpg


  更に、右のシングル・スペイではジェラルドの動作まで再現させようと試みた無理な?動作修正の影響もあってか、何時しかスイープしたラインに対する意識を散漫にさせて殆ど注視していなかったと気付いた所で、今度は意識してラインが離水する状況から注目して見入っていると、今度は目指すジェラルドの再現に対する意識を削がれているらしく、その動作を疎にさせてしまう実に不可解な行動パターンも身に付けてしまっていたと言った有様は以前であれば直すにも苦労させられて数か月もの歳月を必要とした事態もあったものの、こんなドタバタ劇も彼是10年以上も前から度々繰り返していると引き出しも増えて対応力も養えたにも係わらず、上達は相変わらず遅いから、この辺りにも素質の差を感じさせる・・・。




[PR]
by hisuycast | 2015-10-18 15:24 |   修   行 ( 両腕 )
<<  10月25日  雑念は邪念。  10月11日  木を見て森を見ず。 >>