ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 10月11日  木を見て森を見ず。
   
  一年の内で穏やかな晴天が多い季節に入り、それを実感させる日和に恵まれた今回の練習日となれば結果にも期待したい所で、当時も一定の手応えを感じて取ってはいたとは言え、持ち帰った映像の検証を続けた途端、この期待感は完全に裏返された格好にはなったが、そのお蔭で左右の癖と言った無意識の違いや、また犯していた失態にも気付くと事によって、その視点も変わると、推理小説の結末を読み進んだかの如く、これまで見過ごしていた盲点と言った数々の観点を再び発見出来て、原因と結果の因果関係と言った内容が嫌になる程の理解が進み最終的には有意義な練習になったから、当方もなく遠回りではあっても自己流の練習を有意義に感じ、ここに最高の達成感も得られるとは、些か妙な思考なのだろうか・・・。

 
f0084561_13331753.jpg


  そこで、数ある中から一体、何を拾い上げるかも迷う中から、一つネタにすると、、、それはリア・グリップ側を担う腕の動きにあり、本来この腕は内側に向かって巻き込む様な軌道を描かせるべきである為、この肘は曲げる必要があって、実際これを実践したにも係わらず、この所の課題の一つでもあった腕の突っ張りに囚われて全体を見失うと、何時しか肘を伸ばし気味に操作させてしまった。

  すると、リア側のグリップは中に巻き込まずに最後は外側へ押し出す状態になり、ここから背後に移動したロッドの先端が内側へと向き、その結果、ラインのティップ寄りも意図しない反対側から飛び出す傾向を強めて身体やロッドと接触する場面が増えるとは言え、こうした事態を招く要因は他にあるものの、これは面倒でもあって今回は省略したい。

  
f0084561_13335658.gif


  斯くして、今回の練習はハード面の成果はなかった反面、ソフト面では内容の濃い経験が果たせたが、顔面にヒットしたラインによって、鼻の頭を切り裂いて出血したとあって、帰宅途中に立ち寄った店では恥ずかしい思いをさせられた・・・。




[PR]
by hisuycast | 2015-10-11 13:36 |   修   行 ( 両腕 )
<< 10月18日  無意が呼ぶ罠。  10月4日  シングルハンド... >>