ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 9月27日  異常時の正解。

  雨と増水によって続いた薄暗い橋脚下からの練習は、今度こそ逃れると思って迎えた今週の練習日も天気予報は日に日に悪化した当日の朝を迎えると、結局はドシャ降りの雨に見舞われてしまい3週連続で橋の下で一日を過ごす羽目になったが、今回の中途半端な水位によってキャスティングの位置設定をした所、右のキャストではラインが殆ど見えず、半ば直感を頼るしかないから、来週は勘弁して貰いたい・・・。

f0084561_1351404.jpg


  斯くして、今回も河川の水位は高めだったとは言え、台風の影響を受けて対岸への横断も閉ざされた過去2度の状況と比較すれば正常な範囲内として、その流速も通常値へ近き、リフトの時からラインが流れに乗って引かれる作用も弱めた分、元々軽めのラインはスイープで異様に軽く感じられつつも、アンカーは力不足で操作自体も鈍らせてしまった印象を持ったとは、過去にも度々経験済み一件として、今回も左程、気に留めずにいたものの、この時点で既に異変が生じていたとも考えられ、久し振りに見た右岸から撮影した映像に映し出された3週間前と殆ど変らない様子とは右のシングル・スペイによるリフトからスイープに移る時の腕は徹底的に見直したつもりだったにも係わらず、いざ蓋を開けて見れば殆ど進歩もなく、大いに落胆させられたから、無理を強いられても毎回、同じ角度からの映像で検証するべきだとも痛感させられる。

f0084561_1352582.jpg


  その一方、それらを顧みると台風で大増水していた3週間前の練習を開始した早々に、リアのグリップを意識した途端に易々とアンカーを起こしていた時に油断や、見当違いを仕出かしていて、増水時の異常な状況で失敗の原因を招いた操作が、実は平水の状態では追い求める操作があったとすると、台風に上げ足を取られた格好とも言えたが、そもそも、あんな状況で練習するヤツがアホなのだろう・・・。




[PR]
by hisuycast | 2015-09-27 13:52 |   修   行 ( 両腕 )
<<  10月4日  シングルハンド...  9月20日  渦を生む捻り。 >>