ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 9月20日  渦を生む捻り。

  先週に通過した台風の後、晴れ間が戻って一息ついた所、またもや接近した台風による雨の影響を受けて河川の水嵩は再び増えると、今週の練習場所も高架下の選択肢しか残されていなかったが、左右のシングル・スペイは共に安定感も増し、飛距離も勝手に延びている印象もあった有意義な一日を過ごせて満足と言うよりは、寧ろ安堵の心境でもあって、また一つの目標が見えた気分でもあり、今の世界にまで踏み入れた時期も記憶が曖昧となって調べると、どうやら角度変換では丁度3年が経過した頃、Spey-O-Ramaを明確に意識した場合は来年の春先を迎える頃に3年が経過するらしく、意外と浅い年数だったとは言え、その頃には当ブログの開始から10年を迎え、これには我ながら良くぞ続けたと感心させられる・・・。
f0084561_14243276.jpg

  と言う訳で、この所の練習で昼頃に崩れていた右のシングル・スペイも大きく崩れる場面もなく、次の一投辺りではソコソコの建て直しを計れるとあって、お年寄りの溜り場でもある橋脚下は何かと集中力を削がれる場面はある反面、確認の為に要する撮影もなく、また増水にて川底を掘る作業に除草も必要とせずに時間も有効に使えたお蔭で、置き去りにしてしまった課題点の検証も進み幾つかの収穫もあったとは、捻りを加えたスイープにあった。

  これは今迄を例に挙げると、意識した途端に面白い程、簡単に崩れてしまった左のシングル・スペイですらも今回は確かな効果が認められ、先ず乱暴に勢い良く着水していたアンカーが水面とは静かに接触する傾向が強まり、その後のシュートでは水面と優しく接触した全く逆の方向に捻られる作用を殺さないまま維持し、これが飛行するループに対してスクリュードリルの如くに空気を掘削しながら突き進む一種の渦の様な作用が働き、ラインのターン性も高めるとなれば当然の如く飛距離にも繋がると、こうした実感も出来て、今の練習を始める引き金となったラインが暴力的に?ターンするジェラルドのキャスト映像に見られる光景の要因は、ここにも隠されていた。

 

  そして、この操作感覚も掴みつつあり、その試みで乱れてしまう今迄の場面とは、大凡では操作が極端になっていたと解り、こうした際、先ずはラインをプロレスのバック・ドロップ風に叩き付け、これを免れた場合はロッド・ティップが反対側へと回り込んだ状態となって、ここからシュートされたラインはロッドや身体と接触するか、ラインの先端寄りが逆サイドを通過する場面にも出くわすから、印象としてはスイープ時の捻りは早い段階からソコソコの内に切り上げると言った所になるとは言え、ここでも3mのバカ長いオーバーハングが邪魔をしている可能性も十分に考えられ、実際、映像を見ても未だ不十分にも感じられると、更に捻る必要があるしとして、再び大袈裟な操作へと戻るのだろうなぁ・・・。




[PR]
by hisuycast | 2015-09-20 14:25 |   修   行 ( 両腕 )
<<  9月27日  異常時の正解。  9月13日  ダウニーの右脚... >>