ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 7月26日  束の間のダウニー式スイープ。
  
  雨続きから暫くは橋脚下からの練習が続いたが、今週の練習は梅雨明けを迎えたとあって久し振りに所定の河原へ戻ると、台風による大増水の恩恵を受けヘドロ状の沈殿物も一掃された綺麗な清流が復活したとは言え、本格的な夏の訪れでは朝から猛烈な暑さに見舞われ、既にネイロンとは言え、ウェーダーの着用には堪えられない季節となっていた・・・。

   
f0084561_1354540.jpg


  と言う訳で、暫くは大きな進展もなかったシングル・スペイだったが、今回は朝の一投目から左右に異変が起きたとは、スイープの際にラインが水面から剥がれる瞬間にあって、今迄では一度も味わった経験もない独特の手応えを味わると、その次には、これこそがジェラルドらが実践していたスイープだったと思い知らせれ、これまで、ラインの離水は半ば強引に力尽くから行った結果からスイープしたラインには強い作用が蓄えられるとも考えていた安易な発想も一気に吹き飛ばしたその感触とは、軽快感に加え、更には安定性までも兼ね備えていた為、ラインは力任せに引き剥がした乱れに応じてアンカーの着水も殆ど運任せと言った図式も覆された格好の画期的な方法で、アンカー部分のラインは水面と平行気味に真っ直ぐと安定して飛び込んで来る様子もジェラルドに見られる独特の着水と一致していた。

  所が、こうした操作感覚が長くは続かず、朝一番の大きな前進に喜んで小休止を挟んで練習を再開した矢先には、既に再現は困難だったとは、何故か右のシングル・スペイが顕著で、左の操作であれば合格点に値するキャストが時折は出来るにも係わらず、その以降、右の場合では二度と実現しない幻のスイープに終わったとは、やはりリア・グリップが一つの鍵を握っている印象が強く、素振りであればイメージ通りの操作が出来ても、いざ実行に移した途端、先のイメージを見失ってしまうと言った繰り返しだった。

f0084561_13545470.jpg

               https://youtu.be/Gai1RGC5Ro0
          
  一方、このイメージの観点で上手い具合に進んだとは左のシングル・スペイでスイープの際に散々見て来たジェラルドの映像を頭に思い浮かべる事が出来た時だけに及第点に値するキャストが成就しており、この時は本来、好ましくない行為だろうが、スイープの途中で一瞬、目を閉じてしまうと脳内にジェラルドの映像を映し出せていたものの、この作業にも集中力が求められるとあって、持続性にも欠いていたとは言え、今度こそ目標の一つに手が届くとの期待を抱かせて内心では安堵していた・・・。
 


[PR]
by hisuycast | 2015-07-26 13:57 |   修   行 ( 両腕 )
<<  8月2日  偶然の産物は高音...  7月19日  スイープに見る... >>