ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 5月24日  2つの障害。

  相変わらずの小雨によって小河川はヘドロ状の藻が改善されないばかりか、関東南部の水瓶となるダムの貯水率まで心配になっている最中、沖縄地方の梅雨入りが報じられ、関東も蒸し暑い日が続くと、いよいよ嫌な夏の到来を感じ始めた矢先に、空気は再び入れ替わって一旦はカラリ!と乾いた晴天が戻ると、今度は明け方の冷え込みによって風邪気味となってクシャミを連発しながらの練習となった。(笑)

f0084561_13523352.jpg


  と言う訳で、渇水ではあっても、風の穏やかな条件に恵まれ、左のシングル・スペイは亀の歩みを思わせる程、ゆっくりとした進行を感じられ、ここで改めて認識される最も重要な操作こそがスイープであったから、ドリフトが云々は元より、シュートの操作もスイープが一定の次元に達していなければ無意味に等しいと痛感させられたとは、この映像を見ていた時に感じられ、昨年のSpey-O-Rama辺りからジェラルドを脅かす選手が登場していても、その技術は依然として際立っていると、こう感じる詳細は後のfacebookで紹介したい・・・。
 


 

  こうして今回は、スイープだけに絞った練習に今回は終始した所で、やはり午前中までは比較的、安定傾向にあっても、暫くして狂い始めてしまうから、長時間の練習は妥当ではないのかも知れないが、こうした状態から脱出する手立ても身に付けない内は、そこにある好不調は何処にあって、何処を直せば回復すると言った自力治癒させる能力も身に付かない・・・、こんな考えも持っているとは言え、そこには “ 疲労 ” と言った技術や知識、経験値で覆すには難しい面も存在するとは思える。

  そこで、この疲労には、肉体的な面と、精神的な面があり、この2つの内では恐らく精神面が個人的には勝り、多くは集中力を欠いている場合が多いだろうが、この集中力に関しては時間の経過によって回復するとは、傾いた太陽によって残りの練習時間を気に始めると、俄然、集中力が湧き始めるとは毎回の練習に確実に起こるから、精神面とは正に気持ちの問題である。(笑)

f0084561_13525734.jpg


  ところが、集中力が回復した所でも次には身体が思った通りに動かないとは、正に肉体的な疲労が原因で既に日々の素振りからの蓄積もあって圧迫させているサポーターのお蔭か痛みこそ感じないものの、何処か踏ん張りも効かずに身体が意図しない動きを作り出しているから、キャスティングは全身を使う運動で、暑さを覚える今でも両膝と左右の前腕部には一日中のサポーターを付けたままの生活が長らく続いているが、この先の猛烈な暑さには堪えられずに外す時期に今年も差し掛かっていて、毎年の夏場をどう凌いでいたのか??、これが恐ろしくもあったし、また不思議でもあった。(笑)





[PR]
by hisuycast | 2015-05-24 13:54 |   修   行 ( 両腕 )
<<  5月31日  続、ダウニーの...  5月17日  ドリフトの迷走。 >>