ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 3月8日  根本からの脱出。

  迎えた先日の練習日は、3月を迎えた途端に忌々しき季節風は免れると、今度は低気圧の接近を知らせる東寄りの風が強まると嫌な予報だったが、いざ蓋を開けて見れば、思った程の風には至らず、練習する時間も十分に費やせた恩恵だったのか、左のシングル・スペイには確かな前進を感じられたが、こんな時には何故か右のキャストを不思議と崩してしまう左右投げの恐ろしさ・・・。(笑)

f0084561_15521100.jpg


  と言う訳で、今回に一日を通して使用したバリバスのコンペティションに当初は比重の違いに戸惑ったものの、慣れてしまえば、一時期は席巻した良いラインとあって、夕方になっても浮力は十分に保ちスイープ時の離水でもスパッ!と水切れする一方、XLTの様にフワ、フワと宙に舞う様な印象もないから、比重もソコソコの数値はあるのではないかと感じられた辺りは流石、国産メーカーと言った所だが、色合いに関しては不満が残り兎に角、視認性が悪く、空や日差しに溶け込んでしまうと忽ち見失ってしまい、この点はバリスティック等の濃い朱色が好みと一致する。

f0084561_1561787.jpg


  さて、さて、ラインの話しはさて置き、左のシングル・スペイに対して一定の前進を感じたとは言っても、いざ映像を見てしまうと実際は全く程遠い印象も残るとは、そもそもの根本的な相違から脱しておらず、ここに存在する根源とは角度変換のないジャンプ・ロールと、45℃変換のシングル・スペイとの相違なのか、はたまたインクラインと呼ばれるスイープの方法による違いなのか、これが長らく角度変換と言う概念のないペリーポークを模索して来た者には解っていないから、角度変換の世界は面白くて、もっと早く足を踏み入れるべきだったと今になって感じ始めてしまった所で、そろそろ行動にも移さなければならない魚釣りには全く手付かずのまま取り残され、今年の釣りも4月になるのだろう。(笑)



[PR]
by hisuycast | 2015-03-08 15:06 |   修   行 ( 両腕 )
<<  3月15日  シングル・スペ...  3月1日  足踏みの巻き風。 >>