ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月28日  “ L字アーム・クラッチ ” が秘めた動作力学。
  
  年の瀬も迫り、年内の練習も僅かとなった先日の練習では一週間前の改善点も踏まえたとあって気合十分で望んでいたものの、再度の大減水によって90cmのウェーディングを満たす迄の作業時間に1時間も要した間に、下流から吹き上げて来る予想外の風が強まり始めてしまうと、寒いのは元より、ヘッドの打ち返しも厄介な上、スイープの難易度も高めてしまって全く精彩にも欠いて進展もないまま正午を迎える頃、今度は予報通りに上流寄りからの風が強まり始めてしまって今度こそ万事休すかと思ったが、その後に風の弱まる時間もあって結果的には、2つの重大な要点に気付いて見ると、結局は過去に積み上げて来た内容と同じだったから、これらを忘れていたか、守っていないだけに過ぎなかった・・・。(笑)

f0084561_14422980.jpg


  そして、この要点の一つ目はフォア・グリップ側の腕にあって、この際は以前から再三に渡り繰り返している通りの “ L字アーム・クラッチ ” と勝手に呼んでいる基本姿勢、上体の構えであり、その多くはリア・グリップに対して意識が注がれ、個人的の印象としてフォア・グリップへ向ける意識は全体の2割程度に留まると感じているが、この2割の意識も非常に重要だったと改めて認識された上、ここには今迄は気付けなかった重要な働きが隠されていたとも解った。

f0084561_144766.gif


  ここで、今回はフォア・グリップ側だけ腕の動きを再度、復唱すると、フォアの腕はリア・グリップの方向へ圧縮させる感覚の入力を加え、この際は肘の先をやや内側へ向けながら下方向へ突き出す様な格好になる。
  すると、フォアの脇も勝手に閉まり、肩も強固にロックさせた状態を生む訳だが、この時にはフォア側に該当する上体の半分、今回の場合では左半身には下へ沈み込む様な作用も発生させ、この作用がスイープの回転で左半身が浮き上がってしまう今の悪循環を相殺させる効果があった。

 


 


  よって、この点に気付いた以後にはスイープの感覚も一変させ、アンカー着水地点から着水する状態までにも変化を感じられ、初めて右と極めて近いキャストが達成されていたと言った印象も受けたが、次の瞬間には、もっと早く気付くべきとも悔いていても、よくよく考えると、これらは前にも試していた記憶もあったから、恐らくは出来なかった・・・、つまりは、この通りの行動を起こすと機能しなかった為、何時しか妥協させてしまった違う方法へと向かっていたのかも知れない。

  更に、2つ目の要点でも右のキャストだけでは見過ごしてしまっていたものの、今回で左にも右の動きを徹底して組み込んだ試みによって、実は隠された効果を生んでいたと気付くまでに至ったが、この中味を明かしてしまう決心が出来ないとあって、当面の間は ナイショ~! としたい。(笑)



[PR]
by hisuycast | 2014-12-28 14:42 |   修   行 ( 両腕 )
<<  1月8日  フォアか、リアか...  12月21日  角度変換の謀略。 >>