ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月21日  角度変換の謀略。
  
  列島を通過した2つ玉の低気圧が猛烈に発達して北海道から日本海側を中心に大雪を齎して、関東でも例年の12月よりは遥かに寒い日が続くと、例年であれば年明け以降に見られる霜も早々と発生して、毎度の練習場所となる水辺もガチガチに凍結していたから、指の霜焼けも今冬は早々と発症して質が悪い・・・。(笑)

f0084561_135369.jpg


  と言う訳で、悪戦苦闘が続いている左のシングル・スペイは僅かながら進歩したつもりだった一週間前の状況が見られずに午前の練習を終えてしまうと、丸一日も練習していながら何の成果すらもなかった嘗ての最悪な記憶すらも過らせたが、今一度、「 横回転、縦回転・・・・。 」 と念仏を唱えた結果、練習を再開した午後から好転を始め、最終的には今回も微かな前進は計れていたと思えた。

  こうした誤算はスイープに加えた改良点にばかり意識が向いてしまい水平回転に対する意識を希薄にさせていたと考えられるから、動作に対する意識の重要性を再認識させられた一方で、そうした意識を継続させるには相当の集中力も求められ、ここに精神的な疲労を覚えるから、目標とする動作を無意識の内に果す為に練習していると言った側面もあるのだろうが、事態が好転した背景には他にもあって、これが予想外の効果があったとも思えてならない。
f0084561_13535548.gif

  それは、角度変換の設定位置とでも言うべきか、多くは左岸側での練習となるとあって左のシングル・スペイでは川の対岸となる右側が広く空く事から、この所は対岸の90°寄りへヘッドを打ち返し、ここからスイープする角度設定を目測で10~15°程、左回転させた角度変換に改めると、これまでの感覚では殆ど真横へ配置させていたヘッドが斜め前方に位置した為、スイープで向って来るヘッドも視界内へ容易に収まり、操作自体も楽にさせた。

  更に、その際の感覚も今迄であれば真横にあるヘッドをクルリと真後ろへ向きを変えて巻き込む様な丸みを帯びた印象から “ 反射 ” させてアンカーを打つ鋭利な印象へと変わったとは・・・、要するに身体の向きが少し変わったとも言える訳だが、どうも川でのキャストは角度に対する判断基準を岸沿いと対岸の景色から捉えてしまうから、改めた今回の角度設定では左の岸に目掛けてシュートする状態でもあって何か妙な違和感が残る・・・。(笑)




[PR]
by hisuycast | 2014-12-21 14:01 |   修   行 ( 両腕 )
<<  12月28日  “ L字アー...  12月14日  平衡感覚が齎... >>